« 試験当日というものは… | Main | 冬がくる。 »

November 04, 2006

江戸ケン。

061103_11110001受けて参りました、江戸検。
なかなか意表を突かれることも多く、好きな美術分野の問題でも「?あれ?」と思うことが何点か…冷や汗でした。
今回は公式テキストの他に江戸関連の本を数冊読みました。その中でも、杉浦日向子さんの本で得た知識が試験では結構役に立っていて、改めて杉浦日向子氏のすごさを感じたのでした。

その話はちょっと後回しとして、この犬、いや、お犬様。
なんと、江戸検のマスコット犬、「えどけん・つなよし」君です。
生意気に金ぴかの羽織袴着ています。
ふだんはムツゴロウ王国在住なのだそうですが、よくできた犬で、カメラを向けるとこうやってポーズをとる(たぶんトレーナーの人がうまくやってくれてるのだろうけど?)。

試験会場となった青山学院前には、浮世絵デザインの検定のぼりがはためき、漆塗りの大看板が立てられ、もうこれはすっかり「お祭り」でした。受験者は老若男女問わず、小学生からおじいさんまで、歴史関係とあって男性も多く、和服姿の若いカップルの姿も見かけられました。
試験前のアナウンスでは、試験官から「まあみなさん、帰りに初回受験特典のおみやげも出るので、気楽にどうぞ」という声もあり、和みました~。
ほんと、楽しみにやってきている、という感じで。
もっとも当の受験者達は真剣そのもの、試験会場にはただならぬ緊張感がみなぎっていましたが。

試験問題は幅広い分野から出題されているのですが、判じ絵の問題が出たりして、面白かったです。
判じ絵って絶好の娯楽かも!と、またまたいつもの熱中癖が出そうな私(笑)。
「おみやげ」は、広重の「東海道五十三次」全図ポスター。
裏には解説付きで、地図も載っている、優れもの。
楽しかったから、結果はまあいっか。

まあでも、何が一番楽しかったって、一緒に受験したお友達とおいしいランチを食べたりお茶したり表参道散策をしたりが楽しかった(笑)。表面がカリカリの、ほかほかのおいしいマフィンを食べさせてくれるお店を発見!青山散策の常宿ならぬ常カフェになりそうです。
来年も楽しめるといいな!(マフィンも。)
061104_09360001今回読んだ本のメモ(公式テキスト・副読本以外)
『江戸のいろは』(初・中・上級編、吉宗編)/萩原裕雄グループ
『江戸にぞっこん 菊池ひと美のお江戸案内』/菊池ひと美
『お江戸探訪 東京・江戸を歩く』/ブルーガイド
『お江戸の意外な生活事情』/中江克己
『400年の時の旅 江戸東京博物館』/山本博文監修
『一日江戸人』/杉浦日向子
『お江戸風流散歩道』/杉浦日向子
『江戸アルキ帖』/杉浦日向子

|

« 試験当日というものは… | Main | 冬がくる。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83670/12547656

Listed below are links to weblogs that reference 江戸ケン。:

« 試験当日というものは… | Main | 冬がくる。 »