« おみやげ | Main | コミュニケーションのカタチ »

May 30, 2009

いよいよ演習

今日はワークショップデザイナー養成プログラムの演習初日。
2週間のeラーニング(5科目)を経て、初めて、大学での講義や実践を伴った演習が行われた。
eラーニング、いつでも自分の好きなときに勉強できる素敵な手段だが、内容が実に濃厚で、すこぶる面白いため、ちゃんと理解しようと首っ引きになっていると、1時間〜2時間の講義に2〜4倍の時間の時間をかけて取り組む結果になり、結局提出期限ギリギリに課題を出し終えた。
このeラーニングを受講できただけでも、この講座、十分にモトが取れたのではないかと思えたほど。

その経験の上に積み上がってくる演習なわけで、期待しない方が間違いだ。
eラーニングでの振り返りをしながら、自己紹介・他己紹介とその意味、ひいてはワークショップそれ自体を考えながら、あっという間の6時間だった。

また、予想通り、参加者の人たちがすごい。
企業でCSRや階層別研修に携わる人、舞台俳優やダンスアーティスト、NPOの人、造形教室やコミュニティーワークを行う人、行政の立場でこどもに関わる仕事をしている人、エコヴィレッジをつくっている人、心理カウンセラー、介護士、中学校の先生や大学生もいる。
自己紹介をずーっと聞いていたいくらい魅力的な人ばかり。

専門性を磨いて地域で活躍する人材を育成するこのプロジェクト、自分にとってのワークショップ、社会にとってのワークショップを問い直す貴重な機会でもある。
明日は実際にワークショップに参加してそれを考えていく。

明日もまた刺激的な1日になりそうだ。

|

« おみやげ | Main | コミュニケーションのカタチ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« おみやげ | Main | コミュニケーションのカタチ »