« July 2009 | Main | September 2009 »

August 2009

August 31, 2009

金太郎飴。

金太郎飴。
かわいらしい飴。
フルーツの柄の金太郎飴、スペインのpapabubule(パパブブレ)というお店のものだ。
ネットで偶然見かけて、かわいらしさとお味の評判の高さに興味津々。
世界に3店舗、バルセロナ、アムステルダムと、東京は中野にあるのだという。
他にDEAN&DELUCAの一部店舗でも取り扱いがあるというので、東京ミッドタウン内のDEAN&DELUCAで探してみた。

有平糖のような軽やかさのある飴の地に、鮮烈なフルーツの味がたまらない。
直径1センチほどと小粒なのだけど、それがまた丁度良い。
私は風邪でのど飴を食べる以外では、つねづね飴は食べないのだけど、それはひと粒が大きくて舐めるのに飽きてしまうから。それでいて噛むと歯にくっつくのもあまり好まない。

なので、この小粒加減は絶妙!
嬉しくなってしまった。

大人用にしてひと粒ずつちびりちびりと楽しもうと思っていたのだけど……
こういったものには実に鼻の利く人たちがうちには二人もいて、特に一人はまだ理屈も通じないので、奪い取られて全部をあっという間に食べられてしまった。
ひどいのだ。
ひと粒ずつフォルムや味を愛でながらいただく私とは対極、ちいさな手のひらで数粒をいっきに掴みだし、口いっぱいに頬張って、口の中をごしゃごしゃ言わせながらセメントミキサー車みたいに転がしている。
そんな、ありがたみのかけらもないダイナミックな食べ方なので、すぐになくなってしまった。
遠出してようやく手に入れたのに。
でも確かに子どもにもちょうど良いサイズ。
はるも「バナナとー、ピーチとー…」と悩んでいる間に全部食べられてしまったクチで、ぶうぶう文句を言っていた。

さて、次にお目にかかれるのは、いつになりますやら。

| | Comments (0)

August 30, 2009

ハシゴ美。

ハシゴ美。
青山に通うのも昨日が最後。
キャリアカウンセリングを受けてジョブカードが発行され、履修証明が出されていよいよ修了なのだ。
カウンセリングの時間が15時半からだったので、午前中を利用して東京都現代美術館のメアリー・ブレア展&伊藤公象展に行くことに。
人気のブレア展も開館直後ならば混まずに済むだろうと踏んで、なかなか会えなかったI嬢を急遽前日にお誘いしてご一緒した。

2年前、ディズニーアート展で初めて見たメアリー・ブレアの絵画にすっかり魅了された私。
会期は10月4日までとまだ余裕があるのだが、いつ赤さんが出てくるかわからない中今後美術展のための遠出はおそらく無理なので、「今日を逃したら一生後悔する」と思い詰めての東京行き(笑)。
展覧会は本当にうっとりとするばかりで、色彩の素晴らしさ、線やフォルムの表情、テクスチャに惚れ惚れしながら満喫した。

ランチはMOTのレストランで。
I嬢は焼き魚定食を、私はチキンソテー定食を注文。
定食というと和食を想像してしまうのだけど、出てきたのは長方形の大きなプレートに盛られた、サラダとメインディッシュ、付け合わせの野菜とポタージュと、素敵な洋食(カジュアルフレンチ)。
I嬢のは鯛をグリルしてサルサベルデをかけていて、私のチキンソテーも表面がカリカリ。
おいしいねぇとしみじみ楽しんだ。

昼食後は常設展と伊藤公象展。
図らずもMOTガイドのスズエリさんに会えた!
今日はお当番じゃないのだけどお仲間のトークをお勉強に来られたとのこと。
先日、ワークショップをお手伝いいただいて以来で、嬉しくて仕方なかった。

予定ではこのあと六本木に移動してサントリー美術館を見るはずだったのだけど、MOTをたっぷり堪能することに変更、夏のユーモアある常設展を見て、陶器がつくる不可思議で深い世界の伊藤公象展を楽しみ、写真の「夢の鍾乳洞」もじっくり見てから、青山へ。


