« December 2012 | Main | February 2013 »

January 2013

January 31, 2013

こどもの時間のゆたかさ

本日、鎌倉芸術館にて、私たちのNPOの顧問をつとめてくださっている有馬知江美先生のご講演がありました。
「子どもの時間のゆたかさ」が、どんな風で、どう大切かというお話、皆さんの心に響いたのではと思います。鎌倉市の私立幼稚園連合会父母の会の研修大会で、530人もの方々がご参加くださいました。うちの幼稚園の今年の役員さんがお友達で、そんなご縁で、有馬先生のすばらしいお話を、たくさんのママたちに聴いていただくことができました。
とてもうれしい、そしてまた勉強になる、すばらしい一日でした。
さらに、別なことにつながる、お話なども聞こえてきて。
4月からは、またたくさんの出会いに恵まれることとなりそうです。

つくづく思ったのですが、私は本当に、人に恵まれる星のもとに、生まれついているようです。
NPOを一緒にやってくださっている方々、顧問の先生、いままで出逢ってきたたくさんの方々…。
たくさんの感謝を胸に、ちょっとでも自分が恩返しできそうなことがあるなら、最善を尽くしたいなと思います。
でもほら、「自分はいいことをやっているんだよ」と思うのって、ちょっと傲慢な気がするから。
私は、これがいいなと思っているんですが、くらいの気持ちで。

4月から、NPOの方も、もうちょっとしっかり腰をいれたいし、造形教室事業も新しくはじまるし。
発達障害児の親の会「笑ん座」の小学生部門の運営をやることになったし。
幼稚園で、三役さんやろうと思ってるし。
霧鹿香草店も、淡々とコンテンツ拡充しますし。

「たつが幼稚園に入っちゃって、子離れできなくて泣くかも~」って思ってたけど、そんな心配なさそうですね(笑)。
当の本人も「ぼく、おーちぇん(幼稚園)にママいなくっても、なかないんだ~!」と威張っているので、大丈夫かな。
楽しい予定ばっかりがたくさんで、わくわく、楽しみな春です♪

4月から、いろんなことはしますが、忙しくて子どもを後回しにすることはないように、肝に銘じようと思います。
自分の性格として、家族より仕事を優先しがちなのは、十分わかっているので。
そういう厳しさも仕事には必要と思っているんだけど。
でも、それ以上に、「子どもの今が大事」って思いも、強く、持とうと思います。
有馬先生のお話を伺って、いっそうそんなふうに思いました。

そんな予定を書くための、手帳の販売がいよいよ明日!
明日は、昨年のうちから一日スケジュールをあけてあるのです。
何のためって?
もちろん、手帳をネットで買うためですよー!
ネットだからと甘く見てはいけません、即完売なんてこと、あるんですから。
明日はしっかりスタンバイして、ぽちっと、やります。
いやー、昨年の明日は、たしか病室でしたよ、インフルエンザでたつが入院して。
スマホにかえててよかったーって言いながら、なんども回線をつなぎなおして、今の手帳をぽちっとしたのですもの。
そんなわけで、ご連絡いただいても、メールも電話も、不通ですから、どうぞよしなに。
なお、注文が完了しましたら、メールも電話もつながるようになります。
もしも通じなかったら、それはまだ、手帳が買えていないと、お察しいただけましたら幸いです。

| | Comments (0)

January 29, 2013

ひさしぶりに法律よんでまーす

学生時代を思い出す、なつかしい感じです(笑)。

自宅の登記を、自分でやろう!!!と思っているので、お勉強中です。
がんばりますよー。
学生時代のときに登記の話なんてやったかなー、そんな程度の法学生でしたので、ええ。

