« あったはずなのに… | Main | みたいスウェーデン映画 »

May 08, 2014

念願の庭

念願の庭
念願の庭
念願の庭
竣工後一年間ずっと放置していた庭、さあやの入学式に母がかけつけてくれたのをきっかけに、庭らしくつくりはじめました。
北側奥は「食べられる庭」、駐車場横は「香りと彩りの庭」が、テーマです。
もっとも、彩りといっても、青を基調に、白を加え、せいぜい紫あたりまでしか、許容はないのですが(笑)
そこに、早春に咲く(予定の)黄色いロウバイとミモザが、それぞれの庭のアクセントになる予定。

意外にも喜んだのが、この写真のひと。
苗を母と家族みんなで植えたらすっかり愛着がわいて、水やりはもちろん、苗の元気を気にしたり、育った部分にめざといこと。成長の遅い葉っぱにハッパをかけたりしています。
バジルの元気が良くなかったので、苗を植え替えました。写真は、その香りをかいで喜んでいるところ。

さあやは、魔女見習いとして、母からハーブの教えをうけたつもり。すべての葉っぱをもんでは、かいでまわっています。お気にいりはバジルだそうで、おばあちゃまに「あたしのバジルの葉っぱが夏にもさもさになったら、仙台に持っていってあげる」とお電話までかけて、成長を楽しみにしているようです。いや、難儀難儀、枯らさないようにがんばらねば。

庭ができてから1ヶ月、ミモザの樹もあちこち探してようやく入手できました。季節が少し遅かったせいかあまり見かけなくなってしまい、だいぶ探し回りました。
家のテラス下、シンボルツリーにする予定の樹は、母に頼みました。
でも、東北と関東では気候も違うせいか、その樹の苗はまだ手にはいらないのですって。気長に待ちましょう。

昔から私は植物との相性が良くないのですが、地面はすごい。もちろん専門家である母が調合してくれた土に、文字どおり手塩にかけてきた苗や厳しい眼鏡にかなった苗たちなのだからでしょうが、こんな私のもとでもちゃーんと育ってくれています。
庭らしい庭があると、雑草とりも、なんと意味深い時間となるものでしょうか。

もさもさ茂ったハーブを世話していると、料理にもどんどん使わねばと、こちらもがんばります。
いま一番勢いのあるのが、コリアンダーとディル。クセの強いハーブばかり元気です(笑)。とってもとっても元気、レシピがんばって考えなくては。

|

« あったはずなのに… | Main | みたいスウェーデン映画 »

Comments

おっ!
若々しいバジルとこの笑顔!
いいですねぇ(o^-^o)
お母さまのご登場もあってうれしく読みました。

おひさしぶりです。
食べられる庭と香りの庭?!
ZOKさんらしくてすてき(笑
今年の大雪に何週間も埋もれ心配したたわがやの小さな庭にもちゃんと 春も初夏も やってきました。
植物ってすごいですよね!

そうそう!実のなる樹も楽しいですよ。
なんてたってウチにハクビシンが食事に来たンですからeye
はずれとはいえいちおうトーキョー・・・・・・

Posted by: スズエリ | May 09, 2014 at 09:55 AM

スズエリさん、ありがとうございます!
ハクビシンって、すごい~‼
実のなる樹、憧れちゃいました。
植物のチカラってすごいですね。母がハーブに出会った年齢を過ぎてようやく私にも植物のことに関心が向きました(^^)。
いまだに水やり順番争いで喧嘩の起こる我が家です(笑)。

Posted by: zok | May 10, 2014 at 11:50 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« あったはずなのに… | Main | みたいスウェーデン映画 »