« 風神雷神に会いに。 | Main | ハロウィン! »

October 24, 2008

博物館で。

博物館で。
博物館で。
大琳派展、はるは大興奮。
風神雷神が、この日は光琳、抱一、其一の3点(宗達は28日からなのだそう)。
それぞれ雷神と風神を、ちょこまか行ったり来たりして見比べる。

お顔がちょっとずつ違うんだよと教えると「風神、つのがあるね」と返ってくる。
其一のリアルな風神雷神図は「ずいぶんこわいお顔だねぇ」「これ襖だよ」とすかさずチェックしている。

大型展、大人でもヴォリュームを感じる展示だけど、途中でぐずることもなく全部見てきた。
「ぼくお花もすきなんだよ」なんて言いながら屏風の花々を「たんぽぽ組、あさがお組、ばら組…」と幼稚園に置き換えている(笑)。
鹿や象を見つけると「動物園にいたね」と思い出話をしたり、「あれは獅子っていうんだよ」と教えると別の作品で「獅子だ」と目ざとく見つける。

一番好みはやはり、風神雷神図屏風なのだけど、杉戸に描かれた宗達の象と獅子もお気に召したよう。
意外だったのが、印籠に興味を示し、欲しがったこと。
赤い実がつけられた、光琳×羊遊斎の印籠が気に入ったらしい。
理由がふるっていて、「さくらんぼが上手に描いてあるから」。
身近なものに引き寄せて、四歳なりに鑑賞しているのが面白かった。


はるはミュージアムショップでこの日なかった宗達の葉書を選んだのだけど(目慣れているせい?)、図録で顔がアップになっているのを見比べると、抱一の風神が好きなのだそうだ(陰影があっさりしていて一番マンガちっくかも?)。

展示会場を出るなり「面白かった!」と満面の笑顔。
そして「風神雷神、ぼく、カンドウしたよ!」なんて、しみじみ言ってくれちゃうのです。
感動、なんて、どこで覚えてきたヴォキャブラリーなんでしょう。
まこと母親冥利に尽きます。

家に帰ると、さあやにいそいそと風神雷神を見せて「どれがすき?」。
さあやがこんな会話に混ざりはじめるのは、いつのことでしょう。

|

« 風神雷神に会いに。 | Main | ハロウィン! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 風神雷神に会いに。 | Main | ハロウィン! »