学生時代を思い起こすと、民法の先生は不思議な声の持ち主で、なぜか講義拝聴していると眠ってしまうのでした。
その上、朝1限なので、六法が枕がわり(笑)。法律を読んでいる分には、民法も好きなんだけどね…。
好きだった法律の授業は、ダントツで刑事訴訟法です。法医学とからんだミステリーが多くて、講義も面白かったな~。集中講義のおじいちゃま先生で、お話がすごく楽しかった。
その程度の典型的なダメ学生ですが、手当たり次第法律の授業履修したのは覚えてます。内容は今となってはさっぱりですが、2回卒業できるくらいの単位を持っていたのが自慢のひとつ。真面目な友人たちのおかげもだいぶ(笑)。みんな、ありがとうございました。
法律が意外と好きじゃないと気付いたのは大学4年生の時でしたけど(笑)、あの古めかしい言葉でこむつかしい言葉をこねくりまわすあの時間はあの時間で、意外と自分の中に「楽しかった」感覚が残っているものですね。
法律よりも、本専攻の国際政治や政治学、あとは文学美学関係の方が成績が良かったので、やっぱり法律は向いてなかったのかもねー(笑)。

学生時代、法律やってます、っていうと驚かれたけど、いまだに、驚かれます。

そんなノスタルジーも手伝ってか、あらためて、法律って読んでいると面白いんだよね。
ほうほう、と思いながら、ちょっとテンションあがったりしています(笑)。
実は昨年4~6月の埋蔵文化財包蔵地の条文調べとかも、なかなか面白かった。
いろいろな学生時代のことを思い出しながら(アパート燃えたり、フランス行ったり、風邪の時にグレースちゃんが食事を持ってきてくれたり、除雪車の雪が頭の上まで積ってたり、バイトのくせに客席でお酒飲ませてもらったり)なつかしーく、法律を読んでいます。
今はネットで全部見られるから便利だね。ちょこちょこと法改正があるから、毎年のように六法買い直すのが面倒だったのも、なつかしい。

条文に抵抗感ないのが幸いと、法務局や市役所を渡り歩いて、お勉強しっかりしてきます!
素人のお守りで御迷惑だろうに、お付き合いくださる司法書士の先生にも感謝です。
(抵当権設定登記だけは、銀行がウンといわないので、司法書士さんに依頼して、他の保存登記と表題登記だけ自分でやります。一緒に法務局に行って手続きするのだそうですよ)

自分で登記をする方ときどきいらっしゃるらしく?
抵当権設定登記だけのお願いもできますか?という不躾なお願いにもご快諾いただいた次第。

知らない世界、わくわくと飛び込んでみます♪

| | Comments (2)

January 21, 2013

【おうち】週末ぺインター

Before

新居に持っていこうと思っているものの中で、「早めになんとかしなければ」と思っていた子、木のおままごとキッチン。落書き満載です。

子どもたちはこれを、おままごとキッチンとしての他にも、お店屋さんごっこ、はては本棚にしたり、自在に遊んでおりました。しかも……キッチンそのものに役割を書きながら。
すごい落書きでした。
ひどいところは、小学生が油性ペンで書いているんです。
「はるさくたちのひみつきち」とか「3しゅうかん本をかりれます、きょうは12月23日かえす日1月」とか、レンジのスイッチにはメモリが書かれていたり。たっぷり遊んだなあ、と落書きのいっこいっこを見るのは、しみじみ楽しかったのですが、でもでも!これはちょっとこのままじゃ持っていけないよ!

なので、ペンキを塗ることにしました。
以前雑誌でフランスの子ども部屋、オトナっぽい色を使っていた女の子のお部屋を見て、とってもシックで素敵だったのでそのイメージで。ほんのりパープルがかった、グレーです。

木製の取っ手なども全部付け替えるので、ドライバー片手に分解しつつ、塗装です。どうせならと思って、取っ手はアンティークっぽいものに付け替えました。
塗って、乾かして、別のところを塗って…と、2日がかりです。
しかも、油性ペンで名前をしっかり書いてあるところなどは、ペンキの上に浮き出てくるので…10回以上塗り重ねました。

After

フレンチシックなテイストに、できたかな?
我が家の姫も「きらきらの取っ手がおひめさまっぽくて、でもかわいすぎなくて、いい」とオトナな感想を聞かせてくれました(笑)。
うちの姫、私に似てひねくれ気味なのか、いわゆる女の子らしいものには、ちょっと距離を置くタイプのようです。

