« あこがれの人がすぐそばに。 | Main | Sous le ciel de... »

December 27, 2006

今年最大の衝撃。

今年最大の出来事が、年末を前にして起こってしまった。
先日アップした、例の、おなかの痛みのことだ。

自分でも予想だにしていなかった結果に、驚くと同時に、脱力感のようなものも味わっている。
治療のしようがないのだそうだ。
痛かったら薬を飲む、対処療法しか道は残されていない。

結局、原因は胃にあった。
診断された病名は、「萎縮性胃炎」というもの。
これは果たしてどんなものかとおそるおそる担当医師に問うと、
端的で衝撃的な返事が返ってきた。
「老化です。」

老化、だったのだそうです。
まさか花の三十路に足を踏み入れたばかりでこの言葉を聞くとは思ってもいませんでした。
ある意味、想定していた他のどんな病名よりも、衝撃的でした。
目が点になるというのは、晴天の霹靂というのは、まさにこんな状態のことなのだろうと思いました。

そうかぁ、老化だったら、もうどうしようもないもんなぁ。
と、ぽかんと口を開けたまましばし。
医師は呆ける私を見かねたのか、頓服用の漢方薬をいくつか与えて追い払った。
結局そういうことで、他は至って健康、問題なしとのことだったが、そう言われてもなんだかあまり嬉しくないのは何故なのだろう(笑)。

そういうわけで皆さん、健康とアンチエイジングには、十分お気をつけくださいまし。
私も、アンチエイジング研究に心血注いでいる極楽三十路堂・O嬢&I嬢ご指導のもと、もちっと「若さ」にも気をつけねば、と身を引き締める(?)年末なのでした。
今年最高にして、最大のショック。
思い起こせば一年前は、手術の際に針を一本なくされて大騒ぎだったし、どうも私の場合、「年末」「病院」は鬼門のようです。(いや、ネタを提供されているようなものだから、縁起がいいのか?笑う門には福が来るそうだし…?)

|

« あこがれの人がすぐそばに。 | Main | Sous le ciel de... »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83670/13211103

Listed below are links to weblogs that reference 今年最大の衝撃。:

» 胃年齢を若くする [健康は元気なお腹から]
胃というものはほんとにデリケートな臓器です。胃が痛くなるということを思いついただ [Read More]

Tracked on January 12, 2007 at 06:41 PM

« あこがれの人がすぐそばに。 | Main | Sous le ciel de... »