« 豆漿だいすき。 | Main | 太公望のいちにち。 »

October 06, 2007

こどもの感性。

Sn390254来年開催される北京オリンピックのマスコット、5体がかわいい、というお話、以前にもご紹介しました。
その頃は言葉が満足に話せなかったはるも、近頃はとても達者に「はる語録」更新中。
おしゃべり上手になったはるが、このマスコットたちに対しても面白いことを言い出したので、再びご登場願った次第です。

「ペイペイ」、「ヂンヂン」、「フアンフアン」、「インイン」と「ニー二」。
それぞれ、魚、パンダ、オリンピックの聖火、チベットカモシカ、ツバメなのですが、はるにとっては、違って見えるよう。
左から、「あおいちょうちょ」「かぶとむし」「てんとうむし」「はち」「ばった」なのだそう。
はるがそう考えるのに至ったのには、色彩が関係しているようなのですが、たしかに、そう言われてみればそういう感じも(パンダはちょっと難しいけど?)してきます。

こどもの感性って、面白い!
とつくづく思いました。
こどもの自由な目に、想像力を失いつつある大人として、いろいろ教わっているような気持ちになります。
こどもは偉大だな。

|

« 豆漿だいすき。 | Main | 太公望のいちにち。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 豆漿だいすき。 | Main | 太公望のいちにち。 »