新居には「○○風」というようなテイストはあまり付与せずにいるのですが(きっと私が飽きるから)、子ども部屋くらいは……ね。

さあやが熱を出して、幼稚園お休みしてしまいました。なので、今日の予定だった、発達障害児の親の会の会議も欠席です。
なので、机を、塗ってしまいます。
持っていかないかもしれない家具ですが(この机をつくったときは、はるの診断がついて、心身ともに憔悴していたときでしたっけ)、一応ね。

雪が降る前に……
みなさまも、本日夜、お気をつけくださいませ。

| | Comments (0)

January 18, 2013

【おうち】焦りだした。

今朝ごみ出しに外にでましたら、青い空が残雪に反射して、景色に青空の粒子がちりばめられたかのようでした。
きれいだなーとしばし、山盛りのごみ袋を手に、立ち尽くしてしまいました。
ちょっと、遠い目をして。

勘のよろしいみなさまはお気づきでしょうか。
ここのところ、妙にブログをアップしているのを。
これは、ええ、そのお察しのとおり、「現実逃避」の一環というやつでありますよ(笑)。

引っ越しの準備を進めているけれども遅々としているのは、荷物整理も一緒にやっちゃっているからなのでありますが、引っ越しの見積もりに来てもらうためには、あと1週間ちょっとでおわらせなきゃなんない?!
(なんせ安くしたいので、見積もり時には荷物をちょっとでも少なく見せたい、という邪かつ切実な下心)
そして日中は、予定がぎ-っちり入っている。
家具の予定も考えなきゃ。
収納どうしよう?

そんなことを考えながら、悶々と一日すごしておりますと、あっというまに1カ月なんて経ってしまうわけなのです。
ひとりでやってるんだから仕方ない、とは自分に言い聞かせてみていますが……
家が着実に、しかもすごいスピードで進行していくのを見るにつけ、焦りばかり膨らむのであります。

昨日は、建築家K氏と工務店のI監督が、我が家の内装に使う板を、工場まで行って合板300枚を一枚一枚めくりながらきれいなものを選んできてくれたそうです。
(初めて会ったときに、K氏のこの話を伺って、この人にお願いしたいと思ったのでした! 合板一枚にそこまでこだわりぬく心意気に、私が至上のものとする「職人魂」を見出し、惚れたのです。もちろん、見せていただいた作品集が群を抜いてすばらしかったのは言うまでもないのですが)
それから、つくってくださっている大工の棟梁はじめ、職人さんたちがまた、すばらしい。
こういうひとたちがこれだけ考えて丁寧につくりあげてくださっているのだから、がんばってメンテナンスしなくては、と気持ちも引き締まります。
先日、雪の日の次の日には、建築家・現場監督、大工さん電気屋さん家具屋さんが一堂に会しての打ち合わせがありました。そこにひょっこりお邪魔してきたのですが、いやはや、すごい。
彼らにしたら当たり前のことなのかもしれませんが、そんなところにまでそんなに心を配ってつくるんだ?!と思うことだらけでした。

それで、そういうご報告をいただくたびに、「ああっ、私もやらなきゃ…!」と、焦ります。
物があふれて格好悪いのは、なんとか避けたい。
相当、整理しないと間に合わないと思っています。
しかも良く考えると私の荷物が多くて、他の人(四川先生)にアウトソーシングできないんですもん(仮にアウトソーシングすると、面倒だからと全部捨てられます)。

バレエのママたちに引っ越しの話をきくと、「結婚して一番さいしょの夫婦の危機の原因だった」とか「もう二度と経験したくない」とか、そういうお話がわんさか出てきて(笑)。
でも「荷物は少なくして引っ越したいよねぇ」と、みんなため息。
引っ越し時期にたつの入園準備ほか、発表会も重なっているので、相当気合をいれて乗り切ります。
気合はあるんだけど、物理的に間に合うんだろうか。
…だったらブログなんて書いていないで、やれって?
そう、そうなんですけれどもねえ。

