« あけましておめでとうございます | Main | チュニックがほしくて。 »

January 04, 2010

三が日。

お正月の三が日。
皆さんはいかがお過ごしでしたか?

私たちは今年帰省せずにいたら、元旦に義母の姉である横浜のおばからお招きをいただきました。
年末から微熱続きの風邪っぴきの私は失礼して(付属してたつも失礼して)、四川先生と上二人がお伺いしたのですが、お昼に行ったのに、暗くなっても18時を過ぎてもなかなか帰ってこないのです。
その間私はとっても優雅な時間が過ごせました。ゆっくりと寝たり、本を少しめくったり、自分でなにか書きたくなってPCに向かったり。こんなに自由気ままな時間は、一体いつ以来かしら?というくらい、ゆっくりと。年のはじめ、神様からお年玉をいただいた気分です。
結局三人が帰ってきたのはなんと23時半。
とろとろに酔った四川先生を心配して、車で来ていた東京の従兄弟さんがわざわざ遠回りしてお送りくださったとのこと。
はるは大好きな車に乗れて上機嫌、さあやはお菓子をいただいて上機嫌、四川先生は千鳥足で上機嫌、三人とも踊りながら家に入ってきました。
四者四様の「楽しい」お正月でした。

二日は、二日酔い気味の四川先生はじめ全員がのーんびりとくつろぎ、夜に少しだけ、駅ビルの初売りをのぞきに私とはるがでかけました。
狙いはアルミ製のお弁当箱だったのですが、女の子向けのが1点ある以外に見つけられず、結局成城石井でお菓子の福袋を買っておしまい。

三日の昨日は親友I嬢が我が家を訪ねてくれ、飲み食いしながら話の花を咲かせたり、過去の歌舞伎俳優祭「鯛多二九(たいたにっく)」を観たりと、楽しい一日を過ごしました。
タイタニックは、ジャックならぬ孔雀丸を染五郎、ヒロイン苅谷姫を菊之助。まだご健在だった頃の猿之助が団十郎とともに演出をしており、三津五郎さんが襲名前年でまだ八十助、坂田藤十郎が中村鴈治郎時代。
ガン「ジロ(白)」ウに対抗してガン「グロ(黒)」山姥を菊五郎、平成十二年(2000年)というちょうど十年前の世相を思い出しながら、しっちゃかめっちゃかのドタバタ劇を楽しみました。
当時I嬢は秋田にいて、昼は雪道を社用車で攻めながら営業に走り回り、夜は秋田のおいしい日本酒で研鑽を積み酒豪になった頃でした。
私は仙台でまだ営業から企画の仕事に変わったあたり、月に一度のホームパーティを欠かさず、気心知れた仲間たちとラジオのパーソナリティもやっていて、休日には赤いオープンカーでのひとりドライヴを、岩手福島山形の隣接3県まで「ふと思いついて」ふらりと出掛けてしまう人でした。
昔っからの才女・I嬢の大学受験時の苦労秘話を初めて聞いたり、互いの実力試験の最低順位を暴露しあったり、当時教わった先生の何人かが鬼籍に入られた話を聞いたりと、十年の歳月を感じた一日でした。
四川先生は「二人ともマシンガンみたいにしゃべってて入り込めなかった」との感想。
そこに子供たちがI嬢と遊んで欲しくてかまってくるから、それはもう賑やかなんてものではありませんでした。


楽しい三が日がおしまい。
結局おせちもおもちも残りましたが、まあ、それもまたよし。
子どもが大きくなったら少し変わってくるのかもしれないし。

今日は私が半年ぶりに美容院に行くつもりが、予約いっぱいで明日に延期、宙ぶらりんの1日です。
いつもならもっと放っておくのですが、来週取材でプロの方に写真を撮っていただくので、ちょっと奮起。
あわよくばそのまま駅ビルのセールをのぞいて、お洋服も見てしまおうかなとたくらんでいます(これは四川先生には内緒。美容院に行く前と行く後では、ファッションに対するモチベーションが格段に違うのはなぜなんでしょうね?)

のんびりゆったり始まった2010年。
今年はずーっとこんな風に、ゆったりと過ごせるかしら…?

|

« あけましておめでとうございます | Main | チュニックがほしくて。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« あけましておめでとうございます | Main | チュニックがほしくて。 »