« 幼児と美術。 | Main | おこさまは魔女。 »

August 31, 2006

婦女子の法則。

ここのところ続いてた美術館でのワークショップは、思わぬところで私の生活に波紋を及ぼしている。
既に書いた「ひとの神秘」「こどもの神秘」のほかにもまだ何点かあるのだけど、「婦女子の法則」もそのひとつ。

以前いつだったか、「どうも洋服について、おしゃれ心が消えてしまったようだ」と書いたことがある。
着物にはまり始めた頃の話だったろうか。
今年は思った以上に着物が着られなくて、実際浴衣も数えるほどしか着ていない。そんなわけで断然洋服を着る機会の方が多いのに、それでもまだ、洋服についてのおしゃれ心がどうも動かないのだ。

それと時を同じくして、ダイエットへの関心もなくなっている。
確かもともと着物に傾倒していったのも、洋服ほど体型が響かないというのも、理由のひとつだった。
思いついても、根本的なボディラインの改善というよりは、増えた分戻すくらいの感覚の、後手にまわったダイエット程度。

実はこのふたつが、とても有機的に結びついているということを発見した。

葉山での「おしゃべりなからだ」というワークショップで、少しばかりストレッチをしたことが契機となった。
このワークショップでは、「からだが動くと、いろんな感覚が本来の鋭さを取り戻すものだ」と驚かされたのだけれど、この日私はすぐに家に帰らなかった。
駅に隣接した百貨店で洋服探しに勤しんだのだ。
いつ以来なのか数えられもしないほど久しぶりの出来事だった。
気に入った洋服をいくつか試着したりもした。

そこではっと気づいたのだ。
洋服と、ダイエットの有機的な関係を。
ダイエットに成功したら新しい服が欲しくなるし、新しい服が欲しくなったらダイエットもしたくなる。
裏返せば、新しい洋服を買わなければ、ダイエットへも興味がなくなる!
なんと恐ろしいことか。
普段甘い目で見ている(本来的な意味では見ていない)自分の体型も、試着室での「似合うか否か」を判定する厳しい視線の下には真実をさらけ出すようだ。

風水では、新しい洋服は新しい運を呼んでくるとされ、古くなれば運気はどんどん下がっていくという考え方がある。その理由を知ったような気がした。

残念ながらこの日も気に入った洋服にはめぐり合えなかったのだけど、この日以来、ちょっとだけからだについて意識するようになった。
昔興味を持ったバレエの練習用DVDを買ってみたりもした(まだ始めていないが)。

そういうわけで、今日の格言。
婦女子は、いついかなるときも、新しい洋服を買うべきである。(風水も良くなるというし。)

|

« 幼児と美術。 | Main | おこさまは魔女。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83670/11690941

Listed below are links to weblogs that reference 婦女子の法則。:

» 風水と人間関係は? [風水インテリア 夢占い 風水恋愛 占い相談]
モノを捨てると影響が出るのでは?「モノを捨てられない人」は.... [Read More]

Tracked on September 05, 2006 at 09:00 PM

« 幼児と美術。 | Main | おこさまは魔女。 »