今日は、腹痛でさあやがお休みしたため、予定がキャンセルになったのを幸いとばかりに、CD棚の整理をやります。

| | Comments (2)

January 17, 2013

メカニック女子の落胆と回復。

とどきました、HDDケース。
そして、再生機器にHDDをつなぎました。
無事認識され、「HDDを登録しますか?」と警告が出たのです。
もちろん「はい」にしました。
だって、登録しないと、見られませんから。

そうしたら……しゅるしゅると音がしながらHDDが回りました!
やった!動いた!と、喜んだのもつかの間。
画面には大きく「ディスク初期化中」の文字が……
初期化……
つまり、菊之助ほか名場面たちは、磁気の向こうに吸い取られて行ってしまったのでした……
メカニック女子、がっくり崩れ落ちました。
初期化するなんて、ひとことも言ってなかったじゃないかーと吠えても、既に時遅しなのです。

でもまあ、録画用のHDDとして活かせるというのがわかったので、その点では、まあ、よしとするか…。
だいぶ悔しいのですけれども、(歌舞伎チャンネルをとるために買ったHDDレコーダーだったし)ただごみくずとして廃棄処分になるよりは、つかえる部分があって良かった、ということにします。


さてさて、不用品処分と思い、人生二度目のヤフオク出品にチャレンジしました。
そうしましたらですね……買い手がつかないだろうと思っていた小キズありのバカラのグラスと、よくわかんない携帯ゲームのキャンペーン当選品のイラスト色紙が、こちらの思惑を超えた値段で売れ、ちょこっとおこづかいができました。やった~!!
色紙なんて、私にはあまりその価値がわからなかったので、10円で出品していて、今朝までなんの入札もなかったのに、樋口一葉さんに化けてました。だいぶ驚きました。
終了間際にぐーんと、競り合うんですね~。
菊之助が磁気の向こうに消えたのは残念だけど、お小遣いができたから、まあいいや。

捨てようと思っている不用品だったら、いったん出してみる価値はありますね。
といっても、他にあんまり売れそうなものも、ないんですけど(笑)

ちなみに、私の最大のお宝、菊之助の筆サイン入り桐箱入りDVDセットや菊五郎のサイン入り書籍も出品したのですが、誰も買い手つかずですよ。菊之助が売れずに、ゲームイラストが売れるのが、全く理解不能です。
価値観が違う方のおかげで、紙切れが一葉さんになったんだから、価値観が違うひとって大事でありがたいねとつくづく思います(笑)。

| | Comments (2)

January 16, 2013

【おうち】まういさん。

Img_20130116_141858

まういさんが、うちにやってきました。
イタリア出身で、ヴィコ・マジストレッティさんというひとがつくった、「マウイチェア」という椅子、いわゆる、デザインチェアというやつです。
まういさんの「マウイ」って、ハワイのマウイ島のことなのかな?なんでマウイなんだろう?

新居にて使用のつもりだったのですが、私の仕事用イスが半年前から壊れてて身体が悲鳴をあげているので、ちょっと先走りして、もう来てもらっちゃいました。

全然、違いますね~。
座り心地が、良いんですの。とっても。
身体がとっても楽です。
(そりゃ、座面が折れて傾いて、クッションもなくなったのを必死で一本の軸が支えている、ホームセンターの安い事務イスに比べたら、なんだって座り心地は良いのでしょうが)

うつっていませんが、足はキャスターです。
この足回りと後ろ姿がまた、きれいなんですね~。それは引っ越してからご紹介します。

実はこれ、中古でとってもお安く(壊れたホームセンターのイスより安く)手に入りました。
もともとマウイチェアはデザインチェアの中でもお安い部類のせいか、値段きいたら卒倒するくらい、安かったよ。
エッジの部分がえぐれていたりと多少傷はあるけれども、私、全然気になりません。

