June 09, 2008

おじさん好きにすすめたい。

胆力がほしい。
と、思うのは、この映画がマフィア映画だから、かもしれない。
「ドン・サバティーニ」。
主人公は、数年前ミュージカル映画「プロデューサーズ」で主演したマシュー・ブロデリック。
大学入学のためNYに出てきた青年が、「ゴッド・ファーザー」そっくりの、ドン・サバティーニに出会って見込まれて…というコメディ。
(ちなみに「ゴッド・ファーザー」のドン・コルレオーネを演じたマーロン・ブランドが、ドン・サバティーニを演じている)

あまり期待もせずにみたのだが(失礼!)、なかなかに面白かった1作。
愛情深いドン・サバティーニに、じわじわと好感を寄せてしまう。
マフィア社会なんて想像もつかないけれど、どんな組織においても、その頂点にたつボスには、胆力が備わっている。
いくつもの愛憎をとおりぬけてきたが故の、底力ともいうべきか。

酸いも甘いも苦いも噛み分けたドン、渋くて格好良いおじさんです。
こういうおじさんには憧れてしまう。
「人格者」とも、ちょっと違うように思うけど、胆の据わった人間に弱い私は、ほれぼれとしたのでした。

だって、ドンの家の居間に飾られているのは、本物の「モナ・リザ」!
こんな素晴らしい絵が、ガラスに入れられているのが許せない!という理由で(!)精巧なフェイクとすり替えてしまったというのだから。
そしてその「モナ・リザ」を前に、「今日は人生最良の一日だ」と娘の前で涙を流す。

こんなおじさんを、手に負えないいたずらっ子の延長線で考えてしまうのは、もちろんこれがフィクションだからだけど。
もしかして現代って、こういうフィクションにしか、純粋さや胆力が残っていない時代なのでは?
すぐに一喜一憂、ちいとも胆力がない私は、せめて子育ての間だけでも、胆力が欲しいと、節に思います。

| | Comments (0)

May 31, 2007

ヘイフラワーとキルトシュー。

聞くからにかわいらしいこのタイトルは、スウェーデン発のかわいい!!映画のもの。
ヘイフラワー、キルトシューという名を持つ姉妹のお話です。

インテリア、姉妹はもちろんママや個性的なお隣さんたちの洋服も、髪型も、とにかく「かわいい!!」。
とってもガーリーでロマンチックで、もし私が小学生、中学生、高校生の頃にこの映画を観ていたら、間違いなく部屋をこんな風にペイントしたり飾り立てたりしただろう…と確信できるほど。

やさしくてしっかりもののヘイフラワーに家事を任せているママがキュートで、ちょっと羨ましくもありました。
ああ、こんなにしっかりした娘がいたら…楽ができるなぁ、いいなぁ、なんて(笑)。

芋のことしか頭にない研究者のパパも、家事が苦手なママも、わがままな妹キルトシューも、みんな好き勝手ばかりだけど憎めない。家庭崩壊寸前の家族をとめたものは…とにかく、カラフルな、想像だにしなかったもの!

乙女も、かつて乙女だったひとも、きっと好きになれる映画のはず。
特に『ロッタちゃん』好きには、自信をもってお勧めします。

次の休日に、ガーリーな世界は、いかがですか?

| | Comments (2)

May 26, 2007

中国を知るいくつか。

事前にあちらの雰囲気を感じたいと思って、いくつか映画を観ました。

『宗家の三姉妹』
『北京ヴァイオリン』
『胡同のひまわり』

いずれも中国語で会話されていて、ひとつふたつ、聞き取れる単語があったことが嬉しかった!
(無勉強でもわかるような「好」とか「不」とかだけですけれどね…)
映画って偉大です。

特に気に入ったのは『宗家の三姉妹』。
女優さんが美しいのはもちろん、時代背景や政治の話がとても分かりやすく学べて、勉強になりました。
登場してくるのは、孫文や蒋介石、帳学良、周恩来、宗慶齢など、高校の世界史の授業でであった「名前だけ覚えている」人たち。
名前という「点」が、人間関係、政治環境などという「線」になり、時代という「面」になり、三姉妹の数奇な運命や家族の結束などを感じとることができました。
そういえば、上にあげた三本は、どれも「家族」をテーマに扱った作品です。

過去にさかのぼってみると、アジア映画は人並みに観ているのですが、また観たいと思うアジア――とくに中国映画は、衣装デザインや映像が美しいものが多いです。
その色彩の美しさ、色彩バランスの美しさに、いつも見とれてしまうのです。

