« 台湾料理に夢中。 | Main | 旅の友。 »

June 14, 2007

本屋さんの一角で。

WAL★MARTという、米資本のスーパーマーケットの本屋さんコーナーは、とても面白かった。
幼児用から大人用まで、そんなに大きなスペースではないのだけれど効率よく本を配置している。
お世話をしてくださっている方に伺ったところ、売れている本の内容は、健康や料理、ダイエット、風水など。
そしてこれらの「売れ筋」の本は、一般の本に比べると価格が高めに設定してあるという。
ためしに風水の本を手に取ってみたら、450元という値段がついていた!
およそ8000円くらいといったところか。

それだけの値がついても必要なくらい、風水には皆興味があるのだろうか。
風水本のおいてあるエリアは書架の上から下まで風水の本。
内装、外装、Q&A集他、いろいろな出版社がこぞって風水本を出している。
「風水は強く信じられているのですか?」と聞いてみると、通訳してくださっている20代半ばくらいの中国女性の答えは、「信じている人は多いです。特に南の方。香港や広州の人たちが熱心です」。
北京は?と重ねて問うと「北にはあまり強い気がありません」との答え!
すごい、風水がちゃあんと根付いているではないか。
日本では今風水がとても人気で、風水手帳なるものも売り出されており、若い女性がそれで毎日開運のため(とくに恋愛運や結婚運)熱心にしている傾向があるのだというと、彼女は「私も毎日、YAHOO!JAPANの占いを見ています!」とのこと!

健康については、台湾の林氏という新しい健康の考え方の提唱者のものが人気があるそう。
そのほか、案内をしてくださった中国女性2人が手に取っていたのは、「東京一人旅」というタイトルの、中国女性が東京に一人旅した様子(であったさまざまなトラブルなどふまえて)面白いイラストエッセイ。
面白くて、今とても人気があるのだと言っていた。
著者は日本人のようなのだけれど、もちろん全部中国語。
イラスト入りなので、状況も分かりやすいし、「…東京砂漠…」と書かれていたり、私も結構楽しめた。

Sn390016幼児用のコーナーでは、知育本の多さに驚く。
こどものための本も、古典を簡略化したものが多く見受けられ、驚いた。
説話のほかに詩経、歴史書などもあり、いかに中国が自国の文化を誇りにしているかがわかる。
とても素晴らしいことだと思った。
この本は、小学校の教科書風?
伝統的な製本に、うっとりと見入った。

さて。
その横に。
面白いものを発見。
Sn390047_1明らかにこれは、某社のキャラクターを意識しているかに思われるイラストレーション!
このおおらかさが、私には結構たまらなくなってきていて、見つけるたびに嬉しくなってしまう。
試しに手にとってみたが、低年齢向けにはピンイン(読み方)がルビのようにふられていて、高年齢向けにはピンインがなく長文でどわーっと文章が書いてある。
高校時代の漢文の授業がもっぱら睡眠時間だった私には、あののどやかな窓辺の席に降注ぐ陽光を思い出させ、思わず目がとろんとなる。

Sn390052結局、それぞれの戦利品はこちら。
四川先生は『経済学的哲学』。やはり寝ても醒めてもこれが一番のよう。
私は『本草綱目』。江戸時代に和訳された薬草書。和訳本をずっと探していたのだ。原語版はわずか200円という値段に驚愕!
はるは『動物百科』。どこに行くにもこれを持ち歩いている。

Sn390046_0001そうそう、本屋さんの向かいのコーナーでは、ちょっと素敵な炊飯器が売られていた。
このデザイン、伝統的な中国建築・四合院造りのおうちの中でも、雰囲気に合いそうでしょう?
なかなか重量があるのでひ弱な私は諦めましたが、できることなら日本に持ち帰って使いたいほど…!
素敵です、中華デザイン。

|

« 台湾料理に夢中。 | Main | 旅の友。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 台湾料理に夢中。 | Main | 旅の友。 »