« おとなのクリスマス | Main | 雪山へ… »

December 29, 2008

こどもとクリスマス

こどもとクリスマス
こどもとクリスマス
こどもとクリスマス
こどもとクリスマス
クリスマスイヴ、我が家では朝からこどもたちとクリスマスの準備を楽しんだ。
まずは、サンタさんが来てくれるように、部屋のおそうじから(笑)。

クリスマスケーキを焼いて、今年初めて挑戦したローストチキンの準備、クリスマスパスタとサラダをつくる。

*クリスマスサラダ
スライスしてサラダに混ぜる予定だったラディッシュ、ふと思いついて、サンタにつくってみた。
ラディッシュを角度をつけて削ぎ、黒ごまで目をつける。
白ヒゲは思い浮かばなかったので、海苔で東洋風の(プリングルズ風?)ヒゲをつける。
そうやっていたら、グリーンサラダにもついつい手をかけたくなって、ツリーに見たてて遊んでみた。

*クリスマスパスタ
先日いただいた可愛らしいクリスマスモチーフのパスタ。
チーズとブロッコリーのソースでつくったら、この日一番の人気メニューに!
さあやも両手でつかんで、せっせと口に運んでいた。

*クリスマスケーキ
何味にしようか悩んで(レーズンやナッツを入れたいけど、そうするとはるが絶対食べないので)、フードプロセッサーに板チョコ、レーズン、シナモン、ココアパウダーをいれてペーストにしたもので、平たいパウンドを焼いた。
そこにはるがチョコ味のホイップクリームとクリスマス飾りで飾りつけをする。
仕上がりは、(思いつきの割に)なかなかのお味。

*ローストチキン
そして、今年の初挑戦。
市販の、皮がプルプルで甘めのソースをからめたチキンは得意じゃないので、塩味の、皮パリパリを目指して、仕込みをした。
よく洗った丸鶏を、沐浴させるみたいに塩を擦り込み、
冷蔵庫で少し寝かせる。
その間にスタッフィングを準備して、鶏のお腹に詰め、全体に油を回して、オーブンで一時間じっくり焼きあげるのだ。
レシピは母に聞いた。
母がアメリカで覚えてきた、私の実家の懐かしい味。
あの時の弟と同じくらいの自分の子どもたちに今度は私がつくる番。
いつの日か、さあやに伝えて、引き継いでいきたいハレの食べ物。


楽しい夜は更け、サンタが世界中の空を駆け巡る。
ハレルヤ。

|

« おとなのクリスマス | Main | 雪山へ… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« おとなのクリスマス | Main | 雪山へ… »