« (はーい!) | Main | 魅惑の縦縞。 »

March 29, 2006

縦縞の魅惑。

近頃、私の心を妙にくすぐるのは、縦縞です。

振り返ってみると、10年前にも自分の中で「縞」ブームがありました。
皆さんも、そんな経験おありなのでは?
自分の中でも「歴史は繰り返す」という事実、なかなか面白いものだなぁと思います。

色彩心理の世界では、カラーヒストリーといって、自分が過去に好きだった色と、その色を好きだったときの心境・状況を照らし合わせてみるという試みがしばしば行われます。
ここでは、同じ色を好んでいる時期には、何かしらの共通点を発見することができます。

それと同じで、もしかすると好きな柄というのも、なにか共通するものがあるのかもしれません。

10年ほど前、当時の私は「横縞」の虜で、様々な色合い、幅のボーダーの服ばかり着ていました。
中でも気に入っていたのは、濃い青――藍色に近い色合いに、細い白の縞が入ったボーダーの七部袖カットソー。
一方、今私が好んできているのは、白地に細い藍色のボーダーのワンピース。

身の回りの環境の変化を考えると、
自分の主張をしたかった20代に好んでいた存在感ある藍色+白細縞と、
肩肘はらずに好き勝手に暮らす今の白地+藍細縞とが、
呼応しているようにも思えて面白いものです。
それぞれの素材も、藍+白細縞のカットソーは身体にフィットする伸縮性ある綿素材だったのに比べて、白+藍細縞のワンピースはふわふわと軽く身体を覆うガーゼのような素材。

好んで着る服にも、歴史があり、それは環境に左右されているのだなぁと不思議にも思います。
外見である程度その人を知ることができる、と考えられたり、第一印象に重きを置くのは、このような効果によるものなのでしょうか。

縦縞を好むようになったのは、着物を着るようになったことも多少影響しているかもしれません。着物でも縞が粋で格好いい!と思うのですが…
自分にちゃんと似合う、肩肘張らない感じの縞柄にはまだ出逢えていないような気がします。
着物になると、フォルムがしっかりしている分、柄に好みの影響が出るようで、よろけ縞のような力の抜け加減がベスト。出逢う確率は少ないものの…探す楽しみも増えるというものです。

服ひとつとっても、人柄が現れるなんて、面白いものですね。
おひまな時、自分の好きな色や柄、考えてみてください。きっと楽しいですよ!

|

« (はーい!) | Main | 魅惑の縦縞。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83670/9310844

Listed below are links to weblogs that reference 縦縞の魅惑。:

« (はーい!) | Main | 魅惑の縦縞。 »