« たべるひと | Main | 新しい世界へ。 »

February 01, 2009

三度目の…

PCのトラブル、三度目の初期化で、父に教わった「クリーンインストール」を実行。
HDD自体をフォーマットしなおしてOSを入れ直したり、途中電話で指示を受けながら、コマンドを入力してディスク修復したり…。
父がPC回復用のソフトをいろいろ調べてくれ、調子が良くなってからの予防法やどうしようもなくなった際の打開策を送ってくれるのも三度目、ここのところずっと、お世話になりっぱなしだ。

クリーンインストール以来一週間、調子がなかなか良かった。
少なくともブルースクリーンになったりしないし、それ以外の目立ったトラブルもなく、円滑に進められていく。
たまたまPCを活用するシーンも少なくて、メールの送受信と小説に少々手を入れる程度、あとは特定のサイトのチェックくらい(なにせ度重なる初期化でブックマークのデータも消えたものだから)。
PCへの負担も少なくて済んだのかもしれない。

新しいPC購入もやむを得ないと考えてたけど、この様子なら、もう少し大丈夫かも…?

と思っていた矢先。
妙に筆が進んで夜中まで小説に手を入れていたら…
突然不吉な音とともに最悪のアラートが!
一瞬だけの表示だったから内容もはっきり覚えていないが、「深刻なディスクエラー」で保存できずにデータが消えたという。
なあに、word2003にはこんなときのために自動バックアップがあるのさ、と安穏と構えていたら…バックアップファイルは一緒に消え、こういう時のために用意された非常用保存システムらしきものが立ち上がる。
しかし編集していた画面は白紙で、非常用保存システムのプレビュー画面に表示されるのも白紙ばかり…それでも必死に、エンコード言語を変えながら保存を試みたが、いずれも最後に保存出来なかった旨が表示されて、とうとう編集画面もろとも消えてしまった。
フォルダを開いてみたら、ファイルごと、消えてしまったようだ…

バックアップファイルは残っているものの、一週間前のもので、文字数にして6000字がない状態。
焦ってネット上を探しまわり、まずはマイクロソフトの公式サイトから対処法を何通りも試し、次にデータ復元シェアソフトの体験版でディスク内の状況をチェックし、血眼で探し続けた。
最終的に、Yahoo!知恵袋で見つけた同じ内容のエラー対処法から、フリーのデータ復元ソフトを見つけ、トライ。
数行は失われていたものの、被害も最小限でとどまったようだ。

今回学んだのは次の2つ。
ひとつ目は、一度壊れたPCには心を許してはいけないこと。
ふたつ目は、諦めずにもがくだけもがくと、うまくいくケースもあること。
「これでダメなら諦めろ」の方法でNGが出ても、たまたま往生際が悪いのが幸いしました。

たまたま昨日なにかで読んだのですが、脳というのは、ダメだと思ったら思考がそこで停止してしまうのだそうです。
解決策があるに違いない、と思うと非常に活性化する。
実体験でそれを学んだ気がしました。

肝を何度潰したら、PCは治ってくれるのでしょう…

|

« たべるひと | Main | 新しい世界へ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« たべるひと | Main | 新しい世界へ。 »