« モンスター出現 | Main | カード時代。 »

April 29, 2007

美術館巡礼月間

大陸行きが決まって、私が何に心血注いでいるかというと、美術館めぐりなのである。
どういうわけか興味を引く展覧会ばかり目白押しで、出発までに訪れる予定のもの、既に訪れたものを含めて、このひと月でずいぶんな数になった。
たぶんひと月に展覧会に足を運んだ回数では、自己最多記録であろうと思う。
ごく私的な記録として、それぞれを上げてみると…

・夜明けまえ(東京都写真美術館)
・マグナムが撮った東京(東京都写真美術館)
・蕗谷虹児展(弥生美術館)
・竹久夢二 山へよする(竹久夢二美術館)
・近代絵画の名品展(神奈川県立近代美術館・鎌倉館)
・大正シック(東京都庭園美術館)
・花展(国立科学博物館)
・佐伯祐三・佐野繁次郎展(神奈川県立近代美術館・葉山館)
・日本美術を笑う(森美術館)
・笑い展(森美術館)
・異邦人たちのパリ(国立新美術館)
・モネ大回顧展(国立新美術館)
・MOTコレクション(東京都現代美術館)
・マルグリット・デュマス展(東京都現代美術館)
・みてみ☆タイ展(東京都現代美術館)
・澁澤龍彦幻想美術館(埼玉県立近代美術館)○
・ヴィクトリア アンド アルバート美術館 浮世絵名品展(大田記念美術館)○
・鏑木清方の美人画展(鎌倉市鏑木清方記念美術館)○
・澁澤龍彦展(鎌倉文学館)○
・鎌倉の至宝展(鎌倉国宝館)○
・日本を祝う(サントリー美術館)○

努力目標;
・澁澤龍彦の驚異の部屋(ギャラリーTOM)○
・艶と粋 肉筆浮世絵展 ―名作でたどる美人画のあゆみ―(出光美術館)○
・「パリへ──洋画家たち百年の夢」(東京藝術大学美術館)○
・レオナルド・ダ・ヴィンチ展(東京国立博物館)○
・軽・妙・洒脱 (横山大観記念館)○
・明治・大正・昭和初期 千代紙いろいろ(東京ステーションギャラリー)○
(○はこれから出かける展覧会)

私はわりと不真面目で、あまり頻繁に美術展に出かけることはない。
通常は会期が2~3ヶ月あるし、だいたい月に2展~3展くらいのペースだろうか。
そこから単純計算しても、実に約10倍。
お友達に会うのにかこつけて、都内の美術展をあちこちまわっているのが実情である。
こうやって改めてリストアップしてみると、いかに自分の好みが偏っているかが明確化されて面白い。

話題の展覧会は、見てみたいのはやまやまなのだけど、混むからな~…といまいち乗り気ではない。
私はたいていの美術展は暴走族タイプだ。ぱっぱっと見てしまう。
それでいて、いったん絵の中のなにかが気になりだしてしまうと石像のごとく佇み、他へでかけてもまたそこに戻るような見方をする。
美人画展なんて、一度入ったらなかなか出ない。
あちこちあちこち、見ては戻り、戻っては見て、とやりたいので、人ごみに押し流されて見ざるを得ない話題の展覧会は、正しくは見るべきなのだろうけれど、混雑を思うと腰が引けてしまうのだ(なんていいながら、本でもベストセラーを好まない性質と同じ、生来の「天邪鬼」作用があるようにも思える)。
その中でこれだけ足を運んでいるのは「見られなくなっちゃうから」という切迫感に他ならない。

さらに、美術に関する資格をいただいたものの、私自身は美術をちっともわかっていないように思う。
人というのは、わからないものをわかろうとするときに、推進力を生むものだ。
言い換えればなにかを「わかりたい」と思えるかどうかが、とても大事。
とはいえ、そんなに多くをわかろうともできない生き物なのかもしれない。
ある偉人の言葉に「人生は何もしないのには長すぎ、何かをなすには短すぎる」という至言がある。

今の私にとっては「『出発前』は、興味ある美術展を全て回るには短すぎる」といえよう。
さて、全部を見ることができるのかわからないながら(あと12個もみたいし)…
GWはふけていくのでした。

|

« モンスター出現 | Main | カード時代。 »

Comments

もう、大陸行きも間近ですね
これだけの美術館を回るパワー
あらためて見習いたいです

また、北京のアート事情も非常に気になるところ

大陸の友人からは、確かに、インターネットのかなりの部分が規制の対象になると聞いてもいますので、あまり無理なさらずに!

お気をつけて、そして素敵な、大陸生活を!

Posted by: えいぜと | May 06, 2007 at 02:40 AM

なにをおっしゃいますやら、えいぜとさんの日々の美術鑑賞に比べたら、足元にも及びませんよ~!!

>インターネットのかなりの部分が規制

そうなんですか…!?
Niftyつながるといいのですけれど。

北京のアートは相当熱いらしいですね~!
BRUTUSを読んで、わくわくしています。
(「グルメ39店」にもときめいてしまいましたが)
あちらは美術館よりもギャラリーが面白いそうで。
日本ではギャラリーはあまり入ったことがないのですが、果敢に挑戦してみようと思います~。

Posted by: zok | May 06, 2007 at 10:21 AM

いや、規制といっても、みれないホームページがいくつかある程度だと思います。あとメールの内容は基本的に監視されている、とか・・・でもあくまでうわさレベルなので、お調べになったほうが。

いやぁ、それにしても、うらやましいです♪

#あ、あと、ART IT という雑誌の何号か前が、中国のアート特集でした。ご参考まで~

Posted by: えいぜと | May 07, 2007 at 01:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« モンスター出現 | Main | カード時代。 »