« 自分で、できた! | Main | あったか一家。 »

November 20, 2006

思わぬところでお仲間が。

7月から参加している歴史の勉強会、10月以降はお着物で出かけています。
今年は昨年に比べて暖かいような気がして、家で着物を着る日は少ないのですが、せっかく鎌倉の歴史を勉強する会、こういう機会を逃すのはもったいない。
そんな思いで、着物で出かけはじめたのでした。

以前お花をいただいた方から、「お着物でこういう会ってとても合うわね!ぜひまた着ていらして、楽しみにしてる」と声をかけていただいたのも嬉しく、さらに講師の先生からも「和服ですか!いいですねぇ、きれいですねぇ」と言っていただいたのも嬉しく、すぐ調子にのる私はいそいそと着物で出かけていたのでした。
そうして3度目ほどになる日の会に、着物美人登場。
素敵な秋色、深い茶色の紬に、織のきれいなグラデーションの帯。
まとめられた白髪には透かし彫りの木のバレッタが控えめで美しく、とってもとっても素敵なのです。
帰りがけ、思わず素敵なお着物ですね、とお声がけしたら、
「私、あなたのお着物姿に触発されて着てきたの!」
との、嬉しいお言葉。

どうも、私自身意識していないのだけど、「現代風」の着方をしているらしい。
最初は崩しすぎだという意味かと恐縮していたら、そうではなくてどうやらコーディネートの問題らしい。
半襟の色とか、着物と帯とのコーディネートが、斬新に映るらしい。
「この間の着方も、とっても素敵だったもの!」と、言っていただいた。
着物のリサイクルのお店を利用していることを話していると、その方も、隣にいらした方も、目をきらきらさせて聞いていらっしゃる。
ちなみにその日私は「穴場」のリサイクル店で購入した500円のウールの着物を着ていて、その価格にも皆さん驚くばかり。この近くのお店なんですよ、と申し上げると、お二人とも「ぜひ連れて行って!」とのこと。
お話を聞いていた方は「私も、お着物、これを機に着てみようかしら」とおっしゃる。
「もう、是非に!」ということで、次回、帰りにご一緒する旨お約束してきました。
さらに、お着物でいらした方は、お若い頃の、着なくなったお着物を譲ってくださるという。

思わぬところで、思わぬお着物仲間ができ、とっても嬉しいばかり。
何より、お着物を着る方とご一緒に、お着物談義ができるのが、とっても楽しみな私なのでした。
昔、その方たちがお若かった頃のお着物のお話など、伺いたいなぁと思います。
今よりもっと、身近にお着物の暮らしがあったはず。
にしても、ファッションの話って女性は世代を選ばず、盛り上がりますね。
特にお着物のお話は…

|

« 自分で、できた! | Main | あったか一家。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83670/12696508

Listed below are links to weblogs that reference 思わぬところでお仲間が。:

« 自分で、できた! | Main | あったか一家。 »