« 7月、恒例の旅にでる。【6】 | Main | さようなら、こんにちは。 »

July 14, 2006

7月、恒例の旅にでる。【7】

060706_173800012日目のディズニーシーもたっぷり遊んで、日暮れ頃に帰路に着きました。
さすがに二日間も目一杯遊ぶと、ぐったりします。
そんなとき、少々年齢を感じたり…。
でも、そんなこと言っていられない、とも思いました。
ディズニーシーでは、年配のご夫婦や女性同士が、結構遊んでいました。
怖がりの私が乗れないジェットコースターの前を、「あなたこれ乗った?」「乗ったわよ、あなたは」「私もさっき乗ったわよ」なんて朗らかに語りあいながら通り過ぎる、白髪の女性達。
すごいなぁ、と感心するとともに、なんだかこちらにまでパワーをわけていただいた気分。

060705_12380001
今日まで7日間、ディズニーリゾートでの旅のことを綴ってきましたが、
色気より食い気の人あり、
お買い物に熱中する人あり、
雰囲気に酔う人あり、
家族それぞれ、個々人のやり方で堪能しました。
はるにとっても、いい刺激になったようです。
パーク内ではもちろん、家に帰ってからも、ずっとディズニー浸り。
しばらくは、夢覚めやらぬのでしょう。

060706_15290001060706_17080001私はといえば、
ダッフィーに心ときめかしつつ(かばんにいつも入れて歩いています)、
アラビアンコーストのレストランにあったランプが、光のレース模様を作っていて綺麗だったなとか、
ミステリアス・アイランドにあった錬金術師の部屋を再現したところがとっても興味深かったなとか、
そんな思いに浸っています。
はるが楽しんでくれたのはもちろん、いつもよりごはんをもりもり食べたのも、嬉しかった。

060706_19180003そして旦那さんは、光るティンカーベルのライトをこっそり(?)胸ポケットにしのばせて…(あ!いつの間にかダッフィーまで連れて行かれている!)彼いわく今回の旅のベスト料理だった、アラビアンコースとの羊肉のカレーに思いを馳せ。

また来年来たら、今度はこことあそこに行こうね、なんて話をしながら帰ってきたのでした。

はるにとって良い刺激になればと思って出かけたディズニーリゾート、今回は昨年に比べて、とっても大きな収穫だったようです。はるがそれだけ成長したということでもあるし、私と旦那さんがそれだけ大人になったということでもあります。

スモールワールドの人形達を、懸命に見ているはるの顔が、忘れられません。
思い浮かべる頭の中に、あのテーマ曲が流れてくるのです。
スモールワールドの世界みたいに、世界中の誰もがみんな、いつも笑顔で、暮らせたらいいのに。
はる達が大人になる頃、これから数十年後の未来は、そんな世界に少しは近づいているかしら。

せかいじゅう どこだって
わらいあり なみだあり
みんな それぞれ たすけあう
ちいさな せかい

|

« 7月、恒例の旅にでる。【6】 | Main | さようなら、こんにちは。 »

Comments

シーの火山(?)が噴火すると、ミーアキャットが現れますよ!隠れキャラですかね。。

はるくんミッキー耳ついてますが、まったく気づいてないような?

Posted by: めためた | July 16, 2006 at 11:36 PM

ミーアキャット???
はるは、耳気づくととっちゃうので、いかに気づかれずにつけるかで苦労しました(笑)
かわいい~って思うのは親の欲目ってやつですかね?

Posted by: zok | July 16, 2006 at 11:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83670/10863294

Listed below are links to weblogs that reference 7月、恒例の旅にでる。【7】:

« 7月、恒例の旅にでる。【6】 | Main | さようなら、こんにちは。 »