キャリアカウンセリングってどんなことをするんだろう?と不思議ではあったのだけど、採用面接じゃないしあくまでカウンセリングなのだしと気楽に出かける。
実際、事前に提出した「ジョブカード」という履歴書+学習歴+身につけた職能や知識をまとめた書式をもとに、私の希望する仕事について相談にのってもらうようなものだった。
結局は、私の場合、実績を積んでフリーで、というスタイルが良いだろうとのこと。
意外にも「あなたの場合、積み重ねているキャリアと、身につけてきている学習とにズレがある」と指摘を受けて、目からウロコが落ちる思いだった。
「おそらくは昔から、美術や芸術を核として仕事したいという欲求があったのではないでしょうか」と言われ、ああまさに、と思った。
法律やってるくせにフランスに留学したり学芸員資格をとったりしていたもんね。
専門とする学問を選んだ時期、職業を選んだ時期、それぞれに自分の本質的な志向を見極めずに選んできた。いや、見て見ぬふりをして、というべきか。
それが間違っていたとは思わないし、必要な道を通って今の立ち位置にいると認識しているのだけど、見る人が見るとそういうのがわかるんだなぁと感心。
キャリアカウンセラーは「今、出産や育児を機に、また今回資格もとったことだし、シフトするのにいい時期ですよ」ともアドバイスしてくれた。
時間拘束が長くなる企業への再就職よりは子育ての時間がとれるし、ワークショップを専門に開発する企業があるわけじゃないし、職務の一部としてワークショップを担当するよりは、専門性を磨いて自分の価値をあげた方がよかろうとの判断とのこと。
自分で看板を出す時期などについても考えてくれ、予定の20分、濃密なお話になった。


その後タクシーで移動し東京ミッドタウン、サントリー美術館へ。
乗り換えを繰り返すより陸路移動が近いという発想は、江戸を学んだおかげでできた地理感覚かも。
ここではシアトル美術館の東洋美術コレクション「アジアの玉手箱展」を見る。
目をひいたのは宗達×光悦。
鹿の絵の上に載せられた和歌。
書はあまりわからないのだけど、言葉を途中で改行したり一文字ずつ改行したり言葉のかたちの美しさを絵画的に捉えた描き方、のびやかな文字、鹿の笑っているような表情。
そんなものにほんわかした。
赤さんの名前が浮かばず悩んでいるからこそいつもはあまり惹かれない文字モノが気になったのかも?

東京ミッドタウン内の主に三階、リビングエリアと地下一階食べ物エリアを重点的に闊歩して帰路についた。
上海で感動した南翔小龍がここにあるというので、家にテイクアウトすることに。
残念ながらお目当ての小龍包はテイクアウトできないそうで、カニのスープの肉まんもここではメニューにはなかった。
シューマイとにら饅頭をお持ち帰りすると、四川先生が「やっぱりここはウマい!」と喜んでくれた。
他、子どもたちにドーナツと、自分のためにスペイン風金太郎飴(注:飴については後日アップします)を携えて帰宅。


美術展よっつをハシゴしたので、さすがに体はへろへろ、でも気持ちはすこぶる良いという、心身乖離状態で家に着いた。
最近あまり美術展に足を運んでいないから余計にそう思うのか、とってもとっても楽しかった。
I嬢と語りながら見られたのも楽しかった。
ハシゴ酒ならぬハシゴ美、外出に制約があるからこそ行く場所も限定された上ハシゴになってしまうのだけど、頭の中の受信機が様々なものをキャッチしていくこの楽しさはヤミツキ。

キャリアカウンセリングの前に、メアリー・ブレア展で見た言葉「私は3つの仕事をした。妻であり、母であり、プロのアーティストだった」。
そしてキャリアカウンセリングで明らかになった、本質的な志向のこと。
赤さんの名前問題と宗達×光悦。
細かくはまだまだあるのだけど、これからの自分の在り方が、ショートスパン、ロングスパンともに捉えられたような一日だった。

| | Comments (3)

August 25, 2009

寝て過ごす

昨日から四川先生が中国に出張、3泊4日の北京&内モンゴルの旅に出ました。
本当は私たちがまだ仙台にいるか、実家の母に来てもらうか、という話でしたが、状況的に難しいため、ひとり奮闘することに。

いろいろな疲れがまだ残っているらしく、私はほとんどベッドの上だけど、子ども達は2人で楽しそうに遊んでくれています。
子ども部屋の中に更に「おうち」をつくったり(キッチンと車を一列に並べて境界を作っている)、お気に入りのカードゲーム「トトあわせ」で魚つりをしたり、キッチンで料理をしたり。

