« 茫洋。 | Main | 修了! »

August 07, 2009

落ちた。

春に書き上げて文学賞に応募した作品、予選で落ちた。
ひとまず形に、と製本して、皆さんに読んでいただいたアレだ。

発表は文芸誌に名前とタイトルが掲載されるのみで連絡はない。
なんだかこのサービス過剰気味の世の中にありながら、昔気質な感じだ。
2,000前後の作品から、予選を通過するのはわずか100作弱。

発売日。
応募から5ヶ月。
じりじり待ち続けたこの日。
本屋に駆け出していきたい衝動を抑えて家にじっとしていた。
四川先生が、仕事帰りに見てきてくれると買って出てくれたからだ。
忘れっぽい彼のことだからヒヤヒヤしたのだが(お互い様だけど)出掛けに「今日は気分いいから、きっと名前ある気がするよ」と言ってくれたのがなんだか嬉しかったから、大人しく待っていようと思った。

帰宅した四川先生の手に雑誌はなく、夕食を食べていても、食後にも、文学賞の話は出ない。
きっと忙しすぎて忘れちゃったんだなぁと思ったけれど、こちらから話題にするのも物忘れを指摘するようで気がひけて、何も言わずにいた。

夜中。
空気がこもって暑くて眠れないね、と話していたら不意に、四川先生が「雑誌ねぇ、見たよ」と切り出した。
その一言で、落ちたことと、それを私に伝えるタイミングを彼が見計らっていたことを悟った。
「そっか、なかったんでしょ、名前」と言うと、「俺には見つけられなかったな」と答える。
筆名があるわけじゃない、誰が見ても結果は同じだ。

そこからいろいろな話をした。
普段、小説は読まないからわからない、と言ってあまりとりあってくれない四川先生だけど、この日は熱心にいろいろアドバイスしてくれた。
方向性だとか表現法とか、切り口だとか。
書いてるものこそ論文と小説という違いはあるけれど、そのアウトプットに至る過程、リサーチ〜研究〜制作〜発表のプロセスには、近いところがあるらしい。
研究して戦略を立てなきゃ、新しくなきゃって。
どうも私は小説に関しては普段からそういう意識が弱いから、耳が痛い。

時間は限られているんだよ。
先生はなんどもそう繰り返した。
あっという間に時間は過ぎちゃって、できることなんて限られているんだよ。
確かになぁ、そうだよなぁ。

実はダメもとと思っていたので、そうそうショックなわけでもなかったのだけど、四川先生、きっと私が落ち込んでると思っていろんな話をしてくれたんだろうな。
と、いうわけで、新しい目標に向かうつもり。
一歩ずつでも、前進していこう。

|

« 茫洋。 | Main | 修了! »

Comments

再びのコメントで失礼しますm(_ _)m

私の好きな言葉に、
「冬来たりなば、春遠からじ」
というのがあります。

選ぶ、選ばれるっていう関係って
私は本当は好きではないのですが、
(なのにそんな仕事しているのでジレンマです^^;)
きっと今は選ばれる時期ではないのかもしれません。
なぜなら、次に選ばれるその時期の方が
今よりきっと何かよい未来になっていくから!
私は試験の結果をお送りする時に、
選ばれなかった方へそんな思いをのせています。

私は「山のなかのはまぐり町」何度も読んでいます♪
いつか、たくさんの方に読んでいただけますように。

Posted by: pecorino | August 08, 2009 at 12:08 AM

大好きなお話なので、残念です。

四川先生とのやり取りが、なんだかじんときました。
このタイミングで、時間は限られているという言葉は、なんだか強いあたたかさを感じます。

ブログを読んで、私自身もがんばらなくちゃと感じました。

zokさんの素敵な世界をまた味わいたいです。


 

Posted by: チキ | August 08, 2009 at 10:56 AM

>pecorinoさん

ありがとうございます!
「冬来たりなば、春遠からじ」
すてきな言葉ですね。

言葉にしろ美術にしろ映像にしろ舞台にしろ、
「つくる」ものにはすべて付きまとう問題だと思うのですが、
まずは自分が納得できる作品になるかが大事で、
人がそれを受け入れてくださるかどうかはその次の段階、
という気がいたします。
試験も、結果よりもプロセスが重要ですしね!

