« うつくしきものめぐりの1日 | Main | 装飾の美しさ、イギリス風暮らし »

February 18, 2009

くじ運がとてもいいのです。

今年はどうもくじ運がとてもいいのです。

年明け、家に帰ってきてみたら、某ビール会社から荷物が。
何かしらと思ったら、応募したことも忘れていた発泡酒24缶セットに当選していたのでした。
また半年以上アクセスしていなかった口座残高をチェックしたらTOTOがいつの間にか当たっていていつの間にか振り込まれていたり(お小遣い程度だけど嬉しい)。
さらには携帯会社の女性向けキャンペーンで、コントレックス1.5㍑が12本届いたり。

なんかくじ運いいなぁ、と思っていたら、ついに大物が!
まだわかりたてなのですが、なんと秋頃にもう一人、小さい人が来ることに。
赤さんはまだまだ安定もしていないし、このままどうなるかもわからないはかない身の上なのですが…、ちょっと早いながらもご報告でした。
早速のつわりに苦しみながら、思い出すのは、はるのセリフ。
赤さん到来判明の一週間ほど前、「ぼくのうちに新しい友達がくるんだよ!小さくなってママのお腹にはいるんだよ!」と不思議~なことを言っておりました。
その時はまさかと思って笑ってたのだけど…。
子どもって不思議なことを感知するものなんですねぇ。

にしても、いや、当たり年って、あるものですね。

|

« うつくしきものめぐりの1日 | Main | 装飾の美しさ、イギリス風暮らし »

Comments

わあ〜!
おめでとうっ。同学年だねえ。
はる君の感性もすばらしい。子供って大人以上に感知するんだろうね。

悪阻、今回は軽めだといいねえ。
私のベイビーちゃんは今、お腹の中で一生懸命動いています。
妊娠、出産って、ホント神秘だよ。
無理せず過ごしてね!

Posted by: しげよ | February 19, 2009 at 10:18 PM

そうなの、どうぞよしなに!
お正月にしげよちゃんのお腹触らせていただいたから、妊娠が伝染したのかも~(笑)
お互い元気なベビちゃん生まれるようにがんばろうね♪

Posted by: zok | February 19, 2009 at 10:34 PM

おめでとうございます!
くじ運がとてもいいのです、から赤さんのお話なんて、
2度読みしちゃいました(笑)
小さくなって入ったお友達に会えるのを楽しみにしています。
まだ寒い日が続いているのでお身体を大事にしてください。

知人から3~5歳の子はお腹に入っていたときの記憶を覚えていると聞いたことがあります。
ちなみにその知人のお子さんは逆子だったそうで、
体育座りをしてみせて
「こんな格好で頭になんか当たっていやだった」
と言ったそうです。
3~4歳の子に妊婦さんのそばで、「どっちかな?」と聞くと
男の子か女の子か当たる確立も高いとか!?
はる君の話を読んで思い出しました。

Posted by: チキ | February 20, 2009 at 12:18 AM

チキちゃんありがとう~
もうご新居に引っ越されたのかな?お忙しくお過ごしでしょう…疲れ過ぎないようになさってね。
さてさて、ごく一般的に、こどもができる確率って、1/400万、なんだって。そんな天文学的な数字を超えてやってくる赤さん。神秘だよね。赤さんが来る、ってこと自体、一番身近にある奇跡のように思えます(なんて殊勝なこと言ってても、いざ育児期に入って少しすると、その奇跡をガミガミ叱ってるんだけどもさ)。
そこに近いから、こどもは不思議なことがわかるのかもしれないね。
近頃のはるの不思議発言はちょっとびっくりするようなのもあり…また近々アップしますね。
もう少ししたら、はるに赤さんがどっちか聞いてみようと思います~(笑)

Posted by: zok | February 20, 2009 at 12:29 PM

遅ればせながらおめでとう!それにしても、はるくんってほんと、不思議な子だなぁ…。言葉の言えないナニカの気持ちが自然にわかってしまうんだろうねぇ。どんな男の子になるのかとっても楽しみ。そして赤さん!また大忙しになりそうだね、どうぞお体大事にね!

Posted by: ゆず | February 24, 2009 at 11:10 PM

ゆずちゃんありがとう。
またまた新入りが来ます、まだはるもご挨拶してないのにどんどん増殖してしまったよね(笑)。そのうちみんなまとめてドンとご挨拶しますね。
幼稚園の同じクラスにも、幽霊がいると言って怖がる子がいるし、子どもには不思議な、なにか生命のあいだに潜むものが、まだわかる子がいるのかもしれないね。
ホント、面白いです。

Posted by: zok | February 25, 2009 at 08:51 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« うつくしきものめぐりの1日 | Main | 装飾の美しさ、イギリス風暮らし »