« 大陸スケール。 | Main | 河元? »

June 10, 2007

オカイモノの楽しさ!

ホテルで一休みして、近くのショッピングモールに出かけた。
世界中の一流ブランドが軒を連ねている、輸入品の多いモール。
値段はやはり、日本と変わらず高い。
LOISVUITTONの袋をいくつも下げた中国人のおじさんが出てきたり、LOEWE、MAX MARAなどの袋を抱えたチャイナ・ビューティーが歩いていたり。客層としては若い女の子やカップルが多く、みんなファッション誌から抜け出てきたようにオシャレだ。

そのビルで、私達が直行したのが、スーパーマーケット。
大人はまあいいとしても、子どもの健康や安全性を考えると、近頃何かと話題の多い中国製品に比べ、ある程度輸入食品に頼らざるを得ないのが実情だ。
幸い、このお店には、世界中あらゆるところから集められた食品が数多く並んでいた。
日本語が書かれている製品も多いのだが、日本語だから日本製品というわけではもちろんなく、台湾ブランドだったり、中国ブランドだったりする。
なので、まずラベルで産地を確認してから、購入候補に入れるのだ。

ある一角には見慣れた製品が並んでいた。
Sn390018これらは全部、日本から輸入しているらしい。
パッケージはそのままで、後ろに中国語で原材料や賞味期限を表記したシールが貼ってある。値段はだいたい倍値~程度。
カップラーメン「ラ王」が800円~900円くらいだった。
一番高いのが、インスタントコーヒー。
ポリフェノール入りの、一番小さいビン(ちょっと大きなジャムの壜くらい)で、1300円!
Sn390019中には、こんな製品もある。
コアラのマーチの中国版、「小熊餅」。
名前がなんとも可愛らしいではないか!
これらは、ブランドこそ日本のブランドだけれど、中国で作られているもののよう。
パッケージも中国語で印字されている。
一応日本製の元祖「コアラのマーチ」も輸入品として販売されているのだけど、中国製の方が味のバリエーションがいろいろある。日本では見かけたことのない味がいくつもあった。中国向けにマーケティングして作られているのだろう。
そんな「日本ではみかけない」味のある日本ブランド製品は他にもあり、例えば日清のカップヌードルなどもそうだった。スタンダード味はなく(!)、シーフードは見かけたことがあったけれど、その他とにかくずらりと見たことのない味ばかりがあって面白い。
麺の本場だけに、一風変わった味わいが多い。

Sn390021「午後の紅茶」は、特別コーナーができていて、ある一角全てがこの製品だった。
中国名は、「午后紅茶」。
壁に大きく書かれた中国語キャッチフレーズを四川先生に読んでもらうと、「とてもクオリティの高い味」というようなことが書いてあるそうだ。
しかし…写真を良くご覧下さい。
一部、缶がボコボコなのにお気づきでしょうか(笑)。
このおおらかさがまた、中国!という感じがして、面白い。
Sn390022続いてはビール。
日本ブランドでは、キリン、アサヒ、エビスなどがある。
特にアサヒは、中国で製品を作っているらしく、比較的安価(他の輸入ものの半値程度)で手に入る。
スーパードライが大体一本120円くらい(日本で買うより安い?!)。
輸入ビールが1本200円~500円くらい(銘柄によって差がある)。
国産品はもっと安くて、1本が50円くらいで買える。

全く予想もしなかった面白さに出会えるのが、スーパーの楽しいところ。
インスタントコーヒーのコーナーでは「アイルランド味。」という中国製インスタントコーヒーに出会い、どんな味が想像するのが楽しい。
ただし、パッケージがとても大きいので、試しに買ってみるという冒険には出られない。
ホテルサイズのティッシュボックスくらいの大きさがあるのだ!
どうもコーヒーとアイルランドが、結びつかない。
ビールなら、ああギネス黒ビールか、などと予想もつく。
しかし、コーヒーで特徴があるというと、どうしても「フレンチロースト」「イタリアンエスプレッソ」などのイメージ。
どなたか、アイルランドのコーヒーをご存知でしたら、ぜひ教えてください!

|

« 大陸スケール。 | Main | 河元? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 大陸スケール。 | Main | 河元? »