« 無力感。 | Main | 帽子にかぶられる。 »

June 03, 2007

泣きたい出来事。

泣く、と聞いて、思い浮かべるのは、一体何でしょう?
大の大人が泣くのは、親しい人との別れの場面か、悔しい時、嬉しい時でしょうか。
昨日、私はとても泣きたくなりました。
大の大人ですが、注射で。

昔から私は注射が好きな異様な子どもで、特に注射した瞬間に、注射器に自分の血液がぴゅっと入って、小さな粒粒になって再び血管に押し流されていくのを見たりするのが、ちょっと楽しくて好きでした。
そんな話をすると、「変わり者」のレッテルばかりを貼られ、いまだ同好の士とはめぐりあっていないのです。
恐らくは、小さいときによく点滴や注射のお世話になったから、このような性質が育まれたのでしょう。
麻酔の注射は、普通の注射に比べて痛いけれど、それでも大丈夫。
その、注射好きの私にも、苦手なものがありました。
昨日それに気づいたのです。
予防接種。

どうして予防接種は、普通の注射に比べて、何倍も痛いのでしょう?
注射で涙ぐんだなんて幼稚園以来。
そして接種した翌日の今日も、まだまだ、痛いのです。
ああ、にっくき予防接種。
高いお金を出して痛い思いをする。
健康とは、お金のかかるものです。

|

« 無力感。 | Main | 帽子にかぶられる。 »

Comments

私も注射、好きよ!(笑)

Posted by: ゆず | June 04, 2007 at 11:22 PM

初めて会った(笑)!
実はこんなに身近に同好の士がいたのね(笑)!!

Posted by: zok | June 05, 2007 at 10:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 無力感。 | Main | 帽子にかぶられる。 »