« 寝て過ごす | Main | 金太郎飴。 »

August 30, 2009

ハシゴ美。

ハシゴ美。
青山に通うのも昨日が最後。
キャリアカウンセリングを受けてジョブカードが発行され、履修証明が出されていよいよ修了なのだ。
カウンセリングの時間が15時半からだったので、午前中を利用して東京都現代美術館のメアリー・ブレア展&伊藤公象展に行くことに。
人気のブレア展も開館直後ならば混まずに済むだろうと踏んで、なかなか会えなかったI嬢を急遽前日にお誘いしてご一緒した。

2年前、ディズニーアート展で初めて見たメアリー・ブレアの絵画にすっかり魅了された私。
会期は10月4日までとまだ余裕があるのだが、いつ赤さんが出てくるかわからない中今後美術展のための遠出はおそらく無理なので、「今日を逃したら一生後悔する」と思い詰めての東京行き(笑)。
展覧会は本当にうっとりとするばかりで、色彩の素晴らしさ、線やフォルムの表情、テクスチャに惚れ惚れしながら満喫した。

ランチはMOTのレストランで。
I嬢は焼き魚定食を、私はチキンソテー定食を注文。
定食というと和食を想像してしまうのだけど、出てきたのは長方形の大きなプレートに盛られた、サラダとメインディッシュ、付け合わせの野菜とポタージュと、素敵な洋食(カジュアルフレンチ)。
I嬢のは鯛をグリルしてサルサベルデをかけていて、私のチキンソテーも表面がカリカリ。
おいしいねぇとしみじみ楽しんだ。

昼食後は常設展と伊藤公象展。
図らずもMOTガイドのスズエリさんに会えた!
今日はお当番じゃないのだけどお仲間のトークをお勉強に来られたとのこと。
先日、ワークショップをお手伝いいただいて以来で、嬉しくて仕方なかった。

予定ではこのあと六本木に移動してサントリー美術館を見るはずだったのだけど、MOTをたっぷり堪能することに変更、夏のユーモアある常設展を見て、陶器がつくる不可思議で深い世界の伊藤公象展を楽しみ、写真の「夢の鍾乳洞」もじっくり見てから、青山へ。


キャリアカウンセリングってどんなことをするんだろう?と不思議ではあったのだけど、採用面接じゃないしあくまでカウンセリングなのだしと気楽に出かける。
実際、事前に提出した「ジョブカード」という履歴書+学習歴+身につけた職能や知識をまとめた書式をもとに、私の希望する仕事について相談にのってもらうようなものだった。
結局は、私の場合、実績を積んでフリーで、というスタイルが良いだろうとのこと。
意外にも「あなたの場合、積み重ねているキャリアと、身につけてきている学習とにズレがある」と指摘を受けて、目からウロコが落ちる思いだった。
「おそらくは昔から、美術や芸術を核として仕事したいという欲求があったのではないでしょうか」と言われ、ああまさに、と思った。
法律やってるくせにフランスに留学したり学芸員資格をとったりしていたもんね。
専門とする学問を選んだ時期、職業を選んだ時期、それぞれに自分の本質的な志向を見極めずに選んできた。いや、見て見ぬふりをして、というべきか。
それが間違っていたとは思わないし、必要な道を通って今の立ち位置にいると認識しているのだけど、見る人が見るとそういうのがわかるんだなぁと感心。
キャリアカウンセラーは「今、出産や育児を機に、また今回資格もとったことだし、シフトするのにいい時期ですよ」ともアドバイスしてくれた。
時間拘束が長くなる企業への再就職よりは子育ての時間がとれるし、ワークショップを専門に開発する企業があるわけじゃないし、職務の一部としてワークショップを担当するよりは、専門性を磨いて自分の価値をあげた方がよかろうとの判断とのこと。
自分で看板を出す時期などについても考えてくれ、予定の20分、濃密なお話になった。


その後タクシーで移動し東京ミッドタウン、サントリー美術館へ。
乗り換えを繰り返すより陸路移動が近いという発想は、江戸を学んだおかげでできた地理感覚かも。
ここではシアトル美術館の東洋美術コレクション「アジアの玉手箱展」を見る。
目をひいたのは宗達×光悦。
鹿の絵の上に載せられた和歌。
書はあまりわからないのだけど、言葉を途中で改行したり一文字ずつ改行したり言葉のかたちの美しさを絵画的に捉えた描き方、のびやかな文字、鹿の笑っているような表情。
そんなものにほんわかした。
赤さんの名前が浮かばず悩んでいるからこそいつもはあまり惹かれない文字モノが気になったのかも?

