« 峠を越えて。 | Main | パパ、ママ、なっとう。 »

May 17, 2007

裁縫熱、収束へ。

070516_005901熱もようやく下火になりつつあります。
別の予定が入ってきたので、そちらに注力するよう、気持ちを切り替えるためです。
私はとても不器用なので、一度にひとつのことにしか気持ちを向けられません。
裁縫熱はしばしお休みをして、次にいかねばならないときが来たようです。

そこで。
一旦しめくくりとして、旦那さんのヘンリーネックのTシャツを作りました。
紺色にカメの形がぽつぽつある、ダブルガーゼの生地です。
とても気持ちの良い肌触りで、作っている私も心地よいもの。

今回の裁縫熱で、学んだところがいろいろとありました。
まず、メンズでは、一旦形を作ったあとに、旦那さんに合わせて微調整が必要だということ。
(水色のシャツの時には頭が入らなくて、結局前身頃の開きを広げたし、今回のヘンリーネックのシャツでは、首元が苦しそうだったのでボタンの位置をずらしたり)
男性の体形というのは複雑なんだなぁと改めて思いました。
慣れ親しんだ自分の体型なら、経験値からそれに合わせた最適な型を探したりできるけれど、旦那さんやはるには、一旦作ってみて着せてみないと、まだつかめません。
これも、地道に経験を積んでいくしかないのかしら。
それから、やはり天然素材の肌触りの良さ。
人は、肌から敏感に多くの感覚を感じ取っていると気づかされることでもありました。

さて。
生地屋さんのセールでまとめて購入してしまった大量の布をどうするか。
今取り掛からねばならないことが一段落したとき、また裁縫をする気になれるのか。
こればっかりは、まったく、裁縫の神様の思し召しに頼る以外ありません。

|

« 峠を越えて。 | Main | パパ、ママ、なっとう。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 峠を越えて。 | Main | パパ、ママ、なっとう。 »