« 女性と果物。 | Main | いちばん昼が長い日。 »

June 21, 2007

龍のふね

Sn390059先日は、「端午の節句」でした。
こちらはお祭りが旧暦で行われるらしく、街のいたるところに粽をみかけました。
これは、フランス系のスーパー「カルフール(家楽福)」の入り口に飾られた、龍の船。

端午の節句といえば、日本では鯉のぼり、兜、武者人形、粽…などが思い浮かび、男の子の成長を願うお祭りです。
また、もともと中国から日本に伝わってきた風習としては、厄病避けのお祭りでした。
だからきっと、これも「厄病避け」の一種かと思ったのですが…違いました。
川にこの龍の舟をいくつも並べて、競争するお祭りなのだそう。
粽を食べることしか、一緒ではないようです。

その他にも、街のあちこちでイベントが行われているらしく、家の近くのスーパーマーケットの入り口では、4日間ほど特設ステージができていて、イベントが行われていました。
アイスクリームの宣伝も兼ね、中国のアイドルらしき人(たぶんアイドルの卵)がノリノリで歌っていたり。
おばちゃんたちがセンスを振ってパラパラよろしく踊っていたり。

もともとお祭り好きの私は、部屋にいても聞こえてくる祭りの喧騒が楽しかったですが、仕事中の四川先生にはこれほどのダメージはありません。
しかもその賑やかさは、連日夜21時まで続くのです。
日本なら夕方には終ってしまいそうなのに?!朝からずーっとぶっ続け、切れ間もありません。
やるならとことん、という主義なのかしら。

|

« 女性と果物。 | Main | いちばん昼が長い日。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 女性と果物。 | Main | いちばん昼が長い日。 »