« 二重生活、事始。 | Main | 初めての夏休み<花火編> »

August 06, 2005

おみくじ。

07276この間ひいたおみくじ、なかなか詩的な表現でありながら、心にずしっとくる内容でした。

おみくじをつくる会社って、日本に数えるほどしかないのだと聞いたことがあります。
そこでいろんなタイプのおみくじを作っているんですって。

神社に行っておみくじを引くと、時々ハッとさせられるような内容だったりします。
人智を超えたところからのメッセージだ!と思う時もあります。
こんなメッセージを日々作っている人たちがいるなんて、すごい。

私にはどうしても、仙人めいた長老が何人も、本当にご神託のようにおみくじの文言を話し、それを少し若手の人たちが書き止めるような姿を想像してしまうのだけど…

と思って調べてみたら、全国のおみくじの約6割を作っているという会社さんを発見。
「おみくじは占いではなく、神仏の励ましの言葉です。」という言葉が印象的でした。
おみくじ、こんなに小さいのに、全部手折りされて清められて神社に祀られて、そこから私達の手元に届くのですって。
手間ひまかかっているんですね…。

いつもは何気なくひいているおみくじ、今度からはちょっと改まった気持ちでひいてみようと思いました。

有限会社女子道社

|

« 二重生活、事始。 | Main | 初めての夏休み<花火編> »

Comments

おみくじ!先日、酒田の飲み屋さんで、わりばしを包んでいる紙が、開くとおみくじになっている、というのを見ました。うちのバンドメンバーは、小吉、吉、末吉(苦笑)。なんだか「つき」があるのだかないのだか~。ま、みんなこれから上向きってことです!

ところで、もう川崎に戻られたのかしら?昨日、私は西公園で、七夕の花火、見てきました。最初から最後まで、座ってゆっくり見たのは、ほんとひさしぶりだったよー。はるくんはもう、打上げ花火は体験済み?

では、明日は、“浴衣”でライブ、やらかしてきます!

Posted by: ゆず | August 06, 2005 at 09:25 AM

浴衣でライヴ!
素敵だ~。

私も義母が浴衣を買ってくれたのをキッカケににわかに浴衣にハマっています。
東京鎌倉横浜あたりは、夏は普段着に浴衣を着てるお嬢さんを結構見かけるので、そのつもりで仙台の街を歩いたら、浴衣着てる人なんて誰もいなくて、かなり注目を集めてしまいました…
花火とかお祭り以外着ないんだってね、仙台は…

結構涼しくて気持ちいいよね、浴衣。
8月に入ってから、たいてい毎日浴衣着ています。


私たちは七夕祭りの人出を避けて4日に帰ってきてしまいました。
ライヴ見られなくて残念。

頑張ってね!

Posted by: zok | August 06, 2005 at 10:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83670/5173993

Listed below are links to weblogs that reference おみくじ。:

« 二重生活、事始。 | Main | 初めての夏休み<花火編> »