自分自身100%納得できる作品なんて
プロでもなかなか生み出せないかとは思いますが、
それでも、そこにどれだけ近付けるか、
その納得の発生頻度も重要かなとも思うのです。

いつか「春」が来たときに、
まぐれの春じゃなく(笑)、
ちゃんと来るべくして来た春を迎えたいと思いました。
しっかり冬の間に養分、蓄えて。

お励まし、ありがとうございます!!


>チキちゃん

ありがとうございます!
そう、時間は限られているから…。
あっという間に天から梯子が下りてきてしまうかもしれません。
時間もだけれど、年々体力も気力も下降の一途という年になっていくので、今、力が少しでもあるうちに、今やれることを精一杯やらなくちゃ、と思いました。

「いつかやろう」って思っていることって、
なかなか進まなくないですか…??
(私は全然で…)


いい意味で期限を区切って進んでいきたいなと思います!

また次の作品ができあがったら、ぜひご意見給われましたらありがたいです!

Posted by: zok | August 08, 2009 at 11:50 AM

残念でした・・・・
とても好きなお話だったけど。

私も好きな言葉を・・・・
作家の森瑤子だったと思います。
「何かをして失敗した時の後悔なんて何でもなかった。あの時あれをしておけばよかった・・・やらなかったことへの後悔ほど私を苦しめたものはない」

そして一時歌声を失って復活したジュリー・アンドリュース
「そんな時には DO YOUR HOMEWORK !と神様が言っているの。私はいつチャンスがきてもあわてないように宿題はちゃんとしてたのよ」

ZOKさんの年頃にはものすごく怠け者だった私。
ZOKさんのことをまぶしく思いながら励まされ いつもこの言葉で自分にエンジンをかけています。(この年齢だから切実よっ・笑!!)

でも今 無理は禁物! どうぞおたいせつに♪

Posted by: スズエリ | August 08, 2009 at 11:53 AM

スズエリさん
素敵な言葉をありがとうございます~
怠け者なんて仰いますが、全然違ってらしたと思いますよ~?
暮らしに子育てにご自分磨きにときっといろいろなさってたんじゃないでしょうか。スズエリさんみたいに素敵に年を重ねたいなって思います!

子どもに関わりながら十分充電して、また次に挑戦します~!

Posted by: zok | August 09, 2009 at 09:26 PM

この日記を読みながら、

旦那さまが、
本を見て、落ち込まれる間もなく、
さて、女房にはどういう風に伝えようかと、
勤務中から帰宅までの間、ふかく深く考え、
けど、答えは見つからないまま、唇を噛みしめ、
笑顔を作りながら玄関を開けた様子が、気持ちが、
激しく伝わってきました。

この日記をはじめとして、
最近は、女性のブログに記された男性の優しさと
その謝意に触れることが度々あり、
そして、その都度、男として、まだまだ未熟だなぁ、と感じています。

・・・というふうにですね、
kozの日記から深い思想に耽け入る人は大勢いると思います。

どうか、そのことを忘れずに、自信としてください。

努力の結果は良い方にしか転がらない。
そう教えてくれた貴女に、同じ言葉を捧げます。

Posted by: すがっしん | August 11, 2009 at 01:12 AM

すがっしん
コメントありがとう~。
うちの旦那さんをとっても良く思ってくれているのもありがとう(笑)。
唇噛みしめるって柄じゃないから美化してもらってるんだけど(笑)、そう見えてるのは女房としては光栄です。

すがっしんが「男として」っていうのと重なるかもですが、私もすごく「人として」って、人間力について考えることが多いです。
努力、し続けるものだよね。
頑張ります~!

Posted by: zok | August 13, 2009 at 05:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 茫洋。 | Main | 修了! »