色彩感覚と、太陽光に関係があること、ご存知でしょうか。
たとえば北の国(流行の北欧デザインを思い浮かべてみてください)は、日照が限られているし、気候も割りと涼し目。そうなると色彩も、空気の中の透明感をそのまま色に反映したような、すっきりとした、あるいは渋い色合いが好まれます。
反対に、南の国(熱帯付近を思い浮かべてみてください)は、太陽に近い分、色鮮やかで色自体にも勢いがある。
ちょっと乱暴に日本国内で花に置き換えたら、北海道のリラや青森のりんごの花と、沖縄のデイゴの花のような違い、でしょうか。
かつてフランスで北から南に旅をしたとき、窓外の町並みの色がみるみる変わっていくのが面白く感じました。
北では白壁にダークな茶色や黒の木でデザインが施されているのに対し、南では、壁自体かさまざまなパステルカラーに塗り分けられていました。

中国も、北に南に大きな国。
北と南で色彩的にどんな差があるのか、とても興味があります。
そして、私が「好きだ」と思う色彩は、地理的にみるといったいどのあたりに多く使われている配色なのか…
あまりたくさんの町は訪れませんが、実際に肌で感じてきたいと思っています。

| | Comments (0)

February 12, 2007

おにぎり、おむすび。

近頃見た映画の共通点。
それは、「おにぎり」。

先日ちょっと触れた『間宮兄弟』と、ブログを読んだ旦那さんが早速借りてきてくれた『かもめ食堂』なのだけど、どちらにも、おにぎりが出てくる。
『間宮兄弟』では、兄が落ち込んだ弟につくってあげるのが「塩むすび」。
『かもめ食堂』では、メインメニューが「梅、鮭、おかかのおにぎり」。
見ていると、おにぎりがとっても食べたくなるのだ。
(そんなわけで私は雨の中、大荷物の上に米までを買い込んだ:詳細は昨日に譲る)

『間宮兄弟』は、小説がとても好きだったので、楽しめた。
小説の1シーン1シーンを思い出しながら観た。
(どちらかというと、小説の方がちょっとだけ好きだった)

『かもめ食堂』は、「絶対あなた好みだと思う」と真剣に薦めてくれた友人が3人もいた(笑)。
私が大好きな女優さんばかりが出ていて、フィンランドという舞台もとても素敵で、食器やらファブリックやらインテリアやら、ひとびとの間のなんだかのんびりとした空気も、薦めてくれた人たちの言うとおりだった。
素敵、と思ったものは数あれど、とくに、憧れの人・もたいまさこさんが着ていた、鳥の柄のシャツ。
あれは私も着てみたいと本気で思った。

さて。
おにぎり、というのと、おむすび、というのでは、同じものを指しているのでも、微妙に印象が違わないだろうか。
何かの本で読んだのだが、「おむすび」という言葉には、心と心を結ぶという意味をこめているのだそう。
だから、正しくは、その相手のことを思って、心をこめて握るのだとか。

青森県弘前市に、おむすびの上手なおばあさんがいるらしい。
おむすびに上手も下手もないのだが、心と心を結ぶ名人。
佐藤初女さんという。雑誌の記事を読んだだけで、心に響くなにかが押し寄せてきて、涙ぐむほどだった。
もし弘前に行く機会があれば、この人に会ってみたい、と思う。

ふたつの映画を見て、なんだかこの、おむすび(おにぎり)の上手な人を思い出した。
佐藤初女さんのようにはいかないが、それでも、子どもや兄弟との家族のこころくらいは、むすびたいものだ。

そういえば、映画の中にこんな言葉もあった。
「おにぎりは、人に作ってもらったほうが、おいしいんだ。」
(不埒な私などは、「だからおにぎり屋さんのおにぎりはおいしいのか!!」と頷いてしまった。)
泣きながら食べる、にいちゃんの塩むすびも、
遠い異国の地で人の心をむすび続ける梅・鮭・おかかのおにぎりも、
ただごはんを丸めただけではない「心」が、ぎゅうっと握りこまれているのだろう。

そんな、しみじみとした「心」を味わいに。
さあ、映画と一緒に、おにぎりをどうぞ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 08, 2006

ゴキゲンな気分になりたいとき。

「ゴキゲン」と、カタカナ表記したくなる特有の気分がある。
そんな気分になりたいときに、自信を持ってお薦めしたい映画がある。
その名は「銀河ヒッチハイク・ガイド」。

全く自慢にならないことだが私は世情に疎いので、世の中でこの映画がどんな評価を受けているのか知らない。
もしかするとハリウッド超大作映画を蹴散らすほどの人気を誇っているかもしれない。映画なんて全く興味のない人たちでも名前は知っているというレヴェルの、超有名作品かもしれない。
あるいは、その逆かもしれない。

だが、評価の真実なんてものは、この映画の魅力を前にして全く無力であると言っていいだろう。
多くのクリエイターやアーティスト達にインスピレーションを与え続けているという原作小説『銀河ヒッチハイク・ガイド』、もとはBBCのラジオドラマ(1978年)から始まったのだという。

地球滅亡に際して、偶然にも生き残ったさえない男――それが主人公である。
ほかにもとにかく濃厚なキャラクター達が脇を固め、彼らは「生命、宇宙、そして万物に対する究極の答え」を求める旅に出る。意外にもすぐに答えは出てしまう。その答えは…。
さ、後は映画でお楽しみあれ。
(ちなみに、Googleで「生命、宇宙、そして万物に対する究極の答え」を検索しても、答えがヒットしてくるそうですよ!)

