« 引越し初日、自然と闘う。 | Main | 掌編小説 花火狩り〔1〕 »

August 26, 2005

引越し四日目、台風直撃。

いま、ニュースを見ている。
昨晩からずっと、内容は変わらず台風のことばかり。

わが家はまだそこここがダンボールの山だけれど、
ちょっとずつ荷解きも進んで、その数は半分くらいにはなった。
最初に書斎を完成させ、
リビングができあがり、
次にキッチンに取り掛かっているところ。

毎日毎日、汗だくになって休む間も寝る間も惜しんで、
新しい生活を作り上げようとしている割に、なぜか私は太った。
動く分、あるいはそれ以上に食べているらしい。

テレビを見ながらの食事は、
集中力がついついテレビに向いてしまうせいか、
いつもより多く食べてしまう気がする。
台風のニュースなんて、特にそうだ。
「何時ごろ上陸?」
「え、電車とまってるの?」
「うわ、もう暴風域じゃん」
…なんて言っている間に、なんどおかわりに立ってしまったことか。
あれはニュースのせいで、食事をしている実感が薄らいでしまうからだ。
(と人のせいにするから、きっと毎回ダイエットは成功しないのでしょう)

雨は、まださほど強くない。
だけど音はけっこう響く。
滝の中にいるようで、それはそれで趣がある。

すぐそばに大きな川があるので、決壊しないことを祈るのみだ。

|

« 引越し初日、自然と闘う。 | Main | 掌編小説 花火狩り〔1〕 »

Comments

夕べ、夜中に記事を書き終えたあと、わが家は華厳の滝の中に移転した、かに思えた。
雨、風、雨。
ちいさくかけているピアノのCDも、音が聴こえないほど。

一夜明け、川も決壊せず、家も壊れなかったことを知り安堵した。

いまは台風、私たちのふるさとを悠々と進んでいるよう。
みんなに被害がないといいなと思ってます。

Posted by: zok | August 26, 2005 at 11:17 AM

鎌倉上陸、という台風ニュース。
あらま!お引越ししたばかりなのに・・・
と心配でしたよね。

やはり、というか、まあ!というか、
華厳の滝の中、とは・・・
愉快な表現でありました。

昔の家は、台風がくるよ、
というと、父親と兄が
(もちろん私もお手伝い?)
雨戸を板で打ちつけたり、
屋根の様子を見たり・・・

ろうそくを沢山用意して、
おにぎりもギュッギュ、
山盛りいっぱい握って、
さて、台風ニュースでも
見ましょうか、と
家族揃ってお茶の間で。

なんとなくうきうき?して、
明日、学校がお休みになるといいな、
なーんて期待して、
子供のころの思い出です。

皆様に、何事もないといいですね。

Posted by: fj | August 26, 2005 at 12:36 PM

そうでしたね~
うちも父が雨戸に板、打ちつけていました。
懐かしいなぁ。

今回も父が電話をくれて、
・ろうそくを準備する
・水を汲んでおく
・お風呂に水をはっておく
・非常食にかっぱえびせんを買っておく
など、台風で停電断水した時の(?)準備指令をくれました。

こどもの頃、そういう準備しつつ、私もワクワクしたクチです。
でもなかなか学校は休みにならなくて(笑)。
一回だけ、1985年の記録的大雨のときに学校が休みになって、「いつもきろくてきおおあめになればいいのになぁ」と悠長なことを考えてました。庭が池になっているというのに(笑)。

台風も、なんだかいつもと違う点で、ちょっとしたイベントですね。

Posted by: zok | August 27, 2005 at 11:45 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83670/5635595

Listed below are links to weblogs that reference 引越し四日目、台風直撃。:

« 引越し初日、自然と闘う。 | Main | 掌編小説 花火狩り〔1〕 »