中古で状態のいいのを探すのはどう?とおすすめくださったのは、我が家を設計してくださっている建築家・K氏。せっかくきれいなおうちを考えてくだ合っている方に、こちらから中古とはなかなか言い出しにくかったので、願ったり叶ったりでした。
中古だったら本物だから、リプロダクト家具よりもエコな感じだしね、とのこと。

今、家具をふくめて引っ越しのための整理等していると、一人暮らしの時から使いまわしているもの、結婚した時にそろえたもの、ここに引っ越すときにそろえたものなど、それぞれの出会いを思い返します。

気持ちいいなあ、座りやすいなあ、と思って仕事して、席を立ってまた机に戻った時に、どきーっとします。
きれいな椅子がきたら、なんだか、整理もきっちりやんなきゃなと。
気持ちの引き締まる思いです。
がんばろう、引っ越し準備。

| | Comments (0)

January 15, 2013

メカニック女子。

大雪が降った昨日、雪が残る今日、みなさまいかがお過ごしでしょう?
暦は「小寒」。
ええ、まだまだ、「小」らしいですよ?

幼稚園は休園になり、小学校は2時間遅れの登校となりました。

本日、わざわざ早起きして庭をかけまわって雪合戦する子らを尻目に、私は一心不乱にドライバーを握っておりました。
壊れたHDDレコーダー&DVD&ビデオ一体型デッキを分解したのです。
ええ、もちろん、故障を直せるほどエレクトロニクスの知識はございませんので、はっきり申しあげまして「力技」方式であります。

どうするかっていうと、デッキを分解して、HDDを物理的に取り出して、そのHDDの形式に合ったタイプのHDDケースに乗せ換え、USB接続をして、他機器での再生をためすのです。
うまくいくのかも、いかないのかも、よくわかりません。

でも、このHDDの中には!!
かつて「歌舞伎チャンネル」があったありし頃にしこたま録画した、菊之助、玉三郎、福助、海老蔵の貴重な貴重な映像が、たんと撮りためてあるのです。
電気屋さんに修理に出しちゃうと、まず「データの初期化」からはじめるので、修理に出すわけにはいかず。
電源を入れても「Load」が点滅したまま動かないデッキから、別のメディアにデータを移すこともできず。

ちなみにこうなっちゃった時のための、データの救出を請け負ってくれる業者さんもあるのですが(いろんなお仕事があるもんですね、ほんと)、放送の録画は「本人もしくは家族が出演していると確証できるもの」以外は、著作権法上問題があるとして、救出してもらえないのだそうで、残念ながら梨園に血族はいないのでそれも断念。
(余談ですけど、一人とつながったら、梨園はみんな親戚になれそうだよね)

というわけで、PCのデータ救出と違って、なかなか難しいようなので、まあ、再生できないかもしれないんですが、 「なにもしないよりはマシでしょー」と、この、荒々しい力技に打って出たのでありました。

便利な時代です。
私みたいなシロートさんが、ネットで情報を調べられて、試してみようと思ってしまえる時代なのですから。そしてまた、似たようなことを、ご丁寧にyoutubeで動画をアップしてくださっている方もいらっしゃるのですから。

こういう仕事、実家では父がやってくれていて、ちょっとした修理だったら父が直せてしまっていました。そういうのを見て育ったからでしょうか、なぜか我が家では、こういうメカニック部門のこと「」、私がやっています。
どうせやるならもっと詳しくやれたらいいんですけれどもねー。
こういう方面も、いったん手を出しちゃうと、自作PC作りに精を出したりしてしまう(そしてすぐ飽きる)と思うので、自重いたします。とりあえずは、FLASHが自在に扱えて、ACTION SCRIPTのプログラミングをさらさら、鼻歌を歌うみたいにかけるのを目指す方が先決。

またふたたび、菊之助の「知らざァ、言ってェ~、聞かせやしょう!」が聴けることを祈りながら!
ひと世代前の通信形式のHDDケースが届くのを、待つのであります。

明日も朝、道路は要注意状態になりそうですね。
みなさま、転ばないように、お互い気をつけましょう!

| | Comments (2)

January 12, 2013

動画ができました!!

