« 日中妊婦検診比較。 | Main | パンは麺です。 »

September 11, 2007

トンペリ事件。

イタリアンレストランで、食事をした。
輸入品を扱うデパートの一角にある店には、西洋も多く集う。
中国語と英語が入り混じり、一瞬、どこにいるのかわからなくなるほどだ。

四川先生は中国語で、私は英語で、はるははる語でそれぞれオーダーを通す我が家のテーブルだけを見ても、ちょっとインターナショナルだ。
ランチのコースは2品で1500円、3品で2000円弱。
せっかくだからと3品の方を頼むことにした。
さてそこで四川先生、アペリティフにシャンパンをご注文。
銘柄は何だ、と訪ねると、店員があっさり「ドン・ペリニヨンです」と答える。
もちろんグラス1杯での注文だが、価格は1000円ほどとのこと。
私が頼んだ、サンペレグリノという発泡性ミネラルウォーター750mlが約800円。
中国マジックか何かなのだろうかと驚いたが、先生はもちろんご満悦の様子。

先生は、ルッコラとブルスケッタの前菜、スモークチキンのタリアテッレ、ローストラムを食べる。
私は、ルッコラのサラダ、シェイプドパスタのカポナータ、鴨胸肉のカルパチオを食べる。
はるは、サラダの上に載っていた自家製ポテトチップと、パスタについてきたパルメザンチーズ(ひと壜まるまる)をおかずにして、フォカッチャを2枚半も食べた。もちろんデザートの、はちみつのアイスクリームも忘れずに。
料理は美味しかったし、日本料理・中華料理以外のものを食べるのは久しぶりだったので、嬉しかった。
はるが大人しく食事してくれた快挙も手伝って、いい気分で食事を終えたのだ。

そんな日に限って、事件は起こるものだ。

家に帰ってくるなり、先生は、お腹が痛いと言い出した。
このお腹の痛くなり方は前にもあった、○○で北京ダックを食べた時だ、というのである。
その北京ダックを食べたときを思い出してみると――その時にも、スパークリングワインを飲んでいたことに行き当たった。
スパークリングワインに否があるかどうかは定かではないが、一旦疑い出すと、ドンペリ1杯が1000円というのは、どう~にも怪しい。
翌日にちょっとハードな予定を控えている先生は、脂汗を流しながら腹痛に耐えていた。
きっと彼はもう、スパークリングワインを金輪際飲まないだろうと思う。
特に、ドンペリは。

(後日談)
事件からしばらく経ったけれど、やはりあれ以来スパークリングワインに手を出していない、先生である。
あれはきっと、ドンペリじゃなくて、「トンペリ」だったろう、と彼は思っている。

|

« 日中妊婦検診比較。 | Main | パンは麺です。 »

Comments

ブログ復帰おめでとうございます!
ファンとしてはうれしくて仕方ないです。
くれぐれも無理なさらない範囲で、ぜひこれからもブログアップしてくださいね。

しかし1000円でドンペリとは凄いですね。
うちの夫だったら1杯では済まず、四川先生同様腹痛に苦しんだことと思います・・

Posted by: kaname | September 11, 2007 at 09:52 PM

kanameさんこんにちは!
おかげさまで、ようやく重い腰をあげられました。

ドンペリと言っている割に、ボトルを見せたりもしないし、既にフルートグラスに注がれた状態で持ってきていた時点で、ちょっと怪しかったかもしれません…(笑)

帰国後は、ぜひご主人様もご一緒に、本物のシャンパン飲みましょうね(笑)!

Posted by: zok | September 12, 2007 at 06:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 日中妊婦検診比較。 | Main | パンは麺です。 »