« 夜もきれい。 | Main | 憧れシルク。 »

June 18, 2007

北京晴れ。

日本は入梅だとか。
からっと晴れ上がり、透き通る青が天を覆う「日本晴れ」が、だんだんと恋しくなる季節でしょうか。

こちら北京に来てから、雨は一滴も降りません。
毎日晴れか曇りです。
からっとしていて過ごしやすくはあるのですが…暑さゆえか、早くもクーラー病の気配。
Sn390065北京の町の中、いたるところで建設工事を見かけます。
とくに高層ビルの多さと、その大きさには全く驚かされるばかり。
晴れの日であっても、天の高みに至るまでは空の青さえおぼろ気に見えるのは、建設工事による粉塵と黄砂の一種の影響のよう。
長く滞在している方の話によれば、黄砂が吹く日は、町全体が黄色がかって見えるんですって。
黄色のヴェールを纏った都市…ハマグリが吐く蜃気楼に似て、それはそれで美しいかもしれません(萱の外から見ているならば)。
四川先生いわく、「街のすぐ近くまで砂漠がせまっているからね。風に乗っていくらでも飛んでくるよ」。
実際、日によって、街が霞んで見える度合いが違います。
とても粉塵の舞う日は、こんな感じです。
Sn390040ね。
結構、ヴェールが濃いでしょう。

今日は月曜日ですが、昨日おとといに比べて、やはりヴェールが濃いよう。
渋滞と関係があるかもしれません。
月曜日、仕事が始まって車が一度に街に出てくるから、廃棄ガスや粉塵、工事の影響その他もろもろ、街を朧に包みあげているのでは。

Sn390064上の建設中の写真から、少し角度をかえると、昔ながらのこんな街並みがあります。
日本も今「格差社会」と大きく言われているところですが、こちらの経済格差は想像以上に大きいように思います。
例えば一人ン万円~という料理屋さんから少し裏手に回れば、100円ほどでお腹いっぱい食べられるお店があったり。
この写真を撮った場所は、今北京で一番高いビルからなのですが、そのすぐ隣に、こんな昔ながら(?)の暮らしがある。いつかこの区画も、大きなビル郡に変わってしまうのかもしれませんが。

オリンピックに向けて、今年中だったか今年度中に、全ての工事を終らせるという話を聞きました。
空気清浄のためなのだそうです。
日本で聞いた時はまるで実感がわかなかったこれらの話、暮らすようになってよくわかりました。
「北京晴れ」、来年は美しい青空かもしれません。

|

« 夜もきれい。 | Main | 憧れシルク。 »

Comments

格差社会にすごく共鳴します、日本よりずいぶん大きいです。
北京の生活が楽しみください。


Posted by: hanseihi | June 18, 2007 at 09:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 夜もきれい。 | Main | 憧れシルク。 »