« ハロウィン!! | Main | はる? »

November 01, 2006

かぼちゃのパイ。

ハロウィン、かぼちゃのパイを焼きました。

ずっとずっと気になっていた、アメリカで食べたデボラの完璧なパンプキンパイ、ちゃんと再現できたのです!!
もっともこどもの時のことだし、あれからもう20年も経っているのだから、厳密に言えば同じではないのだろうけれど、でも私の記憶の中の味になりました。

決め手は、ナツメグ。
ずっと、シナモンがたっぷり入っているのだと思っていたのだけど、それだけだとどうも物足りない。ふと思いついて加えてみたナツメグ、これが、デボラのパンプキンパイの、あのなんともいえない懐かしいような優しいような風味を加えてくれました。
こういうことを発見すると、もうとってもとっても嬉しくなってしまいます。

そんなわけで、ホールサイズのかぼちゃのパイ、わがやでは珍しくほとんど私が食べました。
旦那さんもおいしいと食べてくれましたが、新しいものを受け付けないはるは食べません。いつか興味を持って食べたときに、この味がまた将来に引き継がれて、うちのスタンダードになっていくのかな、と思います。

ところで、なんでハロウィンにはかぼちゃのパイなのか、ご存じですか?
ジャック・オー・ランタンをつくった時に、えぐった部分を利用しているんです!
いまは便利なものがいろいろありますが、本式(?)では、かぼちゃを彫って中にろうそくを入れて飾ります。
アメリカにいた時は、父がふうふういいながら、あのランタンを彫ってくれましたっけ。かぼちゃ、ただでさえ固いのに、彫るのってすごく大変なんですよ。私の記憶が確かだったら、父はその後二日ばかり腕が筋肉痛になったはず。懐かしい、宝物のような、思い出です。

ハロウィンはもう終わってしまったけど、ときどきかぼちゃのパイを作ろう!と思っています。
アメリカに過ごした、10ヶ月のことを思い出しながら。

|

« ハロウィン!! | Main | はる? »

Comments

ハロウィンのおすそわけ、ありがとう!
楽しかった仮装パーティーの思い出と共に
夫とワクワクしながら頂きました。
zok殿の健在ぶりを確認したよー。

「仙台に帰ってきたら是非会いましょう。俺、まだ
 春君にあってないよー。あいたいよー」
↑夫からのメッセージです。

Posted by: しげよ | November 01, 2006 at 10:28 PM

あれ?!
まだ会ったことなかったっけ?!
そうかもしれない~
はる、しげよちゃんと一回、まだミニチュアの頃に会っただけだよね。そうか、そうだったか。
もうだいぶおっきくなりましたよ~
あとちっちゃいことなんですが、はるは「晴」なのですよ。旦那さんと私が雨男雪女なので、せめてこどもは「晴」にっていう切実な(?)願いの名前なのです(笑)

仮装パーティ懐かしいよね!
あの日はほんと大大大フィーバーでしたね~…
写真からも熱気がムンムン漂ってくるようです(笑)
あのとき美しいオレンジのドレス姿を披露した彼や、超怪しい格好でコンビニに出かけた仲間達…
なんちゅうか、あの精神をしっかり保持したまま大人になってるよね、みんな(笑)
ヨボヨボになった頃にもまた仮装パーティしたいね、きっとみんな中身は変わってないような気がする(笑)

Posted by: zok | November 02, 2006 at 10:13 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83670/12511141

Listed below are links to weblogs that reference かぼちゃのパイ。:

« ハロウィン!! | Main | はる? »