« 中華料理のすきなもの。 | Main | 漫画のような! »

June 27, 2007

中華料理のルール。

北京に長く滞在していた方々から伺って、事前に心構えをしていた「中華料理のマナー」。
それは、お皿やお箸を拭くこと、です。
レストランで出された取り皿などは、自分で拭くのが基本。
もちろんティッシュ等は置いていませんから、持参するのがフツウ、とのこと。
Sn390074マンションの近くにある中華料理屋さんでは、箸袋の中に親切にウェットティッシュも添えられていました。
ここは割合綺麗な食堂で、入り口には民族衣装らしい服装のお姉さんも立っています。
が、お値段の方はぐっと庶民的。
5元(約80円)~200元(約3500円)の豊富でバリエーション豊かな中国各地の一品が食べられます。

こちらでは、ある程度のコストを必要とする料理屋さんじゃないと、衛生的に不安があったりするそう。
いわゆる庶民のフツウの食事にもとても興味があるのですが、やはり食には安心が一番大事。
「まあまあのお値段」目のレストランを探して歩きます。
北京在住の日本の方に教わるのが一番安心ではありますが、自分の足で探すのもまた、面白いもの。
帰国までには「隠れた名店」のひとつも、見つけてみたいものです。
(そうそう、興亡が激しいのも北京グルメ界の特徴だとか。いい!というお店のデータベースがあるとすると、半年で5割は入れ替わるんですって!)

|

« 中華料理のすきなもの。 | Main | 漫画のような! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 中華料理のすきなもの。 | Main | 漫画のような! »