« 猫と本とお菓子。 | Main | 書店にて。 »

May 14, 2006

魔法の白い粉。

060514_11330001いま、私とはるは、魔法の白い粉に夢中です。
この、ちょっと結晶化したあやしげな粉がそれなのです。
これは口にいれると、えもいわれぬ味わいで私達を包み込み、あっという間に天国にものぼる心地にさせてしまう、それはそれは危険な粉なのです。

その正体は、というと。
偶然から生まれた和三盆の落雁。
落雁といっても、材料は本物和三盆だけなので、口の中でさらさらと崩れてとけていくのです。
涼やかな甘さとなめらかさに、私達はうっとり。

もともとは、お菓子を作りたくて(ちょうどこんな感じの!)、買って来た和三盆をジャムの空き瓶に移していただけなんです。湿気のせいかひとりでに固まって、大小とりまぜたお菓子に変身したというわけなのです。

市販されている和三盆のお菓子のように、上品な感じはないのですが(笑)、これはこれで家庭っぽくていいかもしれません。無骨な感じが、いかにも手作りという様相で。
(手作りどころか、作ってさえいないのですけれど)

そんなわけで、一日にちょっとずつ、はるとの楽しみが増えました。

|

« 猫と本とお菓子。 | Main | 書店にて。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83670/10063782

Listed below are links to weblogs that reference 魔法の白い粉。:

« 猫と本とお菓子。 | Main | 書店にて。 »