« 子どもの日 | Main | 入園決定! »

May 09, 2008

似たものどうし。

Sa3b0053最近、さあやの髪が「あるもの」に思えて仕方ない。
はるも、髪が伸びると尖ってきたものだけど、さあやは癖毛がそこに加わるので、尖り方にも流れが出てくる。
そうすると…
私にはどうも、仏像の光背のように、思えてならないのです。
(※光背:仏像が背中に背負っている、あの光のような火炎のような、きれいな細工を施されたもののこと)
あるいは、縄文時代の火焔型土器にも通じて見える。
日本のふるい神様のお名前から音をいただいたせい…でもないのだろうけど、なんだか私がイメージしていた「古風」「和風」の時代よりも、遡っているような…。

これで尖らなかったら、ルネサンス絵画の天使みたいな巻き毛なんだろうに。
ほんの少しの違いで、大きな差が出てしまうものです。
「天使みたい」と言われるのと「仏像みたい」「火焔型土器みたい」と形容されるのとでは、「かわいらしさ」の質に大きな違いが生まれるような気がします。
まだ本人はわからないから、まあいいか。
(将来すき放題言っていたことが知れて、反抗期を呼び覚ますタネになったりして)

これでちゃんと伸びてきたら、ふわふわのウェーヴになるのかしら、とちょっと楽しみ。
はるは、つんつんに尖っていたけれど、今は基本的に直毛で、伸びてくると毛先が少しカールする、いわゆる猫毛のよう。
さあやは、どうなるでしょう。

|

« 子どもの日 | Main | 入園決定! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 子どもの日 | Main | 入園決定! »