はるがいるとさあやはお兄ちゃんのあとを追いかけまわしているので、私はだいぶ楽をさせてもらっているのです。

ただし、時折起こるトラブルももちろんあって、突発的に「ぎゃーっ」と泣き出したり(大抵泣かされてるのは、はる)、さあやの「いやじゃ」連発が始まって戦争が勃発したり、賑やかではありますが。

妹ののどが渇けば牛乳を冷蔵庫から出していれてあげ、まんまと言い出せば煎餅をだしてあげ、はるのお兄ちゃんぶりはなかなかのもの。
対するさあやも恩返しのつもりか、食事時に食べ物を取り分けてあげ、食べさせてあげ…ただしこちらは、はるに嫌がられて喧嘩に発展するのですけど。

寝ても寝ても疲れがとれず、足のむくみも出ているので(すねのあたりを指で押すと、低反発枕みたいにへこんでなかなか戻らない)、寝てばっかりです。
買い物もネットスーパーに頼んで(3時間で家に届けてくれる!)、ぐたーっと寝るばかり。
遅ればせの夏休みです。

| | Comments (0)

August 24, 2009

まつりのあと、休息。

22日は、ワークショップデザイナー育成プログラム、第一期修了イベント。
朝から東大福武ホールに集まって準備が進められた。
私は8時過ぎに着いたのだけど、みんな7時から集まって準備していたらしい。私でさえ家を6時半に出たので、他の人たちはさぞかし早くから動いていたことだろうと思う。

午前中はキッズワークショップ、午後はシンポジウムと大人向けワークショップ。
みんな準備に連日駆け回っていたのだけど、私はほとんど当日のちょびっとしたお手伝いのみさせていただいた。
それでも受け入れてくれるみんなと、ここにいるだけで世界がポジティブに見えてくる独特の空気に、とても癒やされ励まされとにかく大好きだった。

時間はあっという間に流れ、東大を出たのは午後8時。
近くのお店で打ち上げ(というか食事会)をして、みんなとなにげなく話す。
とっても充実して刺激的で優しくて心地よい、「大人の部活動」みたいな感じ。

一緒に120時間を走ってきたのが、この素敵な仲間たちで良かった!
5月からほぼ毎週一緒だったから、急に会わなくなるのがさみしくもある。
まだまだみんなと話し足りないし(ことに私は講義後のゆるく語る有志呑み会に出ていないし)、もっと他愛ない人生話もしたかったなぁ。

誰か特定の人とつながる機会はあると思うけれど、みんながいて、好きに話ができて、って空間はやっぱり魅力的だ。

家に着いたら、ワークショップデザイナー育成プログラム、集大成の総合課題の結果が届いていた。
可否判定、「可」。
合格だ。
これで堂々と「ワークショップデザイナー」が名乗れる(商標登録してあり勝手に名乗ることはまかりならんのだ)。

私もそろそろ、出産準備に入り、産休のつもり。
「生まれたら、みんなでお祝いしようね」と、言ってくれた人もいた。
このつながりが、また素敵に膨らんでいきますように。

| | Comments (0)

August 22, 2009

たんぽぽりん

はるを連れて、帰ってきた。

一度は私の体調から帰省取り止めになったものの、四川先生の切実な親孝行願望と、冬の新型インフル本格化に備え正月帰省しない方向にしたいため、やはり今のうちに帰っておこうということになって、お盆帰省を無理やり決行した。

実際はるは淋しいとは言わないものの、言わないからなおさらストレスがたまり、些細なことでもヒステリックに騒ぎ立てていたようで、預かる側も預かられる側も、限界にきていた。

私たちが行って、少し安心した面もあったようだけど、視線がさあやに集中するのが気に入らず、やっぱりヒステリックに騒ぎ立てる場面が多かった。ふう。
ちやほやされ関心を独占できた時間があったのははるにとって良かった。
さあやは思った以上に人見知りして、慣れたのは帰宅前夜。
みんな少し残念そうだった。

