« 真剣な読書。 | Main | 銀座で絵本を。 »

March 29, 2007

嘆願お菓子。

いま、広島に出かけるという人があなたの近くにいたなら、腕をちょっとつかまえて、耳元で土産を嘆願するべし。
「長崎堂のバターケーキ」と。

070321_180701やわらかくてふわふわで、しっとりと、しみじみおいしい。
口に含めば、まるで自然にとけてしまうほど。
とけたその先には、頬がゆるんでゆるんで、落ちてしまうほど。
先日会った広島の舞台女優の彼女が、おみやげに持ってきてくれたお品なのだけど、滋味あふれるその味に家族中がうっとりととろけ、思わず近所のお友達をお招きして伝道してしまった。

はるは陶然として食べていた。
口が動いている間は目がうつろで、焦点が定まったかと思うとその先には「おかわりケーキ」があるのである。

彼女の話だと、午前中で売り切れてしまったりで、なかなか手に入らない代物らしい。
広島に行く人にはこの点を入念に説明してほしい。
観光や仕事などのすべてに優先して、バターケーキを!
そう言わずにいられないほどの、おいしいケーキなのである。
買いに行ってと頼まれた人は、ご自宅の分もお忘れなく。
次はきっと、あなたが誰かに頼む番ですから。

|

« 真剣な読書。 | Main | 銀座で絵本を。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 真剣な読書。 | Main | 銀座で絵本を。 »