« 地獄の釜の蓋が開く日。 | Main | 天麩羅の技術。 »

August 17, 2005

ある日のまかない。

050814_11260001私が疲れ果てたときやぐうたらモードのとき、うちの旦那さんはみんなのごはんを作ってくれます。
どうも、私がまた高熱を出さないように気遣ってくれているよう。ありがたいことです。

いつもとても独創的な発想で、驚かされるけれど、不思議なことに(失敬!)お味は良い。
これは食いしん坊のなせる業に違いない…

先日、お招きの翌日に思い立って作ってくれたのは、
スモークサーモンとすなぎもと漬け物の納豆チャーハン。
(要するに冷蔵庫に残っていた材料をいろいろ混ぜてくれたわけ)

サーモンの塩味がきいて、ところどころから現れる納豆の濃厚な味わいに、熱でうまみを凝縮された漬物が風味を添え、なかなかどうしておいしい!
まかない料理の名手です。
はるもおかわりにおかわりを重ね、半人前くらいぺろりと平らげました。

食いしん坊×食いしん坊=さらなる食いしん坊

なはずなので、将来のはるもきっと料理が上手になるのでは!と親ばかな妄想にふけるのでした。
050814_11290001

|

« 地獄の釜の蓋が開く日。 | Main | 天麩羅の技術。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83670/5496525

Listed below are links to weblogs that reference ある日のまかない。:

« 地獄の釜の蓋が開く日。 | Main | 天麩羅の技術。 »