« May 2012 | Main | July 2012 »

June 2012

June 19, 2012

へんな電波。

毎年の恒例になりつつあるのですが…
WSが近くなると、電子機器がいつも、壊れます。
それも、PCとか、プリンタとか、携帯とか、「壊れるとすっごく困るもの」に限って、壊れます。

WS前日にプリンタが壊れて重要アイテムの印刷ができなくなったり、WS申込締切直後にPCが壊れてHDからデータも読めなくなりあわてふためいたり、WS当日に携帯が壊れてつながらなくなったり。
過去に、ほぼ毎年WS毎回、そんなように過ごしてきました。
「もう、またなんですよ~!」と私がぷりぷり怒っていたところ、スタッフのお姉様方が「あー、なるね」とうんうんうなづいて、「それはね、へんな電波でてんだね。自分からね」
膝を打つとはこのことでしょう。

ことしも、私はへんな電波をたくさん出している模様です。

先月PCのHDが壊れました。しかも、バックアップ用に、いままでの仕事とかプライベート、お遊びまですべてをストレージしていた、大容量HDが、読み込めなくなりました。
以前の経験があるので、仕方なく有料ソフトのお世話になってデータをサルベージしました。

続いて、携帯がこわれて、充電できなくなりました。
直接つなぐのができないのならと卓上ホルダで充電していましたが、それもできなくなり。
充電ケーブルの問題かとおもいきや本体の問題らしく、ただいまい修理中。

以前は「もう!WSが近いってのに!」と、キーっと怒っていたのですが、「へんな電波」という考え方をいただいたら、「そっか、電波出てるんだー」ととても前向きにとらえられ(笑)淡々と修理・修復につとめております。

今年は、幼稚園での年長児87名へのWSと、お母さま方30名へのWSを予定し、それに先だって6/8に先生がた向けのWSも行ってきました。お母さまWSには友人たちが参加を申し込んでくれています。
ものすごく!楽しいから!
みなさんと美術で遊べるのを、電波だしながら、とっても楽しみにしています~。

| | Comments (2)

June 18, 2012

おにぎりの日

本日、6月18日は、おにぎりの日だそうです。
日本最古のおにぎりの化石がみつかった日なのだとか。

おにぎり、というと、『かもめ食堂』がみたくなります。
そのおにぎりそのものをつくられた、飯島奈美さんの料理を、まねっこしてみたくなります。

食い意地がぴんぴんと張る水無月、梅の香りが部屋中を漂っているせいかしら?
梅干し用に黄色くなるまで干している青梅は、そろそろ、黄緑から黄色にゆるやかに変化した頃。

妙に、胃袋方面に、意欲的な月曜日であります。

| | Comments (0)

June 08, 2012

母のこと

ある朝、弟から電話がはいっていた。
母の、狭心症の発作がおさまらず、緊急入院して一命をとりとめたとのこと。
経験したことがないほどの強い発作で、発作をおさめる強い薬も2度使用してもきかず、全身痙攣して意識も朦朧とする中、枕元にたまたまあった携帯で自分で救急車を呼んでの救急搬送だったという。
「ほんとに、死んじゃうかとおもった!」
と、入院の翌々日に母は笑って電話してきたが、冗談ではなく、まったくその通りだったようだ。

たまたま枕元に携帯があったから。
たまたま救急発作時の薬が入ったバッグが近くにあったから。

そんな偶然で、母の命は、つながった。
その偶然に、心から感謝した。

いつなにがあるか、わからない。
いつなにがおきても、ふしぎはない。
だからこそ、忘れてしまいがちだけれども、一日いちにちは大切なのだと実感した。

本当ならばすぐにもかけつけたいところなのだが、子どもたちが胃腸炎だったり喘息だったりとタイミングが悪く、本人も「危機は脱したから大丈夫」というので、今回は行かない。
すごくすごく気になるけれども、行かない。
幸い手術ということにもならず、薬を変える・増やすなどの対応で、月曜には退院できるようだ。

連絡があった日、たまたま開いた本に、こんな言葉があった。
親鸞聖人のことば。
「明日ありと思う心のあだ桜 夜半に嵐の吹かぬものかは」

あるときふつりと切れてしまう糸もある。
だからこそ、毎日を、一日いちにちを過ごすことができる奇跡を、たいせつに過ごしたい。
受け継がれていくいのちを、たいせつに、過ごしたい。

| | Comments (0)

« May 2012 | Main | July 2012 »