« 初夏の趣。 | Main | 病人の特権? »

June 05, 2006

茶飲み話しの続き。

昨日、ペパミントティの話をしたところですが、お茶談義となったら、頻繁に飲んでいるこのお茶も話題にあげなければならないでしょう。
それは、アイス・グリーンティ。
…なんて横文字だと仰々しいですが、冷やし緑茶、あるいは単に冷茶と呼ばれる飲み物のことです。

近頃はペットボトルのお茶が何種類も販売されていて、私も愛飲しているのではありますが、先日天ぷらの専門店でいただいたお茶がおいしかったのです。
ちゃんといれた緑茶を冷やしたもの、あるいは水から出したのかもしれません。
きれいな翡翠色の液体は、深蒸しのお茶の濃い味が甘みをそのままに冷やされていて、とても美味しかったのです。

そこで、早速、わが家でも挑戦。
…といっても、水にいれてそのまま置いておくだけ。
二時間もすれば、きれいな翡翠色の飲み物の完成です。
お湯で入れたときよりも、甘みが強いような気がして、お気に入りの一品です。

|

« 初夏の趣。 | Main | 病人の特権? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83670/10344751

Listed below are links to weblogs that reference 茶飲み話しの続き。:

« 初夏の趣。 | Main | 病人の特権? »