« 翡翠色の花。 | Main | しらたま、しらたま。 »

March 14, 2006

真珠のふしぎ。

060312_07470001先日、神戸でお世話になった真珠屋さん・スカイパールさんが東京にいらっしゃるというので、会いに行ってきました。神戸では奥様にお世話になったのですが、今回は、アクセサリを作ってくださった経営者さんに。本当に素敵に作っていただいたので、ひとことお礼を申し上げたくて、お台場のフジテレビまでお出かけしてきました。

そこで出逢ったのが淡水真珠のネックレス。
小さなパール(これも良く見ると形が均一じゃなくてとてもかわいい!)の中に小判型のものが加わって表情が出ています。小判型のものが入っていることに最初はちょっと抵抗がありましたが…つけてみると全く違います。
エレガントになりすぎず、カジュアルにもなりすぎず、程よく雰囲気に溶け込んでくれます。

帰り道、立ち寄った洋服屋さんの淡水真珠の三連ネックレスを手にとってみてびっくり。
軽いのです。温度もあまり感じられない。

060312_07460001一方、私が出会った真珠のネックレスは幾分か重みが感じられ、最初に肌に触れるときはひんやりとして、次第に肌に馴染みます。同じ「淡水真珠」なのに、一体なにが違っているというのでしょう。
素人の私には違いがよくわからないけれども、真珠屋さんが仰っていた「貝のいのちが入っている」という表現を思い出しました。

このネックレスをつけたいがために、普段は部屋着でダラダラしているのに、きちんとお出かけ可の服装になってみたり、そうとなったらちゃんと化粧をしたくなったり、自分が身綺麗になったら部屋を掃除したくなったり…
「貝のいのち」のせいなのでしょうか、何か自分まで生き生きとしてきます。
これは真珠のせい?

真珠の石言葉は、長寿 ・ 健康 ・ 純潔 ・ 誠実 ・ 平和 ・ 富 ・ 栄光 だそう。
パワーストーンの研究家たちからは、そのエネルギーは、体のエネルギーを蘇らせ、集中力を高めたり、消極的な力を跳ね返しプラスの波動だけを受け止めることのできるものと捉えられているようです。
そのせいかしら、急に掃除したり身奇麗にするようになったのは?(笑)

真珠に本格的に惹かれ始めた今、素晴らしい真珠の先生も得て、心強い私です。
勝手に真珠の先生と呼んでいるスカイパールさんの社長夫妻は、とても気さくで小さなところまで心配りしてくださる素敵なご夫妻。この方たちに会いに、また神戸に行きたいなぁと思うほど。
お話しを伺っていると心から真珠を愛されているのが伝わってきます。
真珠を愛しているひとから、真珠を愛しているひとの手に。
そうやって受け継がれていく貝が生み出した美しいいのちは、とても大切に扱われるのだと思います。

DSCF0081こんな御茶目なこともなさる、気さくで楽しい方です。
(鏡の中に撮影者がぴったり収まっているのも絶妙!)

|

« 翡翠色の花。 | Main | しらたま、しらたま。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83670/9049539

Listed below are links to weblogs that reference 真珠のふしぎ。:

« 翡翠色の花。 | Main | しらたま、しらたま。 »