« プラド美術館展を覗く。 | Main | 鼠小僧と表札。 »

April 07, 2006

プリンに首ったけ。

060219_21190001うちの旦那さんは、かつてプリンがないと生きていけないほど(?)、プリンがスキでした。
それがドーナツになったり、パウンドケーキになったりしながらも、プリン好きという根本は変わっていないようです。

先日神戸に旅行した時に出会った、神戸プリン。
もう何年も前から美味をささやかれている「OLが欲しい御土産ベスト10」にもランクインするお菓子ですが、これにすっかりはまってしまったのは、旦那さんだけではありません。

「はるがスキだからさ…」
と、旦那さんは、その後もわざわざ神戸からプリンを取り寄せてくれるほど。
はるは一人で上手にプリンを食べられるようになりました。

プリン(&その他甘いもの)好きなのは、パパに似たのでしょうね!

|

« プラド美術館展を覗く。 | Main | 鼠小僧と表札。 »

Comments


うーん、美味しそう・・・

母、子供の虫歯予防、その他の理由で
できるだけの甘い物をさけようとします・・・
(本人は別として・・^^;)

その隙?に、
父、自分も食べたいことも
あるので、(母、の甘い物拒否は、当然、
父、にも影響がでます。)
こっそり買ってきては、子供と食べています・・・

家族っていいな、とほのぼの・・・

幸せのプリン。
プリンさんも、うれしいでしょうね♪

このプリンさん、
堂々の家族公認を獲得!
すごい!!


Posted by: fj | April 08, 2006 at 12:48 AM

虫歯は本当に心配です~!
特にうちは…「絶対危ないです!」と言われている「四六時中甘いもの」に近い状況なので。

ごはんも余り食べなくなってきたので、野菜入りのおせんべいなどを中心にあげているのですが、旦那さんが甘いもの食べてるとすぐに見つけてもらいに行くのです。
子供のためとはいえ、旦那さん、自分の甘いものを辞める気はなく、隠れてこっそり食べるのですが…はるは実に勘が働くというかなんというか。
二回に一回は見つけておねだりしちゃうので不安不安。

「ごはんじゃなくお菓子を食べればいいじゃない?」とのたまったマリー・アントワネットと同じ思想を、はるに感じて仕方ない私達なのでした。
…とはいっても親の責任ですもんね、はるが虫歯で痛い思いしないで済むようにビシバシ取り締まらなければいけないのですけど…

Posted by: zok | April 08, 2006 at 11:14 AM


母、の心配・・・

それは、歯医者さんにご相談くださいませ。

今の歯医者さんは、虫歯になりそうな
危ない歯を、上手に何か薄い膜で
かぶせてくれるそうです・・・

そういう子供専門の歯医者さん、
見つけてあげてくださいね。

そういうところでは、
上手に、楽しく歯磨きしましょう、
なーんて教えてくれるらしいです・・・

痛くない治療から始めると
歯医者さんのことも
怖くなくなるかも・・・

父、は、いつも甘いのです・・・
父、の特権???

Posted by: fj | April 09, 2006 at 01:41 AM

ありがとうございます。
早速こども歯科、探してみます!

Posted by: zok | April 09, 2006 at 10:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83670/9440504

Listed below are links to weblogs that reference プリンに首ったけ。:

« プラド美術館展を覗く。 | Main | 鼠小僧と表札。 »