« にさいになりました | Main | 歯 »

February 13, 2010

屏風ファンは米沢へ!

お友達のゆずちゃんから、彼女が企画した素敵なお知らせをいただきましたのでご案内します!!
国宝・洛中洛外図屏風に現代音楽をつけ、世界初演をするのだそうです!!
はるか時空をこえて、室町時代の画家・狩野永徳と現代の若手音楽家がコラボレートする、ちょっと面白そうな企画ですので、「どこか旅にでもいこうかな」という方、「ほんと屏風には目がなくて」という方!米沢へ!!
東京から米沢へは、山形新幹線「つばさ」で、乗り換えなしで2時間10分で着きます。
意外と近いですよ、米沢牛を食べながらどうぞ!とのことです(笑)
御希望の方がいらっしゃったら、米沢の観光情報もお送りします!!
※数ある洛中洛外図屏風のうち、上杉本と呼ばれるこの米沢のものは、ごくごく初期に作成されたもので、織田信長が作り、上杉謙信に贈ったと伝わっているものです。

■「上杉本洛中洛外図屏風」を題材にした新しい音楽作品が、世界初演されます!

山形県米沢市にある文化施設「伝国の杜」には「米沢市上杉博物館」と「置賜文化ホール」が併設されています。その米沢市上杉博物館の所蔵する国宝「上杉本洛中洛外図屏風」。安土桃山時代の絵師・狩野永徳の代表作のひとつに数えられるこの屏風には、当時の京の暮らしや祭り、春夏秋冬の人々の暮らしが、身分の境なく詳細に、またいきいきと描かれています。

この屏風から現代に生きる気鋭の音楽家たちがインスピレーションを受け取り、新しい「音楽」作品を生み出します。作曲・演奏に取り組むのは、東京芸大出身ながらジャンルの枠を超え、明治や東欧の音楽にも接しながら"誰も聴いたことのない音"を探しボーダーレスかつ幅広い活動を見せるサクソフォーン奏者・作曲家の鈴木広志、鈴木と多く行動を共にし、音楽にユーモアとファンタジーを織り込む才のあるピアノ、アコーディオン奏者・作曲家の大口俊輔、バークリー音楽大学出身でフリージャズや現代邦楽奏者とも交流の深いベース奏者・作曲家の東保光、邦楽囃子方仙波清彦氏に師事し使用する楽器・生み出すリズム共に個性的な雰囲気のあるパーカッション奏者・作曲家の小林武文。このルーツも個性も多様な4人に、やはり東京芸大大学院を修了し、日本のクラシックコンクールでは最も権威のある、日本音楽コンクール作曲部門第1位を受賞した経歴を持ち「音楽のある空間づくり」をテーマに作曲だけでなく様々な公演の企画・制作にも取り組む大場陽子が加わります。

現代に生きる気鋭の若手音楽家たちが、狩野永徳の世界に「音楽」で挑む、日本初の試みにどうぞご期待ください!


平成21年度 置賜文化ホール自主事業・米沢市制施行120周年記念
国宝「上杉本洛中洛外図屏風」を聴く
~作曲・演奏 鈴木広志グループ×大場陽子 作曲~
         
日 時 :平成22年3月14日(日)13:30開場 14:00開演 (16:00終演予定)
会 場 :伝国の杜 置賜文化ホール (山形県米沢市丸の内1-2-1、JR米沢駅から2km)

出 演 :鈴木広志グループ(鈴木広志(Sax)、大口俊輔(P)、東保光(B)、小林武文(D))
 大場陽子(作曲)

