« 幼稚園の洗礼。 | Main | 革命は起こった、突然に。 »

June 25, 2008

枇杷の実

枇杷の実
あめふりの土曜日、廊下が賑やかだった。
夕方前の、影がにわかに濃くなってきた頃合いのこと。
集合ポストに郵便物を受け取りに行く途中、私の姿を認めたご近所さんに呼び止められた。
「あのね、となりの棟の階段そばに、枇杷があるよ。ご自由にどうぞ、って!」
早速傘をさして行ってみると、ざるに山盛りの枇杷!
階段そばにはまだまだたわわに実をつけた枇杷の木が、やわらかな雨に打たれていた。
20年以上前、そこに入居していた方が、枇杷の種を土に埋めたら、そんな大きな実になったのだそう!
今まではその方が収穫されてご近所に配っていたのだけど、引っ越された今年、子育て中のママたちが収穫を引き継いでくれ、同様に子育て中ママたち中心に、「どうぞ」と声をかけてくれたよう。
伝えられたママたちからまた、ご近所さんへ――。
「冷蔵庫で冷やして食べるとおいしいです」という親切なメッセージも添えられて。
好意が好意を生む、素敵な伝言が伝わっていく。
一昔前のご近所さんって、こういう間柄だったんじゃなかろうか。
雨にじんわり優しさの滲む夕刻、気持ちがとても晴れやかになる。

|

« 幼稚園の洗礼。 | Main | 革命は起こった、突然に。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 幼稚園の洗礼。 | Main | 革命は起こった、突然に。 »