東京ミッドタウン内の主に三階、リビングエリアと地下一階食べ物エリアを重点的に闊歩して帰路についた。
上海で感動した南翔小龍がここにあるというので、家にテイクアウトすることに。
残念ながらお目当ての小龍包はテイクアウトできないそうで、カニのスープの肉まんもここではメニューにはなかった。
シューマイとにら饅頭をお持ち帰りすると、四川先生が「やっぱりここはウマい!」と喜んでくれた。
他、子どもたちにドーナツと、自分のためにスペイン風金太郎飴(注:飴については後日アップします)を携えて帰宅。


美術展よっつをハシゴしたので、さすがに体はへろへろ、でも気持ちはすこぶる良いという、心身乖離状態で家に着いた。
最近あまり美術展に足を運んでいないから余計にそう思うのか、とってもとっても楽しかった。
I嬢と語りながら見られたのも楽しかった。
ハシゴ酒ならぬハシゴ美、外出に制約があるからこそ行く場所も限定された上ハシゴになってしまうのだけど、頭の中の受信機が様々なものをキャッチしていくこの楽しさはヤミツキ。

キャリアカウンセリングの前に、メアリー・ブレア展で見た言葉「私は3つの仕事をした。妻であり、母であり、プロのアーティストだった」。
そしてキャリアカウンセリングで明らかになった、本質的な志向のこと。
赤さんの名前問題と宗達×光悦。
細かくはまだまだあるのだけど、これからの自分の在り方が、ショートスパン、ロングスパンともに捉えられたような一日だった。

|

« 寝て過ごす | Main | 金太郎飴。 »

Comments

昨日は振り向いたらZOKさん!に私こそうれしいびっくり。
ようこそいらっしゃいましたwink
それにしてもパワフル&ハードな一日だったのですね?!
だいじょうぶでしたか?

そして遅ればせながらワークショップ研修終了。見事資格取得おめでとうございますtulip
私にはZOKさんは何の迷いもなく真摯に着実に歩まれているように見えていたのですが・・・・・

きっとこれからは みちくさも休憩も勉強もいろんなことが混じり合ってかたちになっていくのでしょうね。
私も楽しみにしています。

Posted by: スズエリ | August 30, 2009 at 11:16 PM

そんな濃密な一日は、ありそうで中々ないね。
ご出産を前に、より色んなアンテナが研ぎ澄まされているのでは?とも思いました。
キャリアカウンセリング、受ける機会もこれまでにはなかったけれど、
そんな指摘を下さるとは、受けてみるもんだね~。
そして終了時にここまでセッティングされてるなんてすごいね!
きっと今回は「書き物」のことは話されなかったのでは?
看板が上がるの、ゆっくり心待ちにしています!

Posted by: ゆず | August 30, 2009 at 11:28 PM

>スズエリさん
先日はお世話になりました~。「しりとり」、どうしても詰まっていたので、教えていただけてスッキリでした!!
う~ん、やはりちょっと動きすぎたみたいで、昨日は足がだいぶむくみました(笑)。でも今日の妊婦健診では、異常があまりなかったので大丈夫みたいです!
(いよいよ週に1回検診を受ける季節になりました)

出産&育児でしばしお休みして、たっぷり充電します~♪えびのすけ(仮)が生まれたら、またご報告しますね♪


>ゆずちゃん
コメントありがとう~。
アンテナ…どうなんだろう?!
今って、日常に埋没している気がして(笑)自分ではあまり気付かないのですよ…
一人目のときはたしかに、少しセンサーの具合が鋭かったような気がするけど…他にも子供がいると、とてもそんな繊細な信号をキャッチできない現実があり(ちょっと眼をはなすと頭に納豆ごはんや卵ごはん、今の季節なら麦茶やおかしをぬりつけてくれる子がいるし…笑)。

そうなの、「書き物」のことはねぇ…。キャリアと関連すると言い切れるだけの材料がないですし。
実のところ、キャリアカウンセラー相手に限らずあまり人に話せないです。まだ全然ものになってない感があるし(笑)。
それでも何年か一度思い立って(例えば今年の春のように)積極的にひと様に話したり行動したりするんだけど、よほどの覚悟じゃないと話したり動いたりはできないのです…(小心者なので)。
いつか世間様が「読んでやってもいい」と言ってくださるようになったら、ちゃんと言えるのかも。

ひとまず精進あるのみ、のつもりです~。

Posted by: zok | August 31, 2009 at 08:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 寝て過ごす | Main | 金太郎飴。 »