« 夜のお菓子のほんとう。 | Main | 暮らし方ひとつで。 »

January 13, 2007

時間の上手な使い方。

ときどき、「いつ寝ているの?」とか「どうやって時間をやりくりしているの?」とか、質問されることがある。
通常8時間以上寝ているし、これといって時間のやりくりをしているつもりもないのだけど、なんだか次から次へといろんなことをやっているせいで、中にはこんな疑問をお持ちになる方がいらっしゃるらしい。
そうして落ち着いて考えてみると、主婦、という本業の他に「こんなことをやっています」と人様に言えることが7つあった。あくまで現在進行形のものに限ってである(過去までいれるとさらにややこしいことになる)。
二足の草鞋、どころの話ではないのである。7つも草鞋があっては、まるで百足である。
疑問を持たれる方がいらっしゃるのも、もっともなのかもしれない。

かといって、私自身は時間管理のエキスパートでもないし、のらりくらりと日々過ごしているだけなのである。
でも改めて、自分の時間の使い方を見直してみると、ひとつわかることがあった。
自分の弱点を、執拗なまでに追い立てている点であった。

私は非常に肝っ玉が小さい。
こと、人様から何か言われることに、非常にオドオドビクビクしている節がある。
(そんなばかな、と仰る方もいらっしゃるでしょうが、本来の根っこの部分は小心者なのです。あえて自分を傍若無人なひとのように見せたがる厄介な癖があるために、一部の人は絶対に信じてくれませんが)
それを逆手にとって、無理に予定を詰め込むのである。
これは、たとえば図書館で、借りたい本が3冊しかないのに、貸し出し上限の6冊に至るまで本を必死に探す傾向にも、如実に表れていると思う。3冊損した気になるのが悔しいのと、図書館までこまめに通うのが面倒くさいのとで、結局2週間後には、無理矢理にでも全部読んで返す(目次と必要箇所だけで終了のものも多いが)。
肝っ玉が小さいので、読めませんでしたと言ったり、できませんでしたと言うことができないからである。
そういうわけで、日々の予定も、自分でできると思う量から20%くらい上乗せして動いているようだ。

考えてみてください。
昔、テスト直前の勉強しなければならないときに限って、部屋の掃除を始めたりしませんでしたか?
それと同じ原理なわけです。
近頃は仕事をいただくことが増えたので(感謝、合掌)、それ以外の部分がすっごく気になって、そっちに注力し始める。そっちが乗りに乗ると、仕事が気になってきて、手をかける。
効率がいいわけです。そして、綱渡りの危険を常に孕んでいるので、スリルがほしい方にも最適です。
(ちなみに私はスリルが嫌いな方ですので、しょっちゅう太田胃酸のお世話になっています。)

皆さんに適用できることとは思いませんが、私と同じような肝っ玉の小さい方なら、きっと同様の効果を得られるはずです。責任は持てませんが。
そうそう、自分でできる量をしっかり見極めることも大事です。
詰め込めるだけ詰め込んでしまうと、そのまま倒れこんでしまいます。
倒れたら倒れたまで、ちょっとゆっくりするか、くらいの余裕を持ちつつ、ビクビクされたらよいかと思います。
ビバ、小心者。

|

« 夜のお菓子のほんとう。 | Main | 暮らし方ひとつで。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83670/13439738

Listed below are links to weblogs that reference 時間の上手な使い方。:

» 作業能力のアップ [トップ生保レディーがネット会に殴りこみ!空気を売り続けた女がその手法を明かす]
納豆ダイエットブーム・・いつまで続くのでしょうか。。。 スーパーに行っても納豆がないんですよね(-o-_) ないと思ったら余計に食べたくなりますね。^^;                    --------------------------------------------------------...... [Read More]

Tracked on January 14, 2007 at 10:22 PM

« 夜のお菓子のほんとう。 | Main | 暮らし方ひとつで。 »