私の体調があまり良くなく、当初予定より早く帰ってきたのだけど、滞在中はとくに実家が大変だった。
山形の母と呼んでいる伯母が、くも膜下出血を再発して入院し12時間に及ぶ緊急手術を行って、現在もまだ意識をはっきりとは取り戻していない。
伯父とその手術に立ち会い、明け方家に帰ってきた父が、安堵したせいか疲労と酩酊から転倒し敷居でしたたか頭部打撲。流血して脳外科に担ぎこみ4針縫合。
留守を守っていた弟は、父のかわりにテレビを移動するにあたり、ぎっくり腰になって、整形外科に行ったら椎間板ヘルニアもあることが判明。
私は転倒して早産になりかけるし、母がもろもろの疲れから狭心症の発作を起こした。
…不運続き、なんて言葉では言い尽くせないくらい。
四川先生のご実家からは、お祓いしたら?と言われた。

そんな中、状況など関係なく無邪気な笑い声を立てるチビたちに、みんな救われる心地であったろうと思う。
大変だったけれども帰省して良かった。


ひと月ぶりで鎌倉に戻ったはる。
ただでさえ偏食なのに、加えてわがままにもふりかけごはんばかりの食事のせいで、アトピーが悪化したよう。
手首足首と肘や膝の関節付近が、見るも可哀相なほどザラザラブツブツしところどころ切れて血が出ていた。
野菜やおかずをキチンと食べないと毎日注射しなきゃいけないよと説得して、さまざまな食材を食べさせた。
すると「ママ、ぼく、たんぽぽりんだよ」という。
たんぽぽりん?
よくよく聞いていったら、たくさん食べたからお腹いっぱいになって「たんぽぽりん」だという。
あぁ!
「はる、それはたんぽぽりんじゃなくてぽんぽこりん」
今は注射が怖くて頑張っていろいろな食材を食べている。
これで好き嫌いが少しなおって、なによりこのとっても可哀相な皮膚が元のつるつるに戻ってくれたら良いのだけど!

| | Comments (2)

August 10, 2009

修了!

5月から3ヶ月間頑張ってきたワークショップデザイナー育成プログラムが昨日で修了!
(…といっても、まだ最終の認定試験になる課題提出や修了イベント、キャリア面談があるのだけど)
長くも短く、短くも長い3ヶ月。
本当に充実した素晴らしい時間を過ごすことができた。

素敵な仲間達がたくさんできたことも嬉しい財産で、今後いろいろ形でつながっていきたいなと思う方が多い。
いろいろな「ワークショップ」のあり方、いろいろな関わり、出会いが生まれて、なんだか離れ難い感じすらする。

みんなでまたつながってこうね、と約束。
特に実習一回目でチームを組んだ「おにぎりチーム」は仲良しで、仙台から通って来ている演劇プロデューサー、埼玉の企業人材開発担当、東京の演出家、女子大生、ダンサー、横浜の心理カウンセラー、逗子の舞台女優と私。
それぞれの個性が有機的に結びついたとっても素敵な化学反応がたくさんあった。

カリキュラム自体、とても実践的で面白かったし、知識・知見を広げることができた。

毎週末、忙しい仕事の傍ら子守してくれ、3ヶ月間通わせてくれた四川先生に感謝、です。
いつも食事遅くなっても待っててくれ、お弁当を喜んで食べてくれた子どもたちにも。
ここで学んだ様々なこと、活かして頑張っていこうと思います!

| | Comments (0)

August 07, 2009

落ちた。

春に書き上げて文学賞に応募した作品、予選で落ちた。
ひとまず形に、と製本して、皆さんに読んでいただいたアレだ。

発表は文芸誌に名前とタイトルが掲載されるのみで連絡はない。
なんだかこのサービス過剰気味の世の中にありながら、昔気質な感じだ。
2,000前後の作品から、予選を通過するのはわずか100作弱。

発売日。
応募から5ヶ月。
じりじり待ち続けたこの日。
本屋に駆け出していきたい衝動を抑えて家にじっとしていた。
四川先生が、仕事帰りに見てきてくれると買って出てくれたからだ。
忘れっぽい彼のことだからヒヤヒヤしたのだが(お互い様だけど)出掛けに「今日は気分いいから、きっと名前ある気がするよ」と言ってくれたのがなんだか嬉しかったから、大人しく待っていようと思った。

帰宅した四川先生の手に雑誌はなく、夕食を食べていても、食後にも、文学賞の話は出ない。
きっと忙しすぎて忘れちゃったんだなぁと思ったけれど、こちらから話題にするのも物忘れを指摘するようで気がひけて、何も言わずにいた。

