« 上海旅手帖/上海工芸美術館 | Main | 上海旅手帖/グルメ編 »

October 18, 2007

上海旅手帖/骨董の街

Sn390431通りひとつに、骨董店がひしめき合う場所、東台路に、せがんで連れて行っていただいた。
骨董市、というのにはどうにも心弾む。
目利きなわけではないし、骨董にはまるほどの才覚も財力も持ち合わせているわけではないのだけど、「なんだか面白いもの」に出会ってしまう確率が高い場所だからに違いないと思っている。

お目当ての品は、ないわけでもない。
上海美術館で見て気になった、風水盤。
それから、以前北京の琉璃廠で見て以来、惚れ込んでいる鼻煙壷。
こと鼻煙壷は、その後あちこちで見たけれども、内画鼻煙壷でもキッチュなお土産品的なものばかりで、琉璃廠のMr,Xuの作品のように繊細な画というのはそうそうない。骨董ならどうだろうかと、ほとんど探偵気分だ。

Sn390435Sn390436この日見つけた中では、古い時計がかわいらしかった。
懐中時計だろうか、そう古くもない品だろうけれど、なんだか懐かしいような情感。
それに、毛沢東が1秒ごとに手を振る(!)面白い仕掛けの時計。
誰かジョーク好きな人に、お土産にしたい!と思えたお品(結局、思い当たる人がなかったので、買わなかったのだけれど…)。他にも、「毛沢東語録」という実在の本をモティーフにしたライターがあったりして、とても面白かった。

他にも、小さな飾り棚やら硯、大きな等身大の馬の銅像(?)等のほか、面白い品がたくさん!
フランスの蚤の市も大好きだったし、鎌倉の骨董市もお気に入りだけれど、中国の骨董街もまた面白い。
結局、鼻煙壷はピンとくるものがなく、風水盤は小ぶりのちょっと気の利いたものがあったので、四川先生にプレゼントした。歴史や風水などにもともと興味のある先生、「これを機に風水を勉強しなきゃ」と喜んでくれた様子。

Sn390433ところではるは…
渋い趣味は、両親似でしょうか?
一角に佇んで、人形を眺めておりました。
こんな小さなうちから、骨董街などに一緒に出歩いていたら、きっと面白い大人になるだろうなぁ…と思うのだけど?

|

« 上海旅手帖/上海工芸美術館 | Main | 上海旅手帖/グルメ編 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 上海旅手帖/上海工芸美術館 | Main | 上海旅手帖/グルメ編 »