« ゴキゲンな気分になりたいとき。 | Main | ドーナツぺろり。 »

June 09, 2006

絶品指定、続編。

先日、「絶品」指定について書いたところ、他の6品目が知りたい!というご要望を幾人からかいただきました。
(書いている人が食いしん坊だと、読んでいる人にも食いしん坊が多いものらしい。と、面白かったです。)
そんなに変わったメニューではないので期待を裏切ってしまうかもしれませんが、ご紹介しましょう。

わが家の「絶品」
*ラグー、イタリアのマンマ風
 赤ワインで煮込む、挽肉のトマトソースです。チーズを溶かし込むのが秘訣。主にパスタ、その他トーストなどで食べます。
*鶏の唐揚げ
 料理研究家・山本麗子さんのレシピです。味がしっかりついて、外はカリカリ中はジューシーな唐揚げは、気心知れた人たちのおもてなしに大活躍です。
*黒酢豚
 お肉だけのシンプルな酢豚。片栗粉をまぶした豚肉をごま油で炒めて、黒酢と醤油で味を調えます。
*麻婆豆腐、山椒風味
 挽肉と大き目の豆腐を炒め、豆鼓と山椒の実(乾燥したもの)を加え、豆板醤と醤油で味を調えます。水溶き片栗でとろみをつけていただきます。これは好みで豆板醤を足す形にしても美味しいです。
*アボガドのシーザーサラダ
 アボガドをさいの目に切って、ベビーリーフと混ぜます。これはソースがコツ。レモン汁と塩コショウ、醤油、たっぷりのパルメザンチーズに、ほんの少しのおろしにんにくを足して、オリーブオイルで整えるソースでいただきます。好みでクルトンやベーコンビッツを散らすとさらに美味しい。
*韓国風漬けまぐろ丼
 まぐろのお刺身を、おろしたにんにくとごま油、醤油でつけます。4時間~半日くらい置くと美味しいです。食べるときには韓国のりを小さくして散らします。にんにくのかわりにショウガでもおいしいです。
*夏のスープごはん:スペアリブとキャベツのさっぱり梅風味
 (先日ご紹介のレシピ)

このほか、わが家では旦那さんが好きなカレーがよく登場するのですが、上でご紹介した絶品ラグーや絶品スペアリブスープはそのままカレーにしても美味しいです。
カレーも、時々は市販のカレールーに悪戯をして豆板醤を足してコクと深みを出してみたりします。
そのままかつお出汁も足して、アジアンカレーにしてしまうとか。

料理はとってもクリエイティヴで楽しい!です。人の数だけ料理があるかもしれません。
私は、友達などからおいしいものの作り方を聞くと、早速試してみたくなるほどの、食いしん坊です。
教えてもらったレシピが食卓のレギュラーメンバーになったりもします。
(例えば「いとうづけ」が代表例。余談ながら、このつけもの、旦那さんは「いとうさんづけ」と呼びます。聞いてみたら、自分は呼び捨てにしてしまえるほど仲良しではないから敬称を略さないのだそう。律儀です。)

おいしいものはそれだけで人を幸せにするので、おいしいものを教えあうっていうことは、きっと幸せをわかちあうってことなのでしょうね。
ぜひあなたの「わがやの絶品」、教えてください。

|

« ゴキゲンな気分になりたいとき。 | Main | ドーナツぺろり。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83670/10439302

Listed below are links to weblogs that reference 絶品指定、続編。:

« ゴキゲンな気分になりたいとき。 | Main | ドーナツぺろり。 »