« 接待担当。 | Main | 銀の魚とお茶を。 »

March 20, 2006

天使からの贈り物。

060317_08200002まだ梅も咲いていないという仙台。
こちらではもう花が終わりかけているんだよと話すと母は驚いていました。
早朝、ご近所の花々を見に散歩に出かけると、細い道の奥に綺麗な黄色の花を枝がしなるほどに咲かせた美しい木が目にとまりました。
なんの木だろう?
エニシダ?そんなわけないよね…
と話していると、「あれはね、アカシアですよ」と後ろから声が。「ミモザとも言うんです」
遠くから見る分にはわからなかったけれど、それは私も母も一番好きな花、ミモザでした。

声の主はその家のご主人で、ゴミ出しの帰りにちょうど行き会ったのでした。

「良かったら、見ていきますか」
ご主人は私達を庭にいれてくれ、種類が違うのだという大きな2本のミモザの木をゆっくりと見せてくださいました。
黄色い金平糖のようなかわいらしい花が枝という枝に鈴なりに咲いて、風に揺れるたびに音にならない音を鳴らすのです。ミモザの花は、わくわくするような、明るい気分にさせてくれます。

私達が見ている間にご主人は花バサミで大きな枝を何本も切り、せっかくいっぱい咲いてるのだから、どうぞ、と持たせてくれました。
私も母も大感激。

こういう優しさにめぐり合うとき、その人は天使なんじゃないかと思います。
その人の心にその時天使が舞い降りて、そんな素敵なことをしたり、救いの手を差し伸べてくれたり、一時的な天使になるのです。
一番大好きな花を、満開のその木に出逢えただけでなくプレゼントしてくれるなんて、なんて気のきいた天使なのでしょう!

花の美しさはもちろん、暖かな気持ちに触れて、なんだか良いことが起こりそうな一日の始まりでした。
060317_08090001

|

« 接待担当。 | Main | 銀の魚とお茶を。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83670/9152946

Listed below are links to weblogs that reference 天使からの贈り物。:

« 接待担当。 | Main | 銀の魚とお茶を。 »