ちなみに人類は地球上で3番目に賢いのだそうである。
2番目はイルカ。彼らは地球の滅亡をことごとく警告していたのだが、人類はそれをエサがほしいための芸だと勘違いして、滅びの道を辿っていくのである。
1番目は――あなたも絶対に知っている「彼ら」である。これも映画でお楽しみあれ。

小ネタ満載のコメディーに、ついつい「ニヤリ」と片笑ってしまうのがこの映画の魅力。
ワクワクとした期待を裏切らない、小気味の良いイカレポンチな登場人物も重要な位置を占め、私達をたっぷり楽しませてくれる。

さあ、もしあなたが突然宇宙に放り出されたら?
Don't Panic.
まずは、落ち着いて『銀河ヒッチハイク・ガイド』を開きましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2006

粋な男に会いたくなったら。

あまり期待せずに見た映画が、すごく良かったとき。
その感動って大きいと思います。
私が近頃であったそんな作品は、『ウォルター少年と夏の休日』(原題Secondhand Lion)。

「こどももの」映画で、ちょっとファンタジー風かな、と思って借りてきたこの映画、なんともすがすがしい男の映画でした。

ウォルター少年と、少年のままおじいちゃんになった二人の男たちの物語です。
大人びた少年とやんちゃなおじいちゃん。そのやんちゃさ加減が、なんともダンディで粋なのです。
ある意味破天荒で、爽快。
例えば、ふたりのおじいちゃんが金持ちと聞きつけて次から次へとセールスマンがやってくるんですが、その彼らに対するおじいちゃん達の歓迎の仕方がすごい。無言のまま、ライフルでズドン、です。(もちろん威嚇ですが。)

「本当の男」を語る彼らの男のロマンに、引き込まれていくこの映画、梅雨時の、気分もじめじめっとしがちな日の気分転換にオススメです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 18, 2006

ミュージカル映画。

私が今までの人生に見た映画の中で、最高に好き、といえるものは気づけばミュージカル映画が多い。

例えば私が今、亡命するとする。(少しだけ国を追われるスパイの気分になってみてください)
その時、たった一つのトランクに詰め込む自分の宝物の中に、必ず含まれる映画。

私にはそれは、
『雨に唄えば』であり、『パリの恋人』である。
二つとも、作品そのものはもちろんのこと、思い出とともに大好きな映画なのだ。

ジーン・ケリーのタップダンス、初めて見たのは小学校のときだったと思う。『雨に唄えば』のジーン・ケリー、ヒロインのデビー・レイノルズらに憧れて、母に本気でせがんだものだった。
が、しかし悲しいかな、今ならまだしも当時、東北の片田舎には、タップダンスを教える教室など存在しなかったのである。ただ「やってみたい」ということだけで東京に通わせる体力も財力も気力も、わが家の誰も持ち合わせていなかった。(世の中にはそういう人も存在しているからスゴイと思う…)

『パリの恋人』は中学校に入ってから。
仲の良い友人の家でみた。ファッションやカルチャーに明るかった彼女は、当時オードリー・ヘプバーンの崇拝者で、その影響で何本ものオードリー映画を一緒に見た。平日は学校で、放課後は委員会で、土曜は塾でいつも顔を合わせているのに、日曜には彼女の家や私の家で一緒に映画や漫画を見ていたのだから、よくもまあ話題が尽きなかったことと思う。
が、その年ごろの女の子というものは、そういう生き物なのかもしれない。

話がわき道にそれてしまった。
この映画が特別なのは、他にも理由がある。
当時ドラマの主題歌に採用されて、日本の音楽界に燦然と「ギター・ポップ」のジャンルを切り開いた伝説の(?)フリッパーズ・ギターのプロモビデオに、『パリの恋人』の1シーンに良く似たシーンがあったから。

それぞれ、好きな1シーンをあげよう。
『雨に唄えば』では、窮地に陥った主人公達が3人、夜更けに策を練っていて、唄い、踊りだすシーンがある。
♪Good Morning~ で始まる音楽はなんともハッピーで、今まさに悩んでいるのに、大変な場面なのに、こんなに明るく前向きに唄って楽しそうに踊っている、ということがカルチャーショックでもあった。
「おやすみを言うのにはもう遅すぎるから、おはよう」
そんな考え方って、いいなと思う。

『パリの恋人』では、主人公がパリで、デザイナーと一緒にファッションショーの準備をするときのかわいらしい曲。
年齢に左右されない、女性のかわいらしさ、を感じさせる曲とダンスだ。

古いミュージカル映画は、どうしてこうも素敵なのだろう!
先日ジーン・ケリーが『雨に唄えば』の3年前にとった『踊る大紐育(ニューヨーク)』という映画を見た。
これも痛快!
男性の論理で描かれているストーリーは全ての女性に受け入れられるものではないけれど、3人のヒロイン達が個性的で格好良い。
メインヒロインがスター志望の普通の女の子であるほかは、学者とタクシーの運転手!
いわゆる「職業婦人」で、それぞれ男性を手玉にとっているのが面白い。
女性の方が何倍も上手だよ、というメッセージが込められているように思える。

全て、とはいかないかもしれないけれど、ミュージカル映画の多くは私達に幸せな気分を味わわせてくれる。
こんな素晴らしい作品、新しい時代にももっと生まれてくれないかと願うばかりです。


さて…
冒頭で少しだけ「亡命するスパイ」の気分になっていただきました。
亡命するスパイではなくて、無人島でのバカンスでもいいです。
限られた荷物を詰め込むところを想像してください。

そしてもし良かったら、あなたが持っていきたい映画を、教えてくださいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 10, 2006

まあだだよ。

内田百閒という作家がいる。
このひとの本が私は好きだ。
なんと偏屈で頑固で融通の利かない、愛すべき人物であろうと思える。
機知にとんだ文章や会話は、このひとの天性の茶目っ気を感じさせる。ただし本人は少しも相手を笑わせようなどとは思っていない、大真面目なのである、多分。

昨年の入院中、かねてから好きだった百閒先生の随筆を何冊も読んだ。
忍び笑いをもらしたのは数え切れない。
笑うと傷が痛いのに、耐え切れずに大笑いをしてひどい思いもした。

退院した夜、弟がなにかビデオを借りてきてやるという。
黒澤明の「まあだだよ」を頼んだ。

百閒先生と弟子たちの間の心の交流を描いた作品で、これが黒澤の最後の作品となった。(ちなみにその後遺作とされたのが、以前紹介した「夢」である)

2日の間に、立て続けに3度観た。
最初は弟と、次に父と、最後に母と。
何度観ても愉快で、何度観ても胸塞がる。

ぜひ、『百鬼園先生言行録』と『間抜けの実在に関する文献』、『まあだかい』も併せてご一読いただきたい。
本を読んだ後ならば、映画の中に出てくる1シーン1シーンが更に楽しめると思う。
例えば床の間に飾っている掛け軸の由来や、台詞に語られていない背景が、よりぐっと迫ってくる。

百閒の随筆を読んでいると、作家百閒はもとより、人間百閒に惹かれてしまう。
その感覚をそのまま見事に映像化したのが「まあだだよ」と私は思う。
人の情を、軽すぎず、重すぎずに伝えてくれる、名作である。

「まあだだよ」 黒澤明監督

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2005

ターミナル。

空港に足止めされた、ある一人の男。
そのドアの先には、ニューヨークがあるのに、彼はそこから先に進めない。

そんな状況に陥った時、あなたはどうしますか?

この映画の主人公はなかなかタフで、真面目で前向きで、
苦境を乗り越えているはずが、
いつの間にか人を幸せな気分にさせてしまう。
敵であってさえも彼には愛を分け与える対象なのだ。
彼はそこで待ち続ける、誠実に。
父の果たせなかった夢を果たすために、
JAZZの入った缶を持って―――

大げさなストーリーがお好きな人には、オススメしない。
しっとりじっくり、生身の人間を見たい人に、見てもらいたい。
きれいごとだけではなくリアルに、人を信じることを思い出させてくれるはずだ。

ターミナル

| | Comments (3) | TrackBack (0)

July 21, 2005

だまされてリビエラ。

だまされてリビエラ。

そのムード歌謡調のタイトルにやられてしまったのは、私だけではないはず。
中年詐欺師のだまくらかし合戦のコメディーなのだけど、少し古めかしい感じの雰囲気が(まあ実際古いんだけど)とても良い。
中年、というところがポイントで、これがイケメンの若造だったりしてはいけない。
年を経た俳優が演じる年を経た役柄だからこそ、上品な物語が生まれるというものだ。
なのにタイトルが、だまされてリビエラ。
これはもう、タイトルからして、だまされているのである。
決してタイトルから想像できるようなドタバタ劇ではない。

詳しくは、あなた自身の目でお確かめあれ。

ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