« 7月、恒例の旅にでる。【2】 | Main | 7月、恒例の旅にでる。【4】 »

July 10, 2006

7月、恒例の旅にでる。【3】

060705_19500001はると一緒に見たいと、ずっと願っていたのが、エレクトリカル・パレード。
あいにくの雨で、パレードは中止かしら…と思いきや。
私達の願いが天に届いたのか、夕方、雨が止みました。

うす闇に包まれる中、あちこちで、七時半からエレクトリカルパレードがあります、という呼びかけの声が響いてきて、私は嬉しさのあまりつい早足になってしまったほど。これも私にはこどもの時以来だから、かれこれ二十年ぶりに見る光景です。
はるとは、TDLのサイトでよく見ていました。
ぐずってぐずって仕方ないときなどには、この、エレクトリカルパレードのテーマ曲を流すと、ぴたっと泣き止むのです(たぶん音にびっくりして。)

あたりがすっかり暗くなった頃、あの、エレクトリカルパレードのテーマが響き始めました。
はるは目を丸くして、あたりをきょろきょろしています。一体何事か、と思ったのでしょう。
やがて、ブルーフェアリーのフロートが目の前に現れると、瞬きもせずにじっと見つめていました。
たくさんのフロートに乗った、ディズニーのキャラクター達。
はるはそのひとつひとつをじいっと見つめて、通り過ぎていくフロートを目で追い、これからやってくるフロートを首を伸ばして探し、夢中で過ごしました。

「見て、はる、とっても気に入ったみたいだよ」
と、後ろに立ってる旦那さんを振り返ると…そこにははると全く同じ状態の彼が!!
旦那さん、どうやら、エレクトリカルパレードは初体験のよう。

060705_19370001次から次へ、陽気な音楽にのって、笑顔で、踊って、手を振って、通り過ぎていくフロート。
クマのプーさんが、おなかすいたなぁと言いながら通り過ぎていきます。
ピーターパンとフック船長が戦い、ウェンディがその横でピーターを応援(?)しています。
シンデレラの魔女が、ビビディ・バビディ・ブーと魔法をかけながら、過ぎ去っていきます。
「大丈夫。信じていれば、夢はきっと叶うのよ。」
手に持った魔法の杖を振って、わたしたちの上に祝福を投げかける魔女。
私は思わず、涙ぐんでしまいました。
「信じていれば、夢は、きっと叶う。」
なんて幸せな魔法なのでしょう。
なんて素敵な魔法を、かけてくれたのでしょう。

素直に、信じる気持ち。
大事にしたいなぁと思いました。
はるはわかっているかどうかわからないけれど、私も、たぶん旦那さんも、そしてその場にいた誰もが、同じ気持ちだったのでは。
雨がぽっかりとあがった夕方、とても大事なメッセージを、もらったような気がしました。

|

« 7月、恒例の旅にでる。【2】 | Main | 7月、恒例の旅にでる。【4】 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83670/10862976

Listed below are links to weblogs that reference 7月、恒例の旅にでる。【3】:

« 7月、恒例の旅にでる。【2】 | Main | 7月、恒例の旅にでる。【4】 »