« シャボン玉幻想。 | Main | 扇子だいすき。 »

July 23, 2006

美と風を眺める空間。

060714_10260001先日、葉山にある神奈川県立近代美術館葉山館に出かけた。
夏にここでワークショップのお手伝いをさせていただくのだ。
気持ちの良い晴れ間が海の向こうまで続くような日で、美術館への道すがら見える海が、とても心地よい。

美術館ではジャコメッティ展が開催されいていた。
彼は“目に映るものを「見えるとおりに」表わす”ことを生涯をかけた追求した。
簡単なように見えて難しいこのひとつのこと、実際に私も絵画=目に見えることを見えるようにあらわす手段と思っていたので、展覧会ではなかなか衝撃を食らった。全然、そんな単純なことではない。
描くことの難しさを改めて鼻先につきつけられたような気がした。

ところで、葉山館は二度目の訪問になる。
ここで私がとても好きなのが、この写真の空間。
展示室と展示室の間に、ぽかりと現れる心地の良い空間だ。

この日は天気のせいもあってか、木々を通した緑色の光が、心地よく注ぎ込んでいた。
木々は時折風に葉を揺らし、その陰がちらちらと踊る。
一旦座り込むと、なかなか立ち上がれない。
何を考えているというわけでもないのだが、ただ風と木々を見つめるだけで、時間が飛び去っていく。
気づくと随分時間が経っているのだ。
美術品と対峙したときも、同じような感覚を得るときがある。
何を考えているわけでもないのに、いつの間にか時間が経っている。
そしてそのいずれの場合にも、はっと我に返ったときは、なんだかついさきほどまでに比べると頭の中が妙にすっきりしていたりする。

神奈川近代美術館は、日本で始めての公立近代美術館として1951年に誕生した。
鎌倉館、鎌倉別館、葉山館と3つの施設を抱える美術館なのだが、その3つの施設それぞれに、私のお気に入りの心地良い空間がある。
今年の夏は、お手伝いさせていただく中で、更に心地よい場所を見つけられるのではと期待しているところだ。
大好きな美術館のひとつでお手伝いさせていただく貴重な機会、存分に楽しんでこようと思う。

心地よい葉山の風を目一杯感じられるのが楽しみだ。

|

« シャボン玉幻想。 | Main | 扇子だいすき。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83670/11048168

Listed below are links to weblogs that reference 美と風を眺める空間。:

« シャボン玉幻想。 | Main | 扇子だいすき。 »