入場料金:指定席3,000円
 自由席 一般2,500円 学生1,500円
 (当日各500円増し)
チケット:発売中
チケット特典:公演当日に限り、コンサートチケットをお持ちの方は、米沢市上杉博物館(伝国の杜内)常設展示室に無料でお入りいただけます。
常設展示室では、国宝「上杉本洛中洛外図屏風」(複製)を展示しています。
プレイガイド:大沼米沢店、米沢サティ、米沢楽器店、音楽アズム舘米沢店、伝国の杜
※遠方の方には郵送いたします。伝国の杜にお問い合わせください。
関連事業:参加演奏家による楽器クリニックのほか「ジャズ入門ワークショップ」「アレンジ相談室」を前日に開催します。詳細はお問合せください。

問合せ :伝国の杜(0238)26‐2666 (8:30~17:00)

主 催 :(財)米沢上杉文化振興財団
後 援 :米沢市

|

« にさいになりました | Main | 歯 »

Comments

zokさん、ありがとう!
そうか、「屏風」ファンの方、というのもいらっしゃるのですね!ふむふむ。
今、東京国立博物館にも江戸時代のものが出ているらしく、出演者の一人東保さんが「観にきてみました」と電話をくれたり、音楽家の側も本当に「意を決しての挑戦」と捉えてくれています。
森美術館「不平の合唱団」には作曲で大口、パフォーマンスでの演奏には東保、小林各氏も参加し、先日の2/6鎌倉美術館では鈴木がビズメロディカの一員として演奏、そして3/21・22には島根県立石見美術館で、活弁士によるギャラリートークの楽士として鈴木・大口・小林が参加と、美術館づいている彼らですので、ぜひお近くの際には出かけてみてください、彼らの音楽、惹きこまれてしまうこときっと間違いなしです!
とまた宣伝でゴメンナサイ(笑)、それくらい惚れ込んでいるということで(笑)。
今日明日は、上杉雪灯篭まつりが開催され雪国にて、お待ちしています!

Posted by: ゆず | February 13, 2010 at 01:50 PM

ええ、ええ、屏風だけ集めた展覧会もあったくらいですから!
ゆずちゃんのしなやかさがたくさんの素敵なご縁を生んでいくんだね~!
雪灯篭まつり!幻想的なあかりがともっているでしょうね。いつかお邪魔したいです。
というか、この3/14もとってもとってもとっても行きたいのだけど、わたししばらくは乳児の食糧なので、彼を置いて出かけられずとても残念です。
ぜひ様子だけでもあとから教えてください!

Posted by: zok | February 14, 2010 at 09:44 AM

そうそう、BIOMBO展ですよね、今回このBIOMBOを、レコード・レーベル名にいただきました。名付けてBIOMBO RECORD、かわいいでしょ(笑)。

それから言ってみるだけなのだけれど、、、今回のコンサート、託児もあります。NPOのスタッフさんが、ホールに出張してくださいます。子供さんひとりにつき1,000円頂戴するのですが、zokさん、3人みんな連れてきても大丈夫だよ~、いや、ここにたどり着くまでが大変だね、、ご紹介まで…!

Posted by: ゆず | February 14, 2010 at 09:57 AM

あっさすが、かゆい所に手の届くご対応!それは子育て中のママにはとても嬉しいですね!!(私は道中が長くてごめんなさいですが…近かったら絶対三人背負ってでもいくのに~!!)
託児つきというところを大きめに強調した別まきチラシ、もうやっていらっしゃったらごめんなさいですが、作ってみられましたか?子育てサークルとか生涯学習センター、図書館に別まきチラシ、と思ったのだけど。
託児つきって、オフィシャルのチラシには意外と小さく書かれていて、子育てに忙しいママたちには届かないことが多いです。だけど、本当は好きなのに子どもがいるから難しいって思っている人も多いから…そういうママたちに情報が届いていてくれたら、嬉しいですね!

Posted by: zok | February 14, 2010 at 10:23 AM

なるほど、ヒントをありがとう!やっていませんでしたよそこまでは!早速週末のうちに手配したいと思います~。

Posted by: ゆず | February 19, 2010 at 12:07 AM

応援しています♪

Posted by: zok | February 20, 2010 at 11:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« にさいになりました | Main | 歯 »