« あかしゃん。 | Main | サンタはいない。 »

December 24, 2007

クリスマスにほしいもの。

とうとう、クリスマスイヴがやってきた。
結局家の飾りつけもしないまま。
クリスマスらしいものは、友人達からいただいた素敵なプレゼント、という幸せな我が家だけれど、今年は私も四川先生も、風邪気味でマスク着用中。
そして主役のはるは寝込んでいる。

それでも、本人は「サンタしゃん、来るのよ!」と楽しみにしている。
「いい子」「悪い子」という概念がまだないせいだろうか、必ず来ると信じているこどもの目を見ていると、自分の中にはもうない、とっても大切な宝物を一緒に見せてもらっているような気になる。

ちなみに、「サンタさんに、なに持って来てほしいの?」と聞いたら、先日お友達が持っていた「ちいさい白いバス」とのこと。トミカのミニカーのことだ。
「あのね、はるちゃんね、白いバス、ちいさい白いバス、ほしいの」と目をキラキラさせている。
…欲がないというか、目の前のものに突進する性質というか…。
でもたしかに、このくらいの子に「クリスマスだから、少し高級な玩具をねだろう」なんて打算はまだないだろう。
ハレとケの違いなんて、まだしっくりこないだろう。

私が子どもの頃、クリスマスは親戚中から玩具をいただいた。
その日は、お正月の前夜祭のような感じで、近所の親戚が集まって夕食をともにしていたから、いとこ達はじめ私や弟もふんだんに玩具をいただいた幸せものだった。
シャンメリーにローストチキン、いつもは8時に寝せられていたけれども、お祝いの日に限ってはいつまで起きていてもいいのも嬉しかった。

小学校の2年生くらいの頃だったろうか、そのクリスマスイブの日に高熱を出して、病院に入院したことがある(いつか、ブログにもこの話を書いたような気がするが)。
病院ではヨウレンキンカンセンショウ、と言われたのではなかったろうか。
それで近所の病院に1泊2日して点滴漬けだったのだけど、その時は大真面目にサンタクロースは私が入院していても家に来るか、それとも病院にやってくるのか?と悩んだものだ。
(こども用の綿飴製造機だったか、ポップコーン製造機だったか、そんなものがどうしようもなく欲しかったのだった。)
…その時にはすでに、常々のおねだりとクリスマスのおねだりの違いが私の中にはあった。
「打算」なんて、いつ頃生まれるのだろう。
今後のはるが、その答えを導いてくれるに違いない。

その病院で迎えたクリスマスの夜。
暗くなると雪が降ってきて、病院の窓の外に見える家の屋根が少しずつ白くなっていった。
同室の患者さんはおばあさんが多くて、クリスマスに一泊入院する私にひどく同情してくれ、クッキーやらみかんやらを皆さんにいただいた。
母が帰ってしまうと、心細かった。
家でパーティが開かれていると思うと、なおさら、淋しかった。
でもその時は強がりを言ったのを覚えている。
だから、本当はその夜に、サンタが病院に来てくれたらどんなに嬉しいだろうと思った。
(煙突が焼却炉以外についていないのを非常に気に病んだりした)
実際、サンタは来なかった。
翌朝はやく来てくれた母が、サンタさんが家にプレゼントを置いていったと教えてくれた。
その時、サンタが来たと聞いたのは嬉しかったけれども、少し裏切られたような気持ちになって、なぁんだ、と思った。もしサンタが本当に子どものことを考えてくれるのなら、きっと病院に来てくれたろうに、と。

クリスマスは、子どもが素直に「ちいさな奇跡」を目に出来る、貴重な機会だと思う。
そんなちいさな奇跡の積み重ねが、想像力の翼となり、将来大きな糧になってくれるに違いない。
はるがねだる玩具が、「ちいさい白いバス」から何になっていくのか、これから迎えていく幾度かのクリスマスも楽しみに思える。
ちいさな奇跡はいつしか現実的な欲求に変わっていくだろうけれども、「誰かを幸せにしたいと思う気持ち」を経験から育んでいってくれたら、どんなにか嬉しいだろうと思う。

今年も、その素敵なキモチを育んできた友人達から、素敵な贈り物をいくつもいただいた。
(本当に、どうもありがとうございました!)

みなさん、ぜひ素敵なクリスマスをお過ごし下さい!

|

« あかしゃん。 | Main | サンタはいない。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« あかしゃん。 | Main | サンタはいない。 »