« 着道楽は誰ゆずり? | Main | 色のちから、花のちから。 »

March 03, 2006

ひなまつりの祝い方。

今日は雛祭りです。
今年は例年よりもちょっと気合をいれて…と思っていたものの(2/17)、旦那さんが入院中なので張り合いがなく、店屋物のちらし寿司で済ませてしまおうという不精を決め込んでいます。

今でこそ「店屋物で済ませ」られるほど便利になりましたが、じゃあもともとはどんなお祝いの仕方だったのかしら?と思い、ちょっと文献をひもといてみました。

ひなまつりはもともと平安時代から貴族の子女が興じていた「雛(ひひな)遊び」と、中国の「上巳の日」という祓いのお節句と、奈良時代以来三月三日に行われていた「曲水の宴」の3つが習合してできた風習のよう。
「雛遊び」は人形や調度品を飾るままごとのようなもので、「上巳の祓い」は人形に災厄や自らの罪穢れを托し舟に乗せて水に流す行事、「曲水の宴」は曲がりくねった流水のほとりに座り水に浮かべた杯が自分の前を通り過ぎる前に一首詠むという遊びのこと。
それがいつしか結びついて、現在のような形になったのだそうです。

雛人形も江戸初期までは紙で作られており、災厄を祓うためのものという色合いが濃かったよう。
それが江戸中期になると、天下泰平の影響なのか、豪商や上流階級がきらびやかな装束の雛人形を作り始め、装飾性を帯びた豪華なものになっていきます。庶民は「河原遊び」「磯遊び」として、季節の桃の花の下などで草もちを食べたり、海の幸を食べたり農耕行事等のひとつとしてこの日を祝ったようです。
ちなみに雛人形の「雛」とは、ひよこのこと。転じて、小さくてかわいいもののことを雛と言いました。
雛人形は別名を内裏雛というように、内裏(=宮中)のように、自分達の娘も良い縁に恵まれて幸せな生活が送れるようにとの親の願いが込められているのだそうです。

この時期ちょうど盛りを迎える桃の木は、中国では悪魔を打ち祓う神聖な木として扱われています。そのため雛祭りにも飾られたそう。そこから派生して「悪い虫がつかないように」という意味もあったのではないでしょうか。

また食べ物については、菱餅、雛あられ、白酒などが一般的です。
そこに加えて、ハマグリのお吸い物、ちらし寿司、赤貝のなます、焼きかれい、赤白かまぼこ…など、雛祭りにゆかりある食べ物は海のもの、特に貝類が多く見られます。
これは、「磯遊び」の名残だということですが、特にハマグリは、番(つがい)になっている貝以外とは合わないということから、娘の良縁を願う親心がこめられているのですって。

「正しい祝い方」なんて、それぞれの家庭によって違うのでしょうけれども、昔の人たちの知恵を上手に借りながら、たっぷりと親心がこもったお祝いをしたいですね。

我が家にはまだ女の子がいませんけれど…嫁に行った後の祝い方までは、どんな本を見ても出てこないので(笑)我が家流で、まぁいいか。

|

« 着道楽は誰ゆずり? | Main | 色のちから、花のちから。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83670/8900777

Listed below are links to weblogs that reference ひなまつりの祝い方。:

« 着道楽は誰ゆずり? | Main | 色のちから、花のちから。 »