« 贈りもの、贈られもの。 | Main | サイレント映画に酔うには… »

November 13, 2006

おりがみつきの。

紙がつくと、グレードがアップする。
そういう感覚を皆さんはお持ちじゃないでしょうか。
「札付きのワル」というと、普通のワルより数段悪そうな感じがするし、「血統書つきの犬」はただの犬より高級そうな感じがして、「レッテルを貼られた変わり者」というと、単なる変わり者よりも相当変わり者のように思える。
つまり、紙がつくと、もともと持っている性質のランクがぐんとあがるんですね。

話は変わって、牛。
高級な牛の代名詞になっている、ブランド牛がいますね。
松坂牛、近江牛、神戸牛、米沢牛。
その牛に、紙がつくと…そりゃあもうすごいことになっている気がします。

ある日友人から提案がありました。
すき焼きを食べたいが、自分は一人暮らしで大きな鍋が無い。
肉を提供するから鍋と場所を貸してくれ。
普段から美食家で知られる彼女のこと、さらにその彼女がたまりにたまったマイレージと交換する肉だというからには、高級なお肉様であろうと思われました。

土曜日の昼にやってきたそのお肉様に、紙がついていた、というわけなのです。
そういうお肉、日常ではついぞ出逢ったことがありませんで、肉の世の中では高級な肉にはこういう紙がつくものなのかもしれませんが、私はとんと知りません。
私だけじゃなく、その場にいた全員(先日京都に行った3人、別名「極楽三十路堂」)、紙つきのお肉様なんて初めてお目にかかる品だったのです。
感嘆の声上がる中、「すき焼きのコツ」と書かれた紙を手に(お肉屋さんありがとう)、すき焼き開始です。
すき焼きを美味しく食べるには、肉を先ず先に焼いて、割り下をいれて、半分くらい煮えたら野菜類を入れるのだそうです。
甘い味が得意ではないわたし達、甘みは酒に任せて、酒と醤油で味付け。
酒も、せっかくの高級牛にはいいお酒でなけりゃ!と、旦那さんのお父さんが送ってくださった浦霞禅を惜しげもなく入れる。
ぐつぐつぐつ…
あとはもう、言わずもがな、ですね。
I嬢に感謝、です。

061111_13270001061111_13380001本日のお献立
証紙つき神戸牛すき焼き(I嬢お土産)/菊のお浸し・あげじゃこ添え/豆腐・ゆず胡椒風味のとんぶりソース/割干し大根と実家の自家製青唐辛子の梅酢風味/よしこママ(旦那さんのお母様)の蕨漬/よしこママのきゅうり古漬/はらこめし/かぼちゃのパイ/しょうゆのロールケーキ(O嬢お土産)/わらび餅(O嬢お土産)

|

« 贈りもの、贈られもの。 | Main | サイレント映画に酔うには… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83670/12666768

Listed below are links to weblogs that reference おりがみつきの。:

« 贈りもの、贈られもの。 | Main | サイレント映画に酔うには… »