夜中。
空気がこもって暑くて眠れないね、と話していたら不意に、四川先生が「雑誌ねぇ、見たよ」と切り出した。
その一言で、落ちたことと、それを私に伝えるタイミングを彼が見計らっていたことを悟った。
「そっか、なかったんでしょ、名前」と言うと、「俺には見つけられなかったな」と答える。
筆名があるわけじゃない、誰が見ても結果は同じだ。

そこからいろいろな話をした。
普段、小説は読まないからわからない、と言ってあまりとりあってくれない四川先生だけど、この日は熱心にいろいろアドバイスしてくれた。
方向性だとか表現法とか、切り口だとか。
書いてるものこそ論文と小説という違いはあるけれど、そのアウトプットに至る過程、リサーチ〜研究〜制作〜発表のプロセスには、近いところがあるらしい。
研究して戦略を立てなきゃ、新しくなきゃって。
どうも私は小説に関しては普段からそういう意識が弱いから、耳が痛い。

時間は限られているんだよ。
先生はなんどもそう繰り返した。
あっという間に時間は過ぎちゃって、できることなんて限られているんだよ。
確かになぁ、そうだよなぁ。

実はダメもとと思っていたので、そうそうショックなわけでもなかったのだけど、四川先生、きっと私が落ち込んでると思っていろんな話をしてくれたんだろうな。
と、いうわけで、新しい目標に向かうつもり。
一歩ずつでも、前進していこう。

| | Comments (7)

August 06, 2009

茫洋。

4日にワークショップを終え、心身ともに高揚しつつ虚脱状態。
あ〜、楽しかった!

自分の体のリズムも大いに関係していたと思うのだけど、ゆるゆるした時間でありながら、濃密だったようにも感じた。
たくさんの課題を発見したものの、今回もたくさんの感激をいただいた。

さすがにまる1日みっちり集中して動いていたのは疲れこそしたけれど、心地よさが勝っていて、体からたましいが浮き上がっている気分。
いつも以上に世界が茫洋としている。

撮っていただいた写真が届いたら、びっくり。
自分ではわからないものだけど、こんなにもオナカが大きくなっていたんだ!
背も小さい上、全体的にフォルムがまんまるいので、ぬいぐるみみたいだ〜。
まるっこくて不思議な感じ。

ちなみにワークショップの様子は13日の読売新聞夕刊に掲載されるので、良かったら見てください!
(北海道〜愛知あたりまで見られるとのこと、ただし関東以外は入手場所が限られるかも。母の話では、仙台だと仙台駅に行かないと手に入らないそう)

さて次なるは22日、東大福武ホール。
ワークショップデザイナー育成プログラムの集大成として、ワークショップ+シンポジウムが開催される。
当日私は仙台から出張してくる予定。
体が持つかどうかは、来週帰省時に新幹線に乗った感じで判断して、難しそうなら断腸の思いで参加取りやめにするつもり。

それが終わると、臨月。
もうそんな時期なんだなぁ。

そう、もう、そんな時期。
2月末から出願が始まり、3月の合否発表を経て、5月から始まったワークショップデザイナー育成プログラムも、現在最終課題の提出を行う時期になった。
プログラムのおかげで、妊娠期間があっという間だった。

考えてみると、はるの妊娠中は里帰り帰省にあわせて母とのコラボワークショップを初めて行い(38週目の臨月妊婦だった!)翌日陣痛が来て入院した(生まれるにはそこから48時間、日にちにして3日かかったけど)。
さあやの妊娠中は7ヶ月目に北京からの帰国、帰国直後に仙台から日帰りで江戸検受験して、8ヶ月目には上野の東京都美術館「フィラデルフィア展」ツアーガイドをさせていただいた。
今回えびのすけは、5月の東京都美術館「日本の美術館名品展」ツアーガイドに始まり、ワークショップデザイナー育成プログラムでの2回のワークショップ、自前の親子ワークショップ、そして22日の集大成イベント。
考えてみると、子どもがお腹の中に入っているうちがチャンスとばかりに、なにかやらせてもらっている。

8月末からは、少なくとも一年くらいは「産休」するつもり。
なにかやるにしても、一回にひとつだけにして、あらゆる面で「セーブ」しようと思っているから、その分前倒しにして動いている面もあるのかも。

無理せずにあとひと息。
えびのすけに1日でも長くお腹に入っていてもらえるよう、いろんなことの「手抜き」を頑張るつもりです!

| | Comments (2)

« July 2009 | Main | September 2009 »