ひきつづき、霧鹿香草店の宣伝をさせてください!
待ちに待った動画が、ようやくできあがりました。

仙台の音楽家・チダショウコさんが霧鹿香草店のためにかきおろしてくださったとても素敵な音楽、ぜひとも、お聴きください!

霧鹿香草店

| | Comments (4)

January 09, 2013

東京進出。

霧鹿香草店が、東京・自由が丘のハーブ専門店に進出します。
日本を代表する、メディカルハーブの第一人者の林先生が、霧鹿香草店のアロマセット「ページェント」を絶賛してくださり、ご自身のお店においてくださることになったのです。

東京の皆様、お待たせいたしました。
よろしければ、覗いてやってください。

ちなみに、ここ数日、アロマセット「ページェント」の裏話も、霧鹿香草店WEBの方で御案内しています。
緩衝材で羊毛フェルトのコースターを作ったりしています。
不格好だけど…
きっとみなさんは上手につくられるはず!!

のぞいてみてくださいね~。

| | Comments (2)

January 04, 2013

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます、皆様良い新年お迎えでしょうか、今年もどうぞ宜しくお願いします。

昨年暮れから読みかけの本を今日までに3冊ほど、読み終えました。
気づいたら、どれも「食べること」にまつわる本。今年も食いしん坊は止まりません(笑)
その中で心にとまった言葉、「愉快」という言葉でした。
愉しくて快いなんて改めていい言葉です。今年はこの言葉を心にとめて過ごしたいものです。

ちなみに読み終えるのを惜しみながらの3冊は、
・辰巳芳子『味覚日乗』
・佐藤初女『おむすびの祈り 森のイスキア歳時記』
・恩田陸ほか『作家の口福』
『作家の口福』は、学生時代の友人、グレースちゃんからいただいたもの。これが食いしん坊には困る一冊で、作家達が食にまつわるエッセイをゆたかに書いてくれてしまうものだから、読むそばから「食べたい!」と思えて仕方ない、それも食後直後のコーヒーのお供の一冊なんかにしていても、「これなら食べられる」と脳味噌が勘違いをして、ついつい算段をはじめてしまう。読んだ気分がこれだけ胃袋直結するのは、作家の筆のなせるわざ。勉強になる一冊でもありました。グレースちゃんありがとう!

さて、お気に入りのお店に来ました。初売。
いつも初売にはタイミングが合わず来られないお店ですが、福袋が出ると聞き楽しみにしていたのです。
一回だけ、新型インフル猛威の年にも、来たのですがその時の福袋では敬愛するデザイナーの買わなかったカレンダー(迷って別のもうひとつを買った)が出て来て、感動したのでした。

楽しみに来てみると、大きさも重さもまちまちな2100円から10500円までの福袋が、アルファベットの分だけありました。
持ち重りのする(笑)ものを選んでいそいそとコーヒ一店であけたところ。

きっと大当たり!
少なくとも私にとっては!

DICKBRUNAの装丁をあつめた本でした。ミッフィーよいも、この時代のブルーナデザインが大好きな私には、なんともいえない一冊です!
雑貨屋さんなのに何故本が?という疑問はさておき、もうたまらず、読みふけっています。
右下の方にはほら、『ムーミン谷の冬』も見えるのです、これも私の一生手放せない一冊。

来るべきところに来るべきものが来る。
しからば、今私に必要なものがここにたくさんあるはず。

ひとつのモノとの出逢いに、いくつもの意味を読みほどき、感動するばかり。

帰りは書店でデザイン書を求めるつもりでしたが、もういいや〜。
暮らしを「圧縮、整理」するとかいって、本ばかりは増殖の一途の、我が家です。

今年も皆様においしいお茶の時間と素敵なもの・ひとへの出逢いに恵まれる年でありますように!

| | Comments (0)

« December 